依頼人の「費用対効果」を最大限に、民事も刑事も徹底的に戦う。 / 吉田 要介 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

宿場町としての歴史も古く、現在も東京のベッドタウンとして発展している千葉県松戸市には、地方裁判所の支部もあるため、千葉県内の司法では拠点のひとつともなっている。
その松戸で最大級の法律事務所に勤める吉田要介弁護士(ときわ綜合法律事務所)にお話を伺った。
強い力を持つ人々の曲がった行動が許せない正義感と、ときに自分が損をしても依頼人を守ろうとする姿勢を感じさせるインタビューとなった。

交渉を有利にするため、他校と連携した生徒会長時代

– 弁護士になろうと決意したきっかけについて、教えていただけますか。

子どもの頃から、弁護士や法廷シーンが登場する2時間ドラマなどを観ていて、漠然とした興味はありました。

しかし、具体的に決意したのは、高校で生徒会長をやったときですね。

– 素晴らしいですね。生徒会長の選挙で当選したわけですね。

いえ、ずっとなり手がいなかったんですよ。1期目は無投票だったんですが、2期目はたまたま成り行きで、後輩と一騎打ちのようになりました。こっちのほうが経験があるし、3年生と2年生の争いだったんで、たまたま当選したようなものです。

任期中には、校内だけでなく校外のことにも目を向けて取り組むべく、千葉県にある高校の生徒会同士が連携するような、連盟を作ったんです。

– 連盟ですか。それの創設者なんですか。

はい、そのころ、部活動の部室がある建物が老朽化するので、建て替えようという話になっていて、その問題が何年も続いていたんです。県立高校だったので、うちの生徒会は、県の教育委員会と折衝をしていました。

しかし、建て替えれば、県のルールで部室が狭くなってしまうらしく、むしろ「他の高校は、そんな要求なんかしないよ」みたいなことを言われていたんです。

そのときに、前々任の生徒会長が「この問題は、この高校だけで済ませていたら、単なるエゴで終わるから、もっと他の高校も巻き込むべきだ」みたいなことを書いていたのを読みまして、それをひとつのヒントとして、「国連みたいに、生徒会同士が連盟を作れれば面白いんじゃないか」と思ったわけです。

なので、自身で20校近くの生徒会を訪問して勧誘したり、県内の100校ぐらいの生徒会に宛てて、加盟を呼びかける往復ハガキを送るなどして、最初は13校からスタートしました。

– はあ、すごい話ですね! ある程度、生徒会活動が盛んな高校が集結したわけですね。

それで、うちの高校の校則に比べて、他の高校の校則がけっこう厳しいことを知ったんです。それをきっかけに「生徒の権利」というものの存在を意識し始めました。

3年生の秋で生徒会長を辞めた後も、生徒会の外で、「生徒の権利」に関連するような活動として、公開質問状や要望書などを自分たちで出したりしていました。

– 受験勉強と並行してですか。

だから、もちろん浪人しましたね(笑)

– (笑)それにしても初めて生徒会長を務めた段階で、よく、生徒会連盟の創設にまで繋げましたね。

わりと昔から、そういうことをやりたかったんです。リーダーとして、どうせやるなら、しっかりと突き詰めてやろうと思ってました。また、それを理解してくれる仲間にも恵まれていたと思います。

やがて、多数決で決まらない世界に興味

吉田 要介 弁護士

– たとえば、昔から学級委員などを務めていたわけですか。

いえ、学級委員にはなれなかったんですよ。勉強ができる優等生タイプではあったと思うんですが、運動ができて人気があるクラスメイトが学級委員になっていましたね。

優等生の中にもスポーツができる人がいますからね。

– そうなんですか。学級委員って、めんどくさいから皆で優等生に押しつけるものだと思ってましたが、そういう学校ではないのですね(笑)

いえ、中学校のときはそうでしたね。誰もやりがたがらないので、自分が立候補してました。
ただ、小学5年生の冬頃に新しくできたブラスバンド部では、どういうわけか部長に選ばれましたね。てっきり、女子が選ばれると思っていたんですが。

– そうして、リーダーとしての素養を、徐々に身につけていかれたわけですね。法律家だけでなく、政治家方面にも関心がおありですか。

今は弁護士の仕事が忙しいですが、高校生の頃だと、そういう気持ちもあったのだろうと思います。あの頃は「自分の主張は、皆に言えば、必ず理解してもらえる」と思っていたんですね。

– その確信は、どこから来たんですか。

期待感ですね。ただ、そう思っている人は、どうやら世の中で少数派らしいと気づいて(笑) だから、多数決だと負けてしまう。それで、多数決で決まらない世界に興味が出てきたんです。

– はぁぁ、ついに、点と点が繋がりました(笑) それで弁護士ですか。