不動産ならお任せください。湘南のカジュアル法律事務所 / 久保 豊 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉の観光名所、鶴岡八幡宮の参道脇へ入ったところに、一軒の家屋がある。何も知らずに訪問したとき、この家屋が法律事務所だと気づく人は、きっと少数派だろう。
横浜の法律事務所で不動産案件を中心に修行し、伝統とカジュアルさが統合された鎌倉の街に開業した、久保 豊 弁護士(鎌倉総合法律事務所代表)にお話を伺った。

形から入ることの大切さ

– この事務所は、一軒家で非常に印象的ですよね。築どのくらいですか。

築60年ぐらいらしいですね。もともと、こういうタイプの事務所を作りたかったんです。

– この事務所が入る前は、何に使われていたんですか。

普通の家です。ですから、一般向けの居住用の賃貸で出ていた物件で、大家さんに事情をお話しして、入れてもらったんです。

ここでカフェなどの店舗を開きたいと希望する方は多いようなんですが、「人の出入りが多いのは嫌だ」という理由で、大家さんは断ってきたらしいんです。だけど、「法律事務所ならいいよ」と言ってくれました。

まだまだ法律事務所は、緊張して気軽に入りづらいイメージがあると思いますので、事務所も古民家の中につくって、自分の格好もラフにしてみようと考えたのです。

– 「身近な法律相談」と、弁護士の皆さんはおっしゃいますけれども、久保先生のように「気軽さ」について、形から入ることも、ひとつの重要なアプローチかもしれませんね。近所の方が、フラッと相談しに来たりするんですか。

アポなしで来られる方もいらっしゃいますね。今日もそういうことがありました。

– 法律事務所に、アポなしで来るんですか。

「近くを通りかかったから、とりあえず、パンを持ってきました」とか。

– そんなこと、東京では、ほぼ無さそうですね。

お知り合いの飲食店の店主から、「ケーキ焼いたから、持ってきた」とか。街中では依頼者さんともすれ違ったりするので、お願いされている案件について立ち話をしたりもします。

歩いていると、地元の議員さんに声を掛けられて「○○さんが困ってるらしいから、今度電話させるわ!」と、口頭で事件の紹介を受けたりもします。

– 街の人たち、みんな、顔が見える関係なんですね。

知り合いから、「先生、○○通りにいたでしょ? 見たよ」と、LINEが入ったりもしますね(笑)

– それは、ほっといてもらいたいですね(笑)

いちいち目撃情報が入ってくるんですよ。本当に、村に近い感覚かもしれません。

– 悪いことはできませんね。

そうですね。もちろん、しませんけども(笑)

古都・鎌倉は、大地主が多い

久保 豊 弁護士

– 前にいらした法律事務所はどういったところですか。

横浜にあるのですが、立川・及川法律事務所というところでして、不動産の関連する事件や、法人の破産管財人の案件を多く取り扱っています。

横浜の中でも忙しい事務所として有名で、みんな深夜まで仕事をしているのが当たり前のようなところでした。その代わり、たくさんの経験を積めましたね。

そこの立川 正雄 先生が、ぼくの師匠にあたる方ですが、先の先まで読み通したり、人の気持ちを掴むのが上手い点で尊敬できます。

裁判所よりも講演に招かれて出かけるほうがずっと多いような方で、そのおかげで多くの仕事が舞い込んで、ぼくらが忙しくなってたんでしょうけど(笑)

そのほかにも不動産や建築関係の企業や団体の顧問をされていて、そこで修行をしていたんです。