法律相談に、明るさとわかりやすさを。 / 大達 一賢 弁護士

このエントリーをはてなブックマークに追加

速射砲のごとく弁が立つ 弁護士らしい弁護士。「そんなに早口でしゃべって、よく噛まないね」と、周囲に感心されるという。
依頼して味方に付いてもらえれば、交渉の場できっと頼もしい活躍をしてくださるのだろう…… インタビュー取材中にそのような想像を掻き立てられつつ、今回は、大達 一賢 先生(エジソン法律事務所代表)にお話を伺った。

弁護士への憧れは早かった。だが、学校の成績はよくなかった

– 弁護士になろうと思われたきっかけは何でしょうか。

小学校4年ぐらいの頃に「弁護士」という職業を聞いて、響きがかっこよくて気になっていたんでしょうね。母親に尋ねると「弱い人を助ける」と説明してくれたので、「正義のヒーローみたいなものかな」と自分なりに解釈していました。

– その頃から意識していらっしゃったのは、早いですね。

早いかもしれないですね。母親も「弁護士になるには司法試験に合格しなければならない」ということは知っていたようで、当時、司法試験が難しいという点も含めて説明してくれて、意識し始めました。

裁判に関するニュースやドラマでの法廷シーンなどをテレビで観ているうち、弁護士の仕事に対するイメージを、子どもの頃から漠然とながら抱くようになっていました。

のちに地元の進学校の中高一貫校に通い始めて、周囲は「医者になる」という人がかなり多かったのですが、私はぶれずに弁護士になることを視野に置いていて、公言もしていました。

でも、中学校に入ってから、すごく成績が悪くなってですね。

– 非常にレベルの高い学校だったのでしょうか。

レベルが高いというよりも、ぼく自身がほとんど勉強してなかったんですよ。勉強のやり方がわからなかったんです。学習塾にも通っていましたが、勉強をする場所というより、友達に会える遊び場という認識しかなかったです。

中学3年のときに、別の大手の塾に入り直しました。ぼくは男子校に通っていたので「入塾するとスキー合宿に行けて、女子と知り合えるらしい」と聞いて、釣られたんです(笑) 

そこで全国模試を受けました。いくら成績が良くないといっても、これでも進学校に通ってるんで、全国平均よりは上だろうと思っていました。 ただ、成績表が返ってきて、そこに偏差値「40」って書いてあったんですね。「あれっ、偏差値って何だっけ?」と思いまして(笑) 調べてみたら、どうやら偏差値50が平均らしいと。

そのときに初めて「俺って、ヤバいんだ」と思ったんですが、それでも全然勉強しなかったんですよね。

– どの段階で覚醒したんでしょうか。

高2の冬ですね。その前の夏休み、普段は勉強のことを何も注意しない父親に初めて叱られたんです。「そんなことで、大学受験を乗り切れるのか」「そもそもお前、大学に行かせてもらえると思ってるのか」と、2時間以上説教されました。

うちの学校は進学率がほぼ100%だったので、「えっ、大学に行かせてもらえないの?」とビックリしまして、そこから尻に火が付いたんですね。ただ、勉強のやり方が当初はサッパリわからず、徐々に「こういう感じかな」と掴みはじめたのが、高2の終わり頃です。

– どういうところから受験勉強に着手していったんですか。

英語の成績はそこまで悪くなかったものの、何となくでしか分かっていませんでした。でも、英語の文法を、論理で捉えることを意識しはじめたら、頭にスッと入ってきたんですね。「ああ、こういう基本構造になってるんだ」と理解できれば、応用が利いてくるじゃないですか。

また、その頃、塾の日本史の先生の教え方が、とても自分に相性が合ったこともあり、どんどん成績が伸びていきました。

ただ、大学に入ってから、司法試験の勉強もしなきゃいけないんですけども、大学受験の時の勉強方法がさっぱり通用しなかったこともあって、数え切れないぐらい予備校をサボりました。まるで中学生の頃に逆戻りした感じでしたね。最終的には何とか自分なりの勉強方法を見つけて合格しましたが、今でもまだ合格しない夢を見て目が覚めます(笑)

証券会社への出向経験が、今に活きている

大達 一賢 弁護士

– 弁護士になられて、最初に勤め始めた法律事務所も、一般民事を取り扱っていたわけですか。

いえ、いわゆる渉外法律事務所です。

– 最初はまず、渉外事務所に入って修行しようと思われたのはなぜですか。

なぜというよりも、司法修習中に、2ちゃんねるの掲示板を見ていたら、早々と新人の募集や説明会を始めている法律事務所の名前がズラッと書いてあったんですね。

都内で早い段階で説明会を始めるのは、ほとんどが大手の渉外事務所なんですが、ぼくは法学部出身でもないので、受験仲間というものがおらず、大学卒業後に実家で孤独に司法試験の勉強をしていましたし、法科大学院には入ったものの、途中で旧司法試験に合格して抜けたわけなので、そういう就職先に関する基本的な情報源が不足した環境にいたんです。そんな中で唯一の情報源が2ちゃんねるだったんです(笑)

渉外事務所をまわっていると、説明会のあとに夕飯を食べさせてくれるので、夕飯目当ても含め、10事務所ぐらい訪問したんですね(笑) 「弁護士が何百人もいる事務所って、すごいな」「どこかが内定くれないかな」ぐらいの感覚で就職活動をしていて、「そもそも渉外事務所とは何ぞや」ということをあまり意識していなかったんです。

最初、渉外の仕事があまりにも思っていた弁護士業務と違ったので、2週間ぐらいで辞めようかと思ったこともありましたが、結局は3年半ぐらい在席しました。

– 業務はどのようなものだったんですか?

新人の頃は契約書チェックやリサーチばかりで、抱いていた弁護士=法廷のイメージとは縁遠かったんですね。

– そういった渉外事務所の仕事が、性に合わないと感じていたわけですね。

性に合わないというか、「自分はこんな仕事がやりたかったのかな?」と自問自答したりしていました。でも、その後契約書チェックやリサーチもとても大切な仕事だと自覚するようになりましたし、その後、事務所からは1年間ぐらい証券会社に出向させていただいたりしたので、とてもいい経験をさせてもらったと思っています。

証券会社では、投資銀行部の法律相談窓口のようなことをしていました。そこでは本当に現場のリアルな相談が来るんです。証券会社のある若手社員が「単元未満株の買い取り」について相談しに来たので、会社法の条文を紹介して弁護士らしく回答したんですが、その社員が「これって、端株を買い取るときに手数料を差し引いてはダメなんですか?」と、さらに聞いてくるんですね。

– もはや、法律相談といえるかどうか微妙ですね。

たしかにすごく細かい話なんだけど、現場の最前線で働いている人が求めている答えって、抽象的なものではないんです。

それより「今、何をしなければならないか。目指すゴールの前に立ちはだかる障害は何か、その障害を避けるにはどうするのか」という、実際の行動や実践に即したアドバイスなんです。 リーガルマインドに基づく見解を、どのようにして現実的な行為に落とし込んでアドバイスをするか。

ですから、証券会社にいた当時の経験は、今、個人の依頼者の方々からの離婚や相続などの一般民事事件の相談を受けているときにも活きていますね。業種はだいぶ違うんですけど。

弁護士だけでなく、士業全体が「社会生活上の医師」

– 渉外事務所に3年以上勤めて、独立なさったのですか。

いえ、新宿にある一般民事事務所に移籍しました。渉外事務所は高給ですが、そのぶん仕事に縛られている感覚がありまして、もっと自由に仕事をしたかったので、ノキ弁(事務所に在籍するが給料はもらわず、自主営業で仕事を取る弁護士)として活動することにしたのです。

ただ、ノキとはいえ、長老のベテラン弁護士が、最初のうちは仕事をまわしてくれて、それでしばらく報酬を確保できていたんです。

他の先輩弁護士も仕事をまわしてくれるのかな?と期待して、事務所の椅子に座って待っていたんですけれども、全然なくてですね(笑) 収入がほとんどない月もあって、さすがに危機感が募ってきました。今にして思えば、よく生きてこられたなと。

– どうやってピンチを切り抜けたのでしょうか。

最初はいろんな異業種交流会や飲み会に、頻繁に顔を出すようになったんです。それで、知人が増えていき、徐々に相談が増えてきました。
あるとき、若手弁護士と飲んでいて「どうやって仕事を取ってくるんですか?」と聞かれたんですね。改めてよくよく考えてみると、FacebookなどのSNS経由が多いなと気づいたんです。

つまり、見ず知らずの人から直接、相談が来るというより、すでにSNSで交流のある友人や知人から「俺の友達が困ってるみたいなんだけど、相談に乗ってもらえないかな」と連絡が入ることのほうが多かったんですね。

ただ、独立して以降は、自分の知人関係を経由してまわってくる法律相談や依頼ばかりに依存しすぎた場合、自分が病気とかで倒れたときのリスクが大きいのではないかとも考えるようになりました。それで、広告を出したり、メディア露出を増やしたりするなど、いろんな取り組みを行っています。

– 大達先生の専門ジャンルや注力分野は何かありますか。

よく聞かれるんですけど、正直に言うと無いんです。
ただ、一般の方に「専門は無いんです」と言うと誤解を招いてしまうと思うんです。

あえて専門を言うならば、ぼくらは「裁判の専門家」です。なので、裁判になったときに勝てるかどうかが問われるわけです。
医師でいえば、弁護士は外科医みたいなものです。裁判がオペみたいなものです。ただ、外科医にも、胃や肺など部位によって得意分野があると思います。また、オペを受けずに済むようにどうするのか、と方策を練ることもできます。それが予防法務だと思います。
他の診療科でたとえれば、眼科が司法書士で、皮膚科が行政書士といえるかもしれない。士業全体がドクターみたいなものだといえるかもしれないのです。

なので、一般の方に対して「専門性がない」と告げるときには、今のようなたとえ話も添えて説明するようにしています。

– なるほど。

ただ、弁護士の中でも、法律相談でいただいた話を「交通整理」することは得意と自負しています。相談の核心を掴んで客観的に整理して、具体的なアドバイスを提示することで、満足して帰られる相談者は多いです。

うちのホームページには「法律相談に、明るさとわかりやすさを」との標語を載せています。やはり、法律相談には深刻な顔でいらっしゃる方が多いので、少しでも心が軽くなり、表情が晴れるアドバイスを心がけています。具体的に何をすれば良いのか、そのことによって今の状況がどう改善するのかを見える化して、満足度の高い法律相談を実現させたいとの思いの反映でもあります。

同じ事件は2つとしてありませんので、相談を頂く案件については、つねに初心者というつもりで向き合っています。

あなたの悩みを話すのに、弁護士は最適な相手

大達 一賢 弁護士

– わかりやすい法律相談の実現のために、心がけていらっしゃることはありますか。

法律相談で、われわれが口頭で説明して、相談者が「わかりました!」という感じで帰って行かれるのですが、法律問題に関する相談ですから、いくらわかりやすい言葉で説明したとしても、難しい部分は拭いきれないわけですよ。

そこで、小難しい話になってしまうと自覚した場合、また相談者がメモをとるのに必死になっているような場合には、説明の要点を相談後に改めてメールでお送りする、という取り組みを行っています。

相談者とメールで内容を共有できれば、「言った」「言わない」というトラブルも未然に防ぐことができるので、文書で説明を追加することは心がけています。

– これから、どのように弁護士として活動していこうというビジョンはありますか。

事務所の弁護士を増やしたいという思いはあります。

– どのような弁護士に、仲間に加わってほしいですか。

端的に言えば、考える力を持っている人に加わってほしいと思っています。

現在のスタッフと雰囲気で合う合わないがあると思いますし、弁護士は考えることのマイスターであり、正解がない法律問題において、ベストは見いだせなくとも、今ある解決策よりも少しでもベターな解決策はないかを常に模索していくことが求められます。

そのためには、やはり考え続けるスタミナと、解決策を裏付ける合理的な根拠を導き出せる力が必要だと思います。

– その姿勢は、大達先生ご自身の、弁護士として目指すべき理想でもあるのでしょうか。

そうですね。

– 最後に、今まさに法律トラブルを抱えているけれども、弁護士さんに相談するのを躊躇している方に対して、メッセージがありましたらお願いします。

法律事務所は決して怖いところではありません(笑)。気軽に相談に来てほしいです。仮に、その場で即効性のある助言を得られなくても、人に話すことで見えてくることがたくさんあると思うのです。

悩みを話す相手として、弁護士は適した相手だと思います。守秘義務もありますし、有用なアドバイスを行える立場にもあるからです。法律相談に明るさとわかりやすさを加えるべく、まずはお気軽にお越しください。あなたからのご連絡をお待ちしています。


エジソン法律事務所

4階に事務所があるビルの1階入口脇に、法律相談の案内看板を設置するなど、エジソン法律事務所は間口を広げて、気兼ねなく相談に訪れられる雰囲気をつくろうと努めてい。

インタビュー取材を通じて、大達弁護士は、法律論に拘泥せず、あらゆる方面から戦略を考えて可能性を模索し、果敢に戦ってくれる「頼れる弁護士」であるとの印象を受けた。

なお、事務所名「エジソン」は、大達弁護士の愛犬の名前から付けられたという。

大達 一賢 弁護士

大達 一賢 弁護士
エジソン法律事務所

第一東京弁護士会
都心綜合法律事務所 パートナー就任
エジソン法律事務所 設立

大達 一賢 弁護士の詳細はこちら