弁護士は、あらゆる悩みを受け止める職業です。 / 安田 まり子 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

新大久保の周辺が「韓流」の雰囲気に包まれる前から、新宿区百人町に事務所を構え、おもに家事事件や女性の権利問題をめぐる事件に注力する安田 まり子 先生(安田まり子法律会計事務所代表)にお話を伺った。
あらゆる変化を柔軟に受け入れ、しなやかな強靱さを伴う雰囲気をお持ちの弁護士である。この日、初めてお目にかかったにもかかわらず、いつの間にか初対面であることをすっかり忘れてしまった。

父の思いか刑事ドラマの影響か-法律家への道

安田 まり子 弁護士

– このインタビューの場には、同じ事務所にお勤めの土田清子先生が一緒にいらっしゃいますが、安田まり子先生に対するイメージについて率直に教えてください。ご本人の前で話しづらいかもしれませんが。

土田清子先生

「初めてお目にかかったとき、とても柔らかい雰囲気の方だなと思いました。優しいけれど、言うべきところはビシッと言うようなところがかっこいいと。決して大きな声を出すわけではないんですけどね。

日弁連の委員会でも、全体の流れを作っていけるところが尊敬できて、素晴らしいと思います。」

– 有難うございます。安田先生は、弁護士に加えて税理士の資格もお持ちなのですね。

(安田まり子先生 以下同じ)

弁護士の資格を取ると、国税庁に通知するだけで業務を行える「通知税理士」という制度があります。ですが、私は税理士会に正式に登録をしました。父が税理士事務所を経営していて、いずれ父の業務も引き継ぐことを考えてのことでしたが、父は85才を過ぎた今でも現役です。

– たとえば、相続に関するトラブルがあって、しかも相続税の申告も必要という場合には、こちらの安田まり子法律会計事務所で、ワンストップで扱っていただけるということですね。

はい、そういうことになります。

– 弁護士を目指したきっかけについて教えていただけますか。

それが、私の場合は、はっきりした記憶はないのですが、小学校の頃から「弁護士になる」ということを周囲に言っていたらしいのです。

父は税務署の職員だったのですが、法律の勉強をしたくて、働きながら大学を受験して、法学部の夜間部に入学したものの、身体を壊してしまい、心ならずも法律学科から政治学科に転科した、という話を聞いていたので、子ども心に法律というものがよほど素晴らしいものに思えたのか……。

あるいは、刑事ドラマの影響かもしれません。子どもの頃から刑事ドラマが好きで、私服刑事に憧れていたんですね(笑)

– (笑)私服限定なんですか。

制服警官に混じって、私服の刑事が活躍するのがカッコよく見えたんだと思います。でも、誰かに「女性は私服刑事にはなれない」と言われて。今では、刑事ドラマでも女性刑事があたりまえのように活躍していますけれども、当時は警察も男性社会だったんでしょうね。それで、刑事の他に、女性でも刑事事件に関われる職業としては、弁護士しか思いつかなかったんです。

私が通っていた中学校、高校は、英語教育に力を入れている学校でしたので、英語学科などに進学する人が多かったのですが、幸い、私は英語が苦手だったので、その道に進むことを考える必要がなかった、ということで、自分の中では自然な流れで法学部に進学することになりました。

他にも、女性が一人で生きて行くには資格を取るしかない、と思っていたこともあります。

でも、弁護士になったきっかけを尋ねられたときは、いつも、「女性は私服刑事になれなかったから」と答えることにしています。(笑)

– 法律は難しいというイメージが先行しがちですが、その点はどうでしたか。

いえ、英語に比べたら、全然難しいとは思いませんでした(笑)
中学・高校と通っていたのがキリスト教系の学校だったので、「神の下では、みな平等である」とか「一人ひとりが神に愛され、尊重される」と教えられてきました。私はクリスチャンではないので「神」の部分に重きを置かずに、平等とか個人の尊厳とかの考え方が、自然に身についていたのかもしれません。

憲法の大原則は、法の下の平等と個人の尊厳ですから。

– その点で、すんなりと受け入れられたのですね。

基本的な考え方に違和感がなかったので、その意味で、法律学をそんなに難しいとは思わなかったのかもしれません。