あなたに都合のいい回答をする弁護士が、いい弁護士とは限らない。 / 理崎 智英 弁護士

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の裁判所がある霞が関から程近い、日本を代表するオフィス街、虎ノ門で法曹活動を行っていらっしゃる理崎智英先生(高島総合法律事務所)に、お話を伺った。
仕事もプライベートも、厳しくストイックに道を究めようとする理崎弁護士の、意外な趣味の話も聞くことができた。

故郷の福島で、被災者のために尽力

– ご出身は福島県で、東日本大震災のときも、福島市内の法律事務所でお勤めだったそうですね。震災直後は、被災者の法律相談に追われたのではありませんか。

福島の弁護士会単位でも、津波があった浜通りで相談会を開いたりしていましたし、それとは別に、事務所でも独自に所属弁護士を派遣して支援をしたりしていました。

– どういった相談が多かったですか。

家が津波で流されてしまったんだけど、残っている住宅ローンはどうなるのか、といった内容が多かったですね。

ただ、震災直後の段階では、法律相談というよりも、被災者の話し相手になっていた感覚が強かったです。避難所で相談に乗っているんですが、あまりお金にならなかったですね。皆さん、お金も持っていらっしゃらない。

– そうですよね。浜通りだったら、財布とか預金通帳が津波で流されたりとか。

それもありますし、まして、まだ東京電力に賠償請求するという話も出てきていません。

– たしかに、無償奉仕は大切ですが、プロの弁護士さんがそれを長く続けるのも限界がありますしね。

被災者向けの法律相談をしばらく続けていて、のちに、福島第一原発の事故に関して、避難生活を余儀なくされた被災者から東京電力に損害賠償を求めるという話になりました。賠償の対象者は2万人ぐらいいたかと思います。

ただ、東電の中で定められた基準に従って、画一的に処理しなければならない、基準以上の賠償には応じられないという返答がありまして、そこから弁護士が交渉に入ることになりました。

– 今でも被災地での支援は続けていらっしゃるのですか。

いえ、続けたのは震災から3年目ぐらいまでですね。ただ、今でも東電の問題に取り組んでいる弁護士はいらっしゃいますし、東京から福島にたびたび通っている方もいます。

– いずれは福島に戻られることも考えていらっしゃるのですか。

今すぐは考えていないですが、ゆくゆくはそうなっていくかもしれません。実家もありますし。

一時期は、官僚に憧れた

理崎 智英 弁護士

– この仕事の面白さといいますか、醍醐味は何でしょうか。

たくさんの仕事を同時並行的に進めているところでしょうか。たとえば、自分の中のイメージとしては、たくさん並んでいるテレビモニターに、一つひとつの案件を映し出しているような感覚があります。

– 一歩引いて、多くの事件を俯瞰で眺めているような感じでしょうか。

そうですね。ひとつの事件に集中しすぎると、周囲が見えなくなってしまうことがあると思います。

– 弁護士を目指したきっかけについて教えていただけますか。

じつは、ちゃんと説明できるようなきっかけがないんですよね。大学で上京して、周囲に司法試験を受けようと目指す人が多くて、それに影響されたんでしょうかね。流されたわけではないんですが。

– 弁護士を目指す前は、何になりたいと思っていましたか。

官僚になりたいと思っていました。警察官僚です。

– そうなんですか!

弁護士とは正反対ですけどね(笑) 『踊る大捜査線』の室井管理官に憧れていたんです。

– たしか東北出身ですよね、設定が。

でも、その気持ちは、いつの間にか萎んでいました。そんなに固い決意じゃなかったのかもしれません。

– でも、今こうして弁護士としてご活躍中なわけですが、ターニングポイントのようなものはあるのでしょうか。

そうですね……。難しいですが、強いて言えばですね。小さい頃に、おじいちゃんがいて、町の助役をやっていたんです。市でいえば副市長のような役割です。

それで、町長さんとも仲良くなって、家にもよく遊びに来てくれていたのですが、あるときに収賄か何かの容疑で逮捕されてしまったんです。

– それは大変ですね。

それで、警察の取り調べを受けて、亡くなったんですね。

– 亡くなった。

自分で命を絶ってしまったんです。

– えっ……。

当時は小学生だったので、ただ悲しくてショック、というだけだったんですが、後になって知った話では、連日連夜にわたって激しい取り調べを受けてしまい、それを苦に……ということらしいんですね。

だから、弁護士だったらそういうときに、何か関われることがあったはずではないか、少なくとも町長が死ぬことはなかったんじゃないか、ということを、後になって思い出したんです。法学部に入って司法試験を受けようとしていた頃です。

鏡のごとく、磨き上げたいもの

理崎 智英 弁護士

– 司法修習はどちらですか。

福島でした。第1志望は東京だったのですが、通らなくて、8年ぶりぐらいに福島に帰ったかたちですね。

– 検察とか裁判官の道は考えなかったですか。

いえ、もう弁護士だと決めていました。

– 弁護修習のときの弁護士さんのこと、覚えていらっしゃいますか。

そうですね。マジメ一辺倒のような方でしたね……。オンとオフの区別なく仕事をしているような方でした。

かと思えば、福島で最初に就職した法律事務所の先生が、かなり柔軟な考え方の人で、さらに服や時計など身につける物にもこだわりを持っていらっしゃる方でした。

– ずいぶん両極端ですね。どちらに憧れていたんですか。

いや、どっちにもなりたくねぇなと思ったんですよ(笑)

ただ、お二人からはいろいろなことを学ばせていただきましたし、お二人に師事させていただいたことを今ではとても感謝しています。

– そして、柔軟な考え方先生がいらっしゃる事務所に在籍していた頃に、東日本大震災で被災したことになりますか。

そうですね。

– オフタイムの気分転換は何でしょうか。

テニスですね。学生の頃にテニス部にいたのですが、3年ぶりぐらいに久しぶりに再開しました。通っているジムにテニスコートがあるんです。また、学生の頃にビリヤード場でアルバイトをしていて、今はプロの人に付いて、改めてビリヤードを習ったりもしています。

それと靴磨きですね。
革靴のメンテナンスなんですが、ピカピカに光らせるのが好きなんです。

– 靴磨きが趣味なんですか。どれだけ光らせられるか、ということで、道具を凝ったりもするわけですか。

そうですね。3~4年ぐらい前のことですが、自分の靴をすごく綺麗に磨いて履いている人に会いまして、「これはいいな」と思い始めて、どうやったらあんなにピカピカにできるんだろうと、道具や方法をネットで調べて、磨き方も動画を観て調べました。

– どういうところに難しさとか奥の深さを感じますか。

やっぱり、光らせるのは難しいんです。鏡面磨きというんですが、うまく光らせることができると、本当に鏡みたいに自分の顔が映るんですよ。

– そんなの見たことないですけど!

ホントなんですから!

(机の下にかがんで、理崎先生の革靴を確認)

– うわ、すごいですね! 本当にピカピカで。

これが趣味です(笑)

– これが趣味だという人に初めて会いました(笑)

弁護士業務に必ずしも繋がらないかもしれませんが、でも集中力は付いているのではないかと思います。けっこう時間がかかるんですよ。片方で30分ぐらいかかるんで。

– 両方で1時間。それだけ時間をかけても、うまく光らないこともあるわけですか。

コツを掴んでいるので、なかなか光らないってことは、最近ではなくなりました。ワックスを付ける分量と、水を付ける分量が決め手になったりします。

尊敬する弁護士は身近に

理崎 智英 弁護士

– 法律相談を受けるときに、何か心がけていらっしゃることはありますか。

法律相談に来られる方々は、ご自分が抱える様々な話を、とにかく弁護士に聞いてほしいと思っていらっしゃると思うんですよ。

そして、弁護士に対して、自分にとって最もベストな回答を求めていらっしゃる。

もちろん、その気持ちはわかるのですが、弁護士としては、その話を全て鵜呑みにするわけにはいきません。相談者自身のみに都合のいい話だけをしていて、都合の悪いことを隠している可能性もあります。

相手の話に迎合するだけではなくて、正すべきところは正して、諭すべきところは諭す、という態度で臨まなければならないと思います。

– 確かに、自分が正しくて相手が間違っていることを強調しようとしたり、自分の格好悪いところを隠そうとするあまり、結果として嘘を話してしまっている場合はありうると思います。

弁護士としては、嘘や大げさな話に迎合するような調子のいいことを言い続けることで、仕事を確保することもできると思うんですよ。「ああ、これ勝てますよ!」とか言って。

しかし、最悪のケースも常に想定し、そのことも説明した上で、「それでも依頼しますか」と、一歩引いている態度を取らなければならないと心がけています。

そうでなければ、結局、相談者のためにならないからです。ですから、相談者の話の内容によっては、かなり冷たい態度を取ることもあります(笑)

– 一見すると冷たいけれども、それが現実だから言っているわけですよね。

当事者から聞き取れる話がすべてではありませんので、簡単な案件だと思っていたら、じつは様々な要素が複雑に絡み合っている場合もあります。

今は弁護士が増えていて、仕事の取り合いになってしまう場合もあると思うのですが、だからといって、不誠実なことを話して仕事を取りたくはないですね。

– 法律相談で厳しいことを言われても、「だから、この弁護士は嫌だな、やめておこう」と避けてしまうと、結局は自分のためにならない。最初は苦くても、のちに効いてくるかもしれないわけですからね。

言いにくいことなのですが、依頼者の利益を最大限に考えているからこそ、厳しい回答になってしまう場合もあるのです。

– これから、弁護士として、どういう取り組みを実行していかれますか。

今は、東京弁護士会の、弁護士業務改革委員会というところに所属しています。弁護士の新しい業務を開拓していこうという委員会でして、特にマンション管理の業務に取り組んでいこうと考えています。

– マンション管理は、確かにいろんな法律が絡んできますよね。ちなみに、尊敬する弁護士は、どなたかいらっしゃいますか。

尊敬ですね……。あくまでも同業者なので難しい質問ですが、強いて言うなら、うちのボス(高島 秀行弁護士)ですね。

– 高島総合法律事務所の、高島秀行弁護士……。

これは、ちゃんと書いておいてください(笑)

– わかりました(笑) どういったところが尊敬できると思われますか。

やはり、頭が切れるんですよ。記憶力もいいですし。
おおらかな人柄もいいなと思うのですが、事件処理に関しては厳しい一面があります。自分の報酬のことよりも、依頼者の利益を最大限に考えているところですね。


いいことを言ってほしい。共感してほしい。
法律相談に訪れる方々は、相談料を支払っている以上、つい無意識に「自分の話を、すべて受け入れてほしい」との願望を抱くとしても、人情として仕方がないのかもしれない。

だが、「良薬、口に苦し」という言葉もある。甘い薬を選ぶか、それとも苦い薬を選ぶのか、弁護士人口が増えたことにより、その選択肢が明確に示される時代が到来しつつある。

理崎 智英 弁護士

理崎 智英 弁護士
高島総合法律事務所

2001年 福島県立安積高校 卒業
2007年 一橋大学法学部 卒業
2010年 弁護士登録(福島県弁護士会)
2011年 – 2012 年福島県弁護士会民事介入暴力被害者救済支援センター運営委員会(幹事)
2011年 – 2012 福島県弁護士会原子力発電所事故被害者救済支援センター運営委員会
2012年 – 東京弁護士会
2016年 – 東京弁護士会 弁護士業務改革委員会

理崎 智英 弁護士の詳細はこちら