犯罪被害者のために。非行少年のために。 / 今西 隆彦 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿まで小田急線で一本、特急ロマンスカーの一部を除いて、すべての電車が停まる相模大野駅は、いわば神奈川県の重要な玄関口のひとつであり、発展も著しい。
その街で開業し、犯罪被害者の保護や少年事件を中心に取り組む今西 隆彦 先生(今西法律事務所)にお話を伺った。
かつては検察官志望で「刑事弁護なんか、絶対やらない」と決心していた今西弁護士は、なぜ少年事件にハマりこんでしまったのだろうか。

犯罪被害者と弁護士の接し方

– 犯罪被害者の法律問題に、積極的に取り組まれているのは、何かきっかけがあったのですか。

わたしは昔、検事を目指していて、もともと犯罪被害者のために役に立ちたいという気持ちがあったんです。

それと、立法もやってみたかったんですね。検事の中には法務省に出向して、刑事関連法の法案を作成する人もいますので。

– おお、そちらも目指していたんですか!

ですが、司法試験に受かり、司法研修所に行っても、残念ながら推薦をもらえなかったんですよね。教官に二回試験も危ぶまれる出来の良くない生徒だったものですから……(笑)それで、弁護士になったという経緯があります。

でも、弁護士だって、代理人として犯罪被害者のために働けることを知って、「そうしよう」と思ったんです。

弁護士になってすぐ、横浜弁護士会(現 神奈川県弁護士会)犯罪被害者支援委員会に出席させてもらって、当時委員長をなさっていた武内 大徳 先生にお願いをしまして、しばらくして正式に入れていただきました。

– どういう種類の犯罪被害が、案件として多いのでしょうか。

性犯罪が多いです。被害者の方はやはり同性である女性弁護士を希望する方が多いようです。いったん男性弁護士に就いてもらっても「やっぱり女性でお願いします」という場合もあると聞いています。

ただ、私の場合は「代えてください」と言われたことは今までないんです。

– それはどうしてですか。

どうしてなんでしょうね。「今西先生は、中性的だからじゃないの?」って、ある人に言われたことがありますけど(笑)

– いえいえ、声やしゃべり方など、男性的な印象ですよ。犯罪被害者の案件で、弁護士さんは具体的にどういった取り組みを行うのですか。慰謝料などの請求ですか。

事件が被疑事実を認めている自白事件の場合ですと、まず被疑者段階、では示談対応が主になります。

被害者の方は代理人が就いていなければ、加害者の弁護人と直接連絡を取らなければならなりません。これが被害者の方にとって重荷になったりすることもあります。そもそも弁護人が提示してきている示談金額が、正しいかどうかもわからないこともあります。
そうした場合に代理人として、被害者の方のために、適正な示談が成立するように働くのが主な役割ではないかと思います。

起訴されて、公判の段階に入ると、「被害者参加をするのかどうか」で変わってきまして、被害者参加を行うならば、(検事の許可を得て、あるいは検事を通して)被害者から被告人や証人に質問をすることができますので、質問事項を考えたり、法廷に付き添ったりもします。

また、被害者は、裁判の最後に法廷で意見陳述を行うことができるのですが、そのときの意見陳述の内容を事前に打ち合わせをしながら一緒に考えたりします。

判決が出て、控訴されたなら、控訴審では被害者ができることは一審に比べて少ないのですが、控訴審でも同様に被害者をサポートします。

– 最初に犯罪被害者支援の案件を受け持ったとき、どんな気持ちでしたか。

じつはかなり不安でした。神奈川県は被害者支援に非常に熱心で、サポート体制が非常に充実していますが、はたして自分一人でできるだろうかと。

それでも、その後何件か事件を重ねていくうちに、被害者案件で重要なのは、最低限の知識を前提としつつも、「目の前のその人のために何ができるかを真摯に考え、実行に移すこと」、つまり、普通の事件と変わることがないのではないかと気が付いて、それからは余計な緊張もしなくなりました。

被害者案件を持つようになってから、刑事事件での示談の対応の仕方も少し変わってきました。
もちろん、弁護人ですから、被疑者、被告人のためにというのが第一になるのですが、とはいえ精一杯被害者のためにできることをするべきだという思いが加わったからだと思います。

– 犯罪被害者支援の案件で、特に心がけていらっしゃることはありますか。

普通に接するのを心がけている、という言い方はおかしいかもしれませんが、他の依頼者の方々と何も変わらない接し方をしています。

– 普通こそが良い、というわけですね。

はい、変に意識しないことが大切だと思っています。