「らしくない弁護士」を求める人々の存在が嬉しい。 / 田畑 麗菜 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県の交通の要所、JR武蔵浦和駅、その脇を南北に走る国道17号線沿いに、レンジャー五領田法律事務所がある。今回は田畑 麗奈 先生にお話を伺った。
「写真は、撮るのも撮られるのも大好き」だという田畑弁護士の提案により、事務所近くに架かる小さな橋の上にて即席撮影会が開催されるなど、少々不思議なインタビュー取材となった。

理不尽さを跳ね返す力が欲しかった

– 弁護士を目指そうとしたきっかけって、何かあるんですか。

家族や親戚などで、身近に法律家がいたわけでは決してなくて、中央大学の法学部に進学したので、中央大学法学部といえば将来は法律家かな、というイメージがありますよね。

– 伝統的にそうですね。

だけど、どちらかというと、ミュージカル女優になりたくてですね。

– ミュージカル…… もう少し詳しくお願いします。

高校の頃には、ミュージカル部に入っていまして、女子校だったので宝塚みたいな感じで演じていました。大学でも4年間、ミュージカルばっかりやっていたんですよ。授業に出てる暇なんかない、みたいな(笑)

– (笑)とはいっても、高校から、中央大学の法学部へ自動的に上がれるわけじゃないですよね。

推薦だったんですよ。あくまでもミュージカルは趣味で、それで食べていこうとは思っていないし、将来は弁護士とか法律家になるのだろうと、漠然と思っていました。

– 正直、弁護士っぽい雰囲気ではないですよね。劇団でも、たぶん裏方ではないんだろうなという感じですね。

大学1年のとき、ミュージカルで主役に抜擢されまして、嬉しかったんですけど、ただ、弁護士を目指そうとして入っていたゼミを、辞めさせられたんですよ。

とにかく、ミュージカルの練習が優先だから、「炎の塔」(中央大学で資格試験の受験を目指す学生の自習施設)にも、入っちゃダメ!みたいな。

– それって、趣味で済んでないですよね。

とにかくミュージカル漬けの4年間でしたけど、後悔はしてません。

– そこから司法試験という流れだったのでしょうが、どういう弁護士になろうという意識はありましたか。

具体的なものはなかったんですけど、昔から、曲がったことが大嫌いだったんですよね。社会に出ると、理不尽だなと思うことをされても、呑み込まなきゃいけないことがあると思うんですね。

でも、それがどうしても嫌で、理不尽だなと思ったときに「やめてください」と言って、跳ね返す力が欲しかったんです。

– 主張するだけでなくて、法律で裏付けられた力が欲しかったわけですね。

そうですね。自分だけでなくて、家族や友人が理不尽な目に遭っても嫌ですよ。そういう人たちを守れるようにできたらいいなあと、ふわっと思って(笑)

– なにか理不尽な目に遭った経験があるわけですか。

学生のとき、バイトでサービス残業をさせられたことがあって、タイムカードを切った後に1時間ぐらいかかる清掃をさせられて、「それが決まりだから」と言われても、おかしいなと思っていたこともありますね。

– さらに子どもの頃はどうですか。小学生の頃とか。

小学生の頃は、理不尽といっても知れてるというか、男子にちょっかい出されても、「やめてよ~」と言えば丸く収まったりしますので、やっぱり大人になってからの理不尽のほうが厳しいですよね。

– ミュージカル劇団の中でも、理不尽で腹の立つこと、ありましたか。

いやあ、大学3年のときに副団長になったんですけど、団長がしっかりした人だったので、私はふわっとした副団長でした。みんなを和ませる役割ってわけじゃないですけど。

– バランスが取れてたわけですね。しっかりした団長と、ふわっと副団長で。

私は、キッチリとみんなをまとめる力はないんですけど、それをサポートをするほうが性に合っているかなと思っています。

本当に、弁護士になる前は何も考えてなかったので、弁護士らしい、かっこいい思い出を何も言えないんですよ。楽しいことだけできたらいいな、と思っていただけなので。