相談に来られるときより、お帰りになるときのほうが幸せに。 / 小川 晃司 弁護士

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京駅にも程近いオフィス街、八丁堀を拠点に活動を続ける小川 晃司 先生(東京桜橋法律事務所)にお話を伺った。
率直な第一印象は、堅くて冗談が通じなさそう…… 取材が困難を極めるのではないかと心配したが、その先入観を良い意味で裏切られるインタビューとなった。

物を作ることが好きだった

– 弁護士になろうと決意したきっかけについて、皆さんにお伺いをしているのですが、小川先生の場合はいかがですか。

これは難しい質問ですねぇ。

– では、子どもの頃、最初になりたいと思った職業は何でしょうか。

職人か、料理人になりたかったんですよ。
昔から、物づくりが好きなんです。料理は今でもやっていますし、家族の中で炊事は私の役割です。それとガーデニングですね。

– 幼少期には、何か作っていらっしゃいました?

絵を描いていましたね。高校時代は美術部に在籍していました。

– 子どもの頃に、絵を褒められた経験があったわけですか。

特別に褒められたことはないですね。小学生のときに、何かの賞に入選したことはあったかもしれませんが、それが絵を描き続けるモチベーションになったわけではありません。純粋に描くのが好きだったんだと思います。

それと、職人といっても、何か特定の作りたい製品があるわけではなくて、理科の実験なんかも好きでしたし、たぶん、物を作りあげていくプロセスが好きだったのかもしれません。

– そこから、弁護士を目指されたわけですか。

そこから直接繋がるわけではないんですが、うちは祖父も父も弁護士という家なんですよ。

– 本当ですか。では、弁護士になるのは、むしろ自然の成り行きなんでしょうね。

うちでは、法学部に行くのが普通(笑) そんな感じですね。

– 大きなアドバンテージかと思いますが、親御さんの仕事ぶりを、ずっと見ていらしたのですか。

事務所へ行ったことはありますよ。でも、法廷で何をやっていたのか、観たことはないので、弁護士という仕事のイメージが明確にあったわけではないです。
父親が交渉や打ち合わせをしている様子なら、眺めていたことはありました。

– その様子を見て、興味が湧くことはなかったんですか。

法学部に入った後も、弁護士になる気はありませんでしたからね。
ただ、「用意されたレールに乗っかるのが嫌だ」という気持ちはありました。そういうのは向いていないだろうと思っていました。

– 物作りがお好きなわけですからね。

ただ、法律学がよくわからないまま、法学部を卒業したくはなかったんです。法律を修得したといえる、何らかの客観的な証が欲しかったんですね。だとしたら、司法試験合格であろうと。

高慢に伸びた鼻は、自分で叩き折れ

小川 晃司 弁護士

– 法律学がわからないまま、法学部を卒業している方々は、世の中に山ほどいらっしゃいますが(笑) 小川先生はそれでは我慢ならなかったわけですね。

そうなんですが、親には司法試験を受けることを、しばらく話さずに、こっそり勉強していたんです。むしろ「司法試験なんか受けない」と公言してました。

就職活動を始めるべき時期が近づいてきた頃に、父から「これからどうするんだ」と尋ねられたとき、初めて話したんです。

– 何と言われましたか。

「そんなら、やんなさい」と(笑) さすがに「やめろ」とは言われませんでしたね。

– こっそり受験勉強は始めていたのに「司法試験は受けない」と家族におっしゃっていたのは、何らかの反発心の表明だったわけですか。

「お前も弁護士になるんだ」と、指図されて弁護士になるのが嫌だったんですね。

– 司法試験に合格なさってから、どういう弁護士になろうと決意されましたか。

多少語弊があるといいますか、口幅ったい言い方かもしれませんが、依頼主の方が「事務所に来る前よりも、幸せになって帰っていただく」ということです。

これが抽象的な意味では、弁護士を始めたときにそうなりたいと思い、今でもそうありたいと思う弁護士像ですね。

– 悩みを解決してほしいのに、弁護士に相談することによって、余計に悩みが増えたらたまりませんね(笑)

かえって、心のモヤモヤが強くなって家路に就いたりね(笑) それじゃあ、ダメなんです。

– ですが、かなり難しいと思います。お客さんが法律相談で嫌な思いをしたとしても、いちいち弁護士さんには教えないわけですし。黙って帰って行って、二度と来ないだけですから。

ダメな法律相談だったという事実がわからないから、「それでいいんだ」と思ってしまうわけで、それではマズいのです。

高慢に伸びそうになっている鼻は、自分自身で折らないといけません。

– 放っておくと、勝手に伸びていくのでしょうか。

手入れしないと伸びていきますよ。

– ガーデニング感覚で(笑)

バッサリと叩き折ったほうがいいです(笑)
自分では鼻を叩き折ったつもりでも、自分に甘くて折れていない場合があるかもしれませんので、「これで足りる、ということはないんだ」という自戒を常に持たないとダメだろうと思います。

これは、われわれの業界内で、弁護士同士で話し合っていても、なかなか改善されないと思います。現在はサービス業、接客に就いている大学の同期に、同じようなことを話すと「そんなの当たり前だ」と言うんですね。

仮にお客さんが間違っているとしても、非常に理不尽な要求をしているなら別ですが、それを間違っていると指摘して正すことは、接客業としては正しくありませんよね。

法律的な正しさは、必ずしも世間で求められていない

– ほかに、法律家として大切にしていらっしゃることはありますか。

人々が法律事務所にお見えになる理由は、「弁護士が法律のプロフェッショナルだから」ではないはずなのです。お客さんが求めているのは「解決」であって、法律に関する精緻な議論ではない。

多くの新人弁護士が、「法律によれば、こうですね」と、依頼者の語ってくださる事実を二の次にして、自分のフィールドに寄せて法律論を語りたがりますけれども、それは学者の仕事です。

法律研究家でなく、法律実務家である弁護士の、プロフェッショナルとしての意味合いは、「法律論だけでない話ができる」ということなんだろうと思います。

– たしかに、単なる法律オタクになってしまっている方を、たまに見かけます。

部屋にこもって専門書ばかり読み込んでいる弁護士は、ともすれば「お客さんに法律を教えてあげる」という思考に、無意識に陥ってしまうかもしれません。

私自身、その傾向が無きにしもあらずなので、自戒を込めて申し上げていることです。

かつて、私も失敗したことがあるのです。お客さんが法律的に問題のある行動をとっておられた。それで「法律上はダメです」といった類いの表現を使って回答した。それで、お客さんから「なんだか怒られているみたいだ」と言われたんです。ようやく間違いに気づいて反省しました。

お客さんは、説教をされたくて法律相談にお見えになっているのではありません。相談料は、お布施じゃないんです(笑)

– (笑)相談料は、お説教の対価ではありませんよね。

法律論では勝てない、けれど、別のアプローチを採ったり、別のファクターを付け加えたりすれば、負けはしない。そういう解決方法もあるのかもしれません。
案件によっては勝ち負けで語るのが不適切なものもありますが、依頼者から解決のヒントを引き出して、解決に繋がりうる対策の選択肢を増やすことができる。それが新人と中堅の境界線ではないかと思います。

どんなに法律的に正しいことを言っても、お客さんが納得しない限り、それはお客さんの幸せには繋がらないわけです。

小川 晃司 弁護士

インターネットを使えない人の存在も忘れたくない

– お父様のような弁護士になろうとは、お考えになりませんでしたか。

いや、父のような弁護士になるのは無理ですね。
昭和ヒトケタ生まれで、50年以上弁護士をやってきて、法律がほとんど整備されていない、今ほど細分化されていなかった時代の法律家なわけです。

交渉をするにしても、その当時に存在する法律の範囲で、解釈をもって主張をしなければなりません。もちろん理屈は基本にあるんですが、理屈を背景にした、その弁護士自身の「押し出し」といいますか、「人格的迫力」というか、そういうものが重視された時代だったらしいんですね。法律プラス属人的要素ですね。

うちの父の場合は、そういうものが大の得意であったと(笑)
裁判官が何を言おうと、そんなものは関係ないと。

– すでに判例があっても、お構いなしに自説を主張なさるのでしょうか。

判例変更も、そう珍しくなく行われた時代ですし、自分の信念が最優先なんですね。

– 良くも悪くも、ダイナミックだった時代ということでしょうか。

そうですね。

– 物作りがお好きだったという側面が、今の仕事に繋がったり、役に立ったりすることはありますか。

直接的な関係はないかもしれませんが、たとえば、野菜を育てることひとつ採ってみても、○月○日に水をやり、○月△日に肥料をやる、と決め打ちすることはありえない。
その野菜の表情を見て、土の状態を見て、そのつど適切な判断や対応をしなければ、うまくいかないでしょうね。

お客さんの持っている知識を見て、置かれている環境を見て、相手方の状態を見て、八方見るべきところに目を配るようにしなければ、マネジメントがうまくいかないという点では、野菜作りと弁護士業務は共通点があるのかもしれません。

– これから、どのような弁護士活動を展開していかれるのか、ビジョンをお持ちですか。それとも、このまま粛々と業務を進めて行かれますか。

このまま ということはありません。世の中の動きは、われわれが思っている以上に流動的です。少なくとも、弁護士が事務所で待っているだけではダメな時代が到来しています。

– インターネットを活用することもできますね。

ネットは積極的に使っていかなければなりませんが、ただ、インターネット・ディバイドの問題もあります。人によって、ネットを使えるか使えないかの差が激しいです。

かといって、学校で司法について教えるかといえば、社会科でも大して深いところは教えない。政府も、法教育について必要性は語っているんだけれども、そのための具体的なアクションはありません。

それでも、できるところから取り組んでいかなければならないと思っています。


小川弁護士は、出身地であり居住地でもある埼玉県川口市で、市街化調整区域での開発行為の審議を行う「開発審査会会長」や、市の公務員への懲戒処分を審査する「公平委員長」を務めるなど、地元のための公益的活動も惜しまない。
親子3代が弁護士という家庭環境をむしろ跳ね飛ばし、新たな弁護士像を目指していく姿勢を垣間見ることができたインタビューとなった。

小川 晃司 弁護士

小川 晃司 弁護士
東京桜橋法律事務所

東京弁護士会
明治大学法学部卒業
〜2010年 京橋小川法律事務所
2010年〜 東京桜橋法律事務所パートナー就任

小川 晃司 弁護士の詳細はこちら