鬱で苦しむ社会人に寄り添う、理数系&学究肌の法律家 / 高橋 淳 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

知的財産権に関する研究で博士号取得のため通学するなど、特許を中心に企業法務の現場で活躍する高橋 淳 先生(TH弁護士法人)にお話を伺った。
インタビューの開始直前まで、部屋でクライアントと弁護士が熱心に議論していたことが気になって、質問をさせていただいた。

文学から物理まで、全方位型の関心

– 高橋先生の事務所には、なぜ、続々と依頼人が集まるとお考えでしょうか。

その理由は想像するしかありませんが(笑) おそらく、他の人がやらないアドバイスをするからだと思います。
やはり「常識を疑う」という姿勢が大事です。今までのやり方は、本当にそのままでいいのか。もっと他にいい方法があるのではないかと、考えを積み重ねていくことですね。

– 単に優しさというだけではなく、理屈で突き詰めた結果の配慮なのでしょうか。

そうなのかはわかりませんが、常識や思い込みに引きずられないように、あらゆる可能性を考えて、あらゆる側面から合理的に物事を見ていくよう、心がけています。

複数の弁護士に相談した後に、私の事務所へ相談にやってくる方が多いようです。
うちの事務所は「安さ」では勝負していません。そのぶん、案件に全力で取り組んでいきます。

– インターネット経由の相談も多いのではありませんか。

そうですね。オンラインの法律相談に参加するようになってから、大幅に相談者が増えました。今までに多様な分野の業務経験があるので、いろいろと回答を書き込んでいるうちに、全国ランキングで上位に出まして、あまりにも相談者が多く集まるので有料化しました。

– かつては、どのようなお子さんでしたか。

山形県山形市の生まれでして、何か特定のものというより、いろんなことに興味を持っていました。

本を読むのが好きでした。何でも読みましたね。ミステリー小説を、シャーロック・ホームズ あるいはローマ帝国に関する本なんかも幅広く読んでいます。

ちなみに、弁護士になってからは哲学書を読むようになりましたね。正義とは何なのか、考えたりしたこともあります。

– 高橋弁護士にとって、正義とは何でしょうか。

それは未だにわかりませんね(笑)

– 小さい頃から、勉強もできたのでしょうね。

わりとそうですね。5科目、全教科で自信があったんですが、地元には大手の予備校がありませんでした。仙台まで行かなければ大きな予備校がない環境なので、通信教育を利用して独学をしていました。

– 東京大学の理科二類に進まれたのですね。

最初は文系クラスに進んでいたのですが、数学や物理をもっと勉強したいと思って、理系に変えたんです。文系だと数学とかは途中で終わっちゃうじゃないですか。微分積分とか。

– そうですね。文系だと微分方程式をやらなかったりしますし……。

化学が好きで、分子生物学、バイオテクノロジーにも興味がありましたね。アミノ酸は生命の元となる物質で、海の中の窒素分子や水素分子などが偶然結びついて地球上に発生したのですが、そのアミノ酸を実験室の中で作ることに成功した「ユーリー・ミラーの実験」などに興味を抱きました。

また、量子物理学も興味があり、スティーブン・ホーキング博士の本も好んで読みました。

また、東京大学を目指したのは、「外の世界」が見たくて東京に出ようと思い、どうせ東京に行くなら高い目標を据えたほうがいいだろうと思って目指しました。