「常識」「普通」を大切にする、住宅街の頼れる法律家 / 沙藤 達哉 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

普通の感覚に基づいた、常識的な判断をしたい

沙藤 達哉 弁護士

– 福岡のご出身ですが、大学を出られて東京で就職なさったんですよね。

そうなのですが、初任で福岡に配属になりまして、辞める頃には熊本に赴任していました。司法修習も佐賀でしたし、九州で弁護士になることは自然と意識していました。

– ただ、そうお考えになってから、弁護士になるというのもなかなかハードルが高かったのではないでしょうか。

確かに簡単にいくものではないと覚悟はしていました。ただ、私ももともと法学部にいましたし、会社を辞めて次に何をするのかということで、真っ先に思いついたのが司法試験を受けて弁護士になることでした。

会社の上司からの指示を受けて、みんなで一斉に動くというよりは、困っている方々からご依頼を直接に受けて働くほうが、やり甲斐もあるし、自分の性に合っていると思ったんです。

弁護士となれば責任を伴いますし、一念発起して、モチベーションを上げて取り組めるようなことをしたいと思って、会社を辞めて、受験をしました。

– 当時、このような弁護士になりたい、という思いは何かあったのですか。

もちろん、法律家としてスキルアップして、幅広い案件に取り組める実力を付けたいという思いはありました。

ただ、それ以上に、もともと一般的なサラリーマンをやっていたこともあるだけに、せっかくならば、その社会人経験を活かせるような弁護士になろうと思いました。普通の感覚に基づいた常識的な判断ができるのではないか。

もちろん、最初から弁護士を目指していた人々に常識的な感覚が欠けているわけではないのですが、より依頼者の方と近い目線で対話をし、人々から信頼される弁護士になろうと思いました。

今までのような、弁護士が稀少だった時代には、「上から目線で救ってあげる」という態度でも通用したのかもしれませんが、それではダメで、依頼人と弁護士が共にパートナーとして尊重し合う姿勢が重要だと思います。

トラブルを抱えている一般の方々も、たとえば、会社員として、主婦として、事業主として、それぞれの立場やバックグラウンドで日常の役割を懸命にまっとうしつつも、それぞれの非日常のトラブルに立ち向かっている姿勢そのものが素晴らしいことであると思います。

– 「迅速丁寧な仕事」を、弁護士としてのモットーとして掲げていらっしゃいますが、それは会社勤めをしていた頃からお得意だったのでしょうか。

そうですね、常に意識していました。

新人時代、福岡で誰もやったことのない案件を担当

– 今まで弁護士として担当なさった中で、印象に残っている案件などはありますか。

平成12年(2000年)に民事再生法がスタートしまして、福岡地裁で第1号の民事再生事件を担当したことがあります。建築業者の民事再生案件で、客観的な規模はそれほど大きくないんですが、社長さんが借金苦で自殺も考えるほど追い込まれていたんです。

それで、何とかして社長さんを精神的にも経済的にも解放しなければならないと思って取り組んだのですが、とにかく何をするにも手探り状態なんですね。

当時はまだ、弁護士になって2年目ぐらいで、職務経験が足りなかったという難しさもありますが、それ以上に、いくら関連書籍を読みこんでみても、実際にどう進めればいいのかわからないことが多いんです。それまで民事再生に近い手続きを定めていた和議法を引き継いで民事再生法ができたとはいえ、新たな民事再生手続きについて知っている人は、先輩やベテランの法律家でも誰もいないんです。

何しろ裁判所もやったことがなくて、わからないことを質問しても明確な答えが返ってこない場合もあったわけです。

それでも、どうにかして民事再生手続きを乗り越えて、負債を大幅に圧縮できたので、社長さんやそのご家族には非常に喜んでもらえて、お礼の手紙も頂きました。

– どういった点が手探りで難しかったのでしょうか。

法律の条文はあるけれども、福岡地裁では実際に運用されたことがなく、前例がないわけで、ベテランの弁護士にも指導を仰ぎ、裁判官とも話し合いながら進めていきました。

たとえば、その会社の社屋のトイレが汲み取り式だったのですが、バキュームカーを呼んで汲み取ってもらう費用は、共益債権として認められるんだろうか、とか。そういうことでも当時は悩んでいました。条文の解釈の余地に幅があるものですから。

今にして思えば、共益債権として全く問題ないと思いますが(笑) 新人弁護士だったもので、相当慎重になりました。
民事再生の開始決定の後であれば、バキューム費用は事業継続に必要で、そのつど発生する費用として共益債権とすればいいのですが、開始決定前にもトイレの汲み取りは行われていて、バキューム費用の請求義務が発生しているわけです。

それを支払ってくれないと、今後は汲み取りはできないと業者に言われてしまいましたので、監督委員にも確認とお願いをして、バキューム費用は優先して支払うよう同意をもらいました。

– 職場のトイレの維持費ですから、常識的には払わなければ仕方ないわけですが、法律的に本当に問題ないかという悩みですね。

ええ、その点で仮にクレームが付いて民事再生が失敗に終わって、社長さんがまた絶望に追い込まれたらどうしようかと考えていましたので、何度も確認しました。民事再生の規模に比べれば小さな金額ですし、実際にそういうクレームが付くことはまずありませんけどね。

後日談ですが、結局、その社長さんは建築業を続けていくことを断念しまして、農家に転身したところ、非常に成功し、今では地域で一番の出荷量になっているらしいと聞いています。

– それは思い切りましたね。民事再生手続きがうまくいったからこそ、転身後の成功があるといえるでしょうね。他に印象に残っているものはありますか。

博多のある商業ビルのテナントとして、喫茶店が入ったのですが、それがどうもいかがわしいので、追い出してもらえないかとビルのオーナーから依頼を受けました。

– いかがわしい喫茶店ですか。

会員制で、女性は無料、男性だけお金を払って、マジックミラー越しに話したい女性を選ぶみたいなシステムなんですが、先方は「これは喫茶店です」「出会いの場を提供してるんです」と言い張るんですよ(笑) ちゃんと、お客さんにお茶も出してますと。

– 出会い喫茶みたいなものですよね。援助交際の温床になりうるということで、一時期、話題になりましたね。

そうです。その店舗は風俗情報誌なんかにも載ってたんですよ。「大丈夫です。入会の際には身分証明書を提示してもらって、18歳未満は入れないようにしてます」と、相手方は言うんだけど、中学生や高校生が入れない喫茶店は、どう見てもいかがわしいんじゃないのと(笑)

– そうですね(笑) 「いかがわしいからダメだ」の主張一本やりで押していったんですか。

もちろん、契約書には、賃貸借の目的として喫茶店と書いてあるのに、実際は違うことをやっているじゃないか、という主張の仕方もあったのですが、相手方が「喫茶店だ」と言い張っている以上、そこで揉めても水掛け論になってしまいます。

ただ、依頼者のオーナーさんがどうしても困っていたものですから、出て行ってもらうよう、とにかく押し切りました。粘り勝ちですね(笑)

– 理屈といいますか、オーナーが本来の用途を知っていれば、契約しなかったであろうという意思を尊重して交渉なさったわけでしょうか。

そうですね。結果的にはオーナーさんにも非常に感謝してもらえて、嬉しかったです。ひとつひとつは小さい事件なのかもしれませんが、印象深いですね。