弁護士・法律事務所の感想・感謝の言葉の検索サイト「弁護士ジャパン」

刑事事件の流れや逮捕時の対処法について

職場でのセクハラやパワハラや不当解雇、賃金未払いなど、人には相談しにくい身近な問題ですが、そのままにしておくと次第にエスカレートし取り返しのつかない問題へと発展してしまう可能性などあります。
身近に起きる労働問題は、そもそも違法行為だと認識していない人々もいらっしゃいます。泣き寝入りしがちですが、立派な違反行為ですので、不当な扱いを受けたのであれば、大事にならないうちに早めに専門の弁護士に相談しましょう。
ここではそんな労働問題に出くわす前に知っておきたい「セクハラ・パワハラが労災に認定される基準」や「経営上の都合で解雇された場合の解雇の有効性について」「基本給に残業代が含まれている?-固定残業代制度」など後悔や無駄をしないためにも相続問題にあたって知っておきたい情報や手続きに関する情報を紹介していきます。

労働問題に関する基礎知識

セクハラをやめさせる方法

セクハラをやめさせる方法

セクハラとは「性的な言動による嫌がらせ」という意味で正式にはセクシュアルハラスメントといいます。1989年に出版社に勤務していた女性が上司を相手に日本初のセクシュアルハラスメント訴訟を起こして全面勝訴したことをきっかけに…

知っておきたいハラスメントにあたる行為の具体例

知っておきたいハラスメントにあたる行為の具体例

ハラスメントとは、本人の意図に関係なく相手が嫌がることや困らせることという意味で、現在社会問題となっています。有名な「セクハラ(セクシュアルハラスメント)」「パワハラ(パワーハラスメント)」をはじめ、「エイハラ(エイジハ…

事業主が講じるべきセクハラ対策

事業主が講じるべきセクハラ対策

職場におけるセクハラは労働者個人の尊厳を傷つけるもので、あってはならない行為です。また、そのような倫理観や秩序の乱れは労働者の職務への意欲を失わせるなど業務へも支障をきたし、ネット社会である現在はすぐに悪評が広がるので、…

セクハラ・パワハラが労災に認定される基準

セクハラ・パワハラが労災に認定される基準

労災とは、労働災害の略称で業務中または通勤途中における負傷、疾病、障害、死亡などを対象としており、労災として認定されると休業が保障され治療費が支給されます。これは、労働者災害補償保険法に基づく保険制度で「労災保険制度」と…

サービス残業をさせられても、残業代はあきらめない!

サービス残業をさせられても、残業代はあきらめない!

労働基準法を守らない「ブラック企業」と呼ばれる会社で、従業員に「サービス残業」をさせる(残業や休日出勤をさせても、その対価を払わない)ことが横行しています。 そうしたブラック企業の経営者は、若い従業員たちに向けて「将来の…

残業問題は、健康問題でもあります

残業問題は、健康問題でもあります

新聞や雑誌、ネットなどの報道をみても、未だに「ブラック企業」の話題がたびたび取りざたされます。サービス残業・未払い残業代の問題が、なかなかなくなりません。とはいえ、実際には「うちは、残業代ぐらいキッチリ払ってるよ」という…

その他の労働問題に関する基礎知識

従業員に労働組合に入る義務を課す「ユニオンショップ協定」とは? 知っておきたい2つの裁判例

従業員に労働組合に入る義務を課す「ユニオンショップ協定」とは? 知っておきたい2つの裁判例

従業員の立場を不安定にする協定? その長所と欠点 ユニオンショップ協定とは、…

従業員のミスや不祥事による解雇 ― 知っておきたい3つの裁判例

従業員のミスや不祥事による解雇 ― 知っておきたい3つの裁判例

目次 寝坊で放送事故を2回も起こしたアナウンサー ―― 高知放送事件 どのような…

病気を治療中の従業員を解雇できるか? 知っておきたい2つの裁判例

病気を治療中の従業員を解雇できるか? 知っておきたい2つの裁判例

目次 病気療養中の従業員の解雇 ―― 岡田運送事件 どのような事例か? どのような…

仕事ができないことを理由とした解雇 知っておきたい2つの裁判例

仕事ができないことを理由とした解雇 知っておきたい2つの裁判例

目次 仕事の能力が足りない従業員 ―― セガ・エンタープライゼス事件 どのような…

2018年に大量の雇止め?-いわゆる2018年ショックについて

2018年に大量の雇止め?-いわゆる2018年ショックについて

平成24年に労働契約法という法律が改正されました。その改正によって、非正規労働者…

過重労働による精神障害で自殺した場合に労災保険給付を受けられるのか

過重労働による精神障害で自殺した場合に労災保険給付を受けられるのか

最近ではブラック企業という言葉が流行るくらい、労働環境の劣悪化が社会問題となっ…

警備員の仮眠時間は労働時間なのか

警備員の仮眠時間は労働時間なのか

警備員の仕事の中には、夜勤での夜間警備がありますよね。夜間警備においては、定期…

店長になれたのはいいけど・・・残業代が出ない!?

店長になれたのはいいけど・・・残業代が出ない!?

店長になると、普通の従業員よりは基本給は多くなると思います。しかし、店長になっ…

基本給に残業代が含まれている?-固定残業代制度

基本給に残業代が含まれている?-固定残業代制度

企業の中には、「基本給30万円(月間20時間分の時間外手当を含む)」という形で、…

経営上の都合で解雇された場合の解雇の有効性について―整理解雇法理

経営上の都合で解雇された場合の解雇の有効性について―整理解雇法理

会社の経営が傾いたとき、経営を立て直す手っ取り早い方法は解雇による人件費削減です…


労働問題に関する法律ニュース

  • 平野 大輔 弁護士 インタビュー
  • 河合 弘之 弁護士 インタビュー
  • 別城 信太郎 弁護士 インタビュー
  • 齋藤 健博 弁護士 インタビュー
感想・感謝の言葉を投稿する