持ち前の行動力と話しやすさで、依頼人のために尽くす。 / 渡邉 祐太 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

都心のオフィス街である内幸町の一角で、2016年11月に開設されたばかりの華鼎国際法律事務所を訪問し、渡邉祐太先生にお話を伺った。
細身の若手弁護士で、話し方もおっとりしていて、一見すると頼りなさそうだが、第一印象に惑わされてはならない。秘めたる人一倍のバイタリティで、苦手意識や困難を乗り越えてきたエピソードを語っていただいた。

大学受験のリベンジで司法試験に挑戦

– 弁護士になろうとしたきっかけについて教えていただけますか。

私は、大学受験で、行きたかった志望校に落ちてしまいまして、最終的に専修大学に拾っていただいたんです(笑)

– いえいえ、拾っていただいたとは(笑)

そのときに自分の不甲斐なさを感じまして、でも、司法試験みたいな大きな試験にチャレンジして、もし合格できれば、大学受験での悔しさを帳消しにできるのではないかと考えたんです。

大学時代に入っていたのが、法律討論サークルというものでして、ある教授が出した課題について、いろんな大学の学生が「論旨」という解答を作成して、一校ずつ発表するんです。その論旨を聞いた他大学から質疑がなされて、それに応答したり、そういう討論会があるわけです。

– ディベートサークルのようなものでしょうか。

そういうものに相当すると思います。関東レベルの大きな討論会になりますと、関東弁護士会連合会や、東京高等検察庁ですとか、東京高等裁判所だったりがバックアップしてくれるんです。これが全国大会になりますと、最高検とか最高裁からバックアップしてもらえるんです。

– バックアップ陣が、どんどんレベルアップしていきますね。

そして、検察官や弁護士、裁判官や学者の方から、論旨や討論のやりとりを審査、評価していただく、そういう討論会です。そこで法律の世界に深く関わったことをきっかけに、本格的に司法試験を目指すことにしました。

– 司法試験を受けることを心に決めて、その前段階として法律討論サークルに入るという目的意識があったわけですね。

そうです。

早朝アルバイトと勉強、繰り返しの日々

渡邉 祐太 弁護士

– 法科大学院での生活はどうでしたか。明治大学ですね。

自分にとっては厳しくて、とにかく勉強をした思い出しかありません。最初のオリエンテーションで、学長から「この厳しい2年間を一生懸命に頑張れば、実務でも何だってできる。この2年間の辛い経験が、必ず将来実を結ぶ」と言われたんです。

– 学長がいきなり脅してきたわけですね(笑)

(笑)その言葉が、ずっと心に残っていますね。正直、法科大学院に入ったときは、司法試験の合格レベルには遙か遠く及ばない実力しかなかったので、あの法科大学院時代を乗り切った経験があることが、今、仕事をする上での自信にもなっていて、一生懸命にやっていけるのだと思います。

当時は朝5時から3時間ぐらい、清掃の仕事をして、そこから学校に通うというサイクルで進めていました。

– 朝ですか。やっぱり、根性のベースが違いますね。朝起きるのは得意なほうですか。

そうですね。休まずに勉強するぐらいの気持ちでやらないといけないと思いましたし、そのためには、時間は朝しか思いつかなかったです。朝に少し早起きすればいいだけじゃないかと思ったわけです。

– 勉強しながらアルバイトをするなら、晩のシフトでコンビニやスーパーなどに入る人のほうが多数派かもしれません。一日の勉強時間の余力でやれますからね。
同じアルバイトをするにしても、朝早い段階で終わらせたほうが、その後の時間を思う存分、勉強に使えると思ったんですね。

開きかけた検察官への道が、いきなり閉ざされた

– 2年間でグッと実力が引き上がって、司法試験に合格されて、その時点では、すでに弁護士になろうと決めていたのですか。

いえ、当時は検察官になろうと思っていました。ドラマの「HERO」に憧れて、被疑者や被告人と最初に向き合い、更生のために諭すことができる法律家は、検察官だと思ったからです。

それと、検察の説明会で、法律家としての国際貢献のことを知りまして、東南アジア諸国、たとえばカンボジアなどの法整備に関わる仕事をしてみたいと思ったのもきっかけです。

検察の教官の方からの推薦ももらっていました。その推薦は教官との人間関係が重要だったりするんですが、途中で教官が別の方に替わってしまいまして、「いや、推薦できないよ」と最終的に言われてしまったんです。

– 話が違いますよね。内定取り消しみたいなものですか。

内々定ぐらいですかね(笑) じつは並行して、法律事務所もいくつか回って、内定をもらったりもしていたのですが、検察のほうが順調に進みそうなので、こちらから断ったりしていたんですよ。

なので、検察の道がダメになって、弁護士志望として、一から就活を再開しました。弁護士の役割も想像以上に広くて深いんだと、法廷の外で活躍する先輩の仕事ぶりを見ていて、自分自身の視野が狭かったことに気づきました。

– 国際貢献は、弁護士の立場でもできるかもしれないですね。

そうですね。やろうと思えば、自分ひとりでカンボジアなどに入って、法整備に携わったり、学校づくりに関わったりできるかもしれないと考え直しました。