弁護士資格の限界を超えたい。工業の街で創造性に貢献する法律家 / 春田 康秀 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

新幹線の停車する街としても知られる九州の玄関口。小倉は、北九州工業地帯の中心都市でもある。その街で、IT企業をはじめとした中小企業などのスタートアップを法律面だけでなく、経営面からもサポートする弁護士がいる。

他人と違うことを好み、子どもの頃になりたかった職業はお笑い芸人だったという春田康秀弁護士(至誠法律事務所代表)に、詳しいお話を伺った。

紛争解決ではない場面で、法律の力を活かしたい

– 弁護士になろうと思われたきっかけは何だったのでしょうか。

高校の頃、じつは検察官になりたいと思ったんですね。「HERO」など、検事が主役のドラマを観たりして憧れていたんですが、司法試験に合格した後、検察庁の現場で修習を受けていたときに、なんか違うなと思ったんですね。

– 何が違うと思ったのでしょう。

まず、組織ありきなので、自分で自由に判断できない。また、体育会系な雰囲気に押されていました。

– そうかもしれませんね。でも、春田先生、スポーツマンっぽいイメージですけどね。

筋が通っており、さらに、周囲の雰囲気が自分と合えばいいんですが、そうでなければ躊躇してしまいますね。

– そこに司法修習の段階で気づいてしまったということですね。裁判官はいかがですか。上司の命令に従うことは、あまりないと思います。

裁判官は最初から考えてなかったです。自由な判断で仕事ができる弁護士がいいなと思いました。

– 最初は、どういう弁護士になろうと考えていらっしゃいましたか。

法律を有効なツールとして、それぞれの人生を実り豊かなものにしていっていただきたいと思っていました。それは今の仕事にも通じていると思います。

– 具体的には、どういったかたちで、法律家として世の中へ貢献していきたいとお考えですか。

他の大半の弁護士にとって、本分は紛争解決だと思いますが、私はそうではなく、人々に「こういう制度がある」「この法律を使えば現状を打開できる」といったことをお伝えしたいと考えています。それを業務の中核に据えています。

「法律を用いたコンサルタント」というイメージです。

– 副次的かもしれませんが、弁護士としての紛争解決業務をまったく行わないわけではないですね。

そうですね。ただ、企業に弁護士が介入すると、やはり「紛争があるのか」「破産でもするのか」といったイメージが付きまとってしまいます。わかっている人はわかっていますが、企業活動に弁護士が関わる場面は、紛争だけではないんです。

弁護士として、様々な契約に関するアドバイスなどの創業支援をしていると、社長の話がみんな前向きで、率直に言って楽しいんですよね。技術者やアイデアマンと接する機会が増えると、私自身、感覚が研ぎ澄まされているのを感じます。

– どういう話が出てくるんですか。

たとえば、自動車のアクセルとブレーキの踏み間違いを物理的に防止する製品を、九州のある会社が開発しているんです。弁護士業務で関わりまして、その会社の技術者と話をしたことがあるのですが、世の中をより良く、交通事故のリスクを減らして、より安全な乗り物にしたいという、とにかく夢がある話しか出てこないんです。そういう事業を法律家としてサポートし、具体的な形になって花開くまで支援する、そこに喜びを感じます。

– 交通事故を減らすにしても、今までなかったアイデアで取り組むという点にユニークさがあるわけですね。

はい、特に事業のスタートアップ段階では、皆さん、資金が潤沢にあるわけではないので、毎月の顧問契約というよりは、単発の相談に対して身軽にお役に立てるような形式を採っています。たとえば、Facebookメッセージで、知人の社長さんから相談が来ることもありますね。

– そんなに気軽な感じで相談が寄せられるんですね。

ビジネスの立ち上げ段階で忙しい社長さんは、決断に悩まれるぐらいなら、すぐに相談してもらいたいです。