依頼者に安心していただくため、「相続」に特化しました。 / 塩澤 彰也 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

少子高齢化の波が止まらない。人の逝去をきっかけに始まる相続も増えている。よって、相続をめぐるトラブルも増加の一途を辿る。
東京・杉並区の中心地のひとつ、荻窪、その商店街の一角にて、幅広い知識や十分な経験を求められる相続案件を、ほぼ専門に引き受けて取り組む弁護士がいる。今回は、その塩澤彰也先生(塩澤法律事務所)にお話を伺った。

弁護士ひとりの事務所で、多様な相続案件に取り組める秘密

– 塩澤先生は「相続専門」を掲げていらっしゃいますが、全体に占める相続相談の割合は、どれぐらいになるでしょうか。

割合にすると、8割ぐらいですね。

– 独立されて、最初から相続専門を謳われたのですか。

いえ、相続に特化したのは、平成25年頃からです。

– 特化しようと思われたのは、何かきっかけがあったのですか。

この荻窪で平成18年に開業した頃から、相続に関するご相談がもともと多かったわけです。そうなると、普段から頻繁に相談に乗っているものと、たまにしか相談が来ないものとで、おのずと助言のレベルに違いが出てくるんですね。

日々、新しい判例が出ていますけれども、すべての判例を把握しようとするのは限界があります。
より適切で自信のある助言、よりスピーディーな解決を目指そうとするなら、むやみに手を広げずに、絞り込んで特化したほうがいい、という判断をしました。

また、相続案件には様々な要素が絡んできます。親が会社を経営していて、相続によって自社の株式を引き継ぐとき、事業承継するのかとか、不動産の分筆や相続税も関わってきたり、幅広いのです。

さらにいえば、相続案件は、判例が固まっていなくてグレーな部分が残っています。どの弁護士がやっても同じというふうにはならず、深みがあるジャンルだと思います。それで、やり甲斐も感じられていますね。

– 荻窪に開業なさったというのは、杉並区のご出身だからということですか。

個人の案件を取り扱いたかったので、都心エリアのように企業が多い地域に事務所をつくることは考えていませんでした。地元密着型の事務所を作りたくて、荻窪に開業したのです。丸ノ内線の始発駅で、裁判所へも交通の便がいいという理由もあります。

– 始発だと、電車の中で座りやすいですよね。個人の事件に積極的に取り組んでいきたいというのは、何か理由があったのでしょうか。

もともと、弁護士になろうと思ったきっかけも、困っている人に喜んでもらえればと思ったところからです。

企業法務であれば、法務部の担当者が出てきたりして、話が早いわけですが、個人の依頼者の方だと、そうもいきません。

その人にとって、一生に一度の出来事かもしれないからこそ、その相談にいい助言ができたり、いい解決ができたりすると、やり甲斐を感じたのです。企業法務も経験がありますが、やり甲斐をより感じました。

– 個人の方に対して、相談しやすい環境をつくるために、何か心がけていらっしゃることはありますか。

これは平成18年の開業のときから実施しているのですが、初回相談はどんなものでも無料にしています。当時はほとんどなかったのですが、最近は他の事務所さんでも、ぼちぼち増えてきています。それと、難しい法律用語なども、できるだけわかりやすく説明するよう、心がけています。

– 相続に関することなら、相談の場で即座に回答を示せる場合も多いわけですね。

そうですね。「調べてから、後日回答します」ではなく、基本的にはすぐにお答えできる態勢です。相続に特化していない場合には、選択肢を1つかせいぜい2つぐらいしか出せないところ、うちの事務所なら4つか5つ出せることもあります。

現在、他の士業の方々と一緒に「杉並ワンストップ法務サポーターズ」というネットワークを組んでいまして、様々な社会的トラブルに対して総合的な支援を行う態勢を取っています。

たとえば、土地の境界線を確定したり、いくつかに分筆したりする必要がある場合には土地家屋調査士さん、相続税申告の相談も含む場合は税理士さんとも連携することができます。相続案件では、他に登記の関係で司法書士さんと連携することが多いですね。

– このようなチームを組んだのには、何かきっかけがあったのですか。

私が独立して法律事務所をつくるときに、司法書士さんと社会保険労務士さんから、このように地元の士業同士で連携したいという計画の話を聞きまして、誘われて参加することになったんです。もう10 年以上の歴史があります。


こんな記事も読まれています