相談にいらした時点で、解決へ近づいています。 / 土田 清子 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

以前に勤務していた弁護士が、結婚をきっかけに他県へ登録替えとなり、突然の退所。パートナーを失い、意気消沈する安田まり子先生の前に現れたのは、子供が大好きな新進気鋭の若手弁護士だった。
安田まり子法律会計事務所で、代表から絶大なる信頼を寄せられている土田 清子 先生にお話を伺った。法律を盾に女性の権利を守る、頼もしい女性弁護士である。

最初に憧れた職業は、獣医と、家庭裁判所の調査官

土田 清子 弁護士

– 土田清子先生の印象は、事務所の代表でいらっしゃる安田まり子先生からご覧になって、いかがでしょうか。

安田まり子先生

面と向かって申し上げるのも照れくさいですが、日々成長していると思います(笑)

この事務所の勤務弁護士を募集しているときに、何人か応募があったのですが、他の弁護士は、自分のキャリアをどのように高めるか、といった内容を書類に書いてあるのがほとんどなのに対して、依頼者の視点に立ったことを書いてあったのが土田先生だけだったというのが、まず最初の印象です。

当たり前のことのはずなのですが、他の弁護士は依頼者のことについてほとんど言及していなかったのが気になって、結局、土田先生としか面接をしなかったんです。

それと、赤ちゃんが好きな弁護士ですね。矯風会という組織に、赤ちゃんがたくさんいる施設があるのですが、どんな赤ちゃんでも「可愛い、可愛い」って言い続けてだっこしたり、あやしたりしています。
誰に対しても分け隔てのない接し方は、凄いなと思います。

– 有難うございます。では、そんな土田先生にインタビューをさせていただきますが、ご出身は東京ですか。

(土田清子先生 以下同じ)

生まれは東京ですが、父が転勤族で子どもの頃は千葉や盛岡、大阪などに2年ごとに転居していました。だから、出身と聞かれるとどこを言って良いのかいつも迷ってしまいます(笑)。

– 引っ越しばかりで辛かったんじゃないですか。

いえ、新しい環境でも結構なじめるタイプでした。まだ年齢が小さかったのもあるかもしれませんが、大阪から東京に戻ってきたときも、関西弁が自然にスッと抜けたりして、苦労したり辛かったという思い出はありません。

– 当時は、何をするのが好きなお子さんでしたか。結構活発なほうでした?

外で遊ぶことも好きでしたが、小説や漫画など本を読むのも好きでした。

– 漫画というと、少女漫画とかが多かったんですか。

少女漫画もそうですが、父や兄が読むような青年漫画や少年漫画も読んでいました。その当時連載していた『家栽の人』(毛利甚八原作/魚戸おさむ作画/小学館刊)が好きで読んでいて、裁判官や家庭裁判所の調査官、それと弁護士という職業もあるのだなと、小学生の頃から何となく知っていました。

– もう、その頃から弁護士の仕事への憧れは、漠然とながらあったのでしょうか。作中では、印象的な弁護士もいろいろと登場しますけれども。

そのときは、特に弁護士になりたいというわけではなく、むしろ家庭裁判所の調査官の方に興味を持ちました。毛利先生が子供により添って気持ちを探っていく調査官の仕事を非常に魅力的に描かれていたので。

ただ、そこまで強い気持ちがあったわけではなくて、むしろ動物が好きだったので、中学生の時は、獣医になりたいなと思っていました。

– どんな動物が好きなんですか。

犬や猫、ハムスターなどの小動物系が好きなので、小動物系の獣医になりたいと思っていました。ですが、高校に入り数学が苦手なことが分かったので、どうやら獣医は難しそうだ、ということになりまして(笑)。それで以前家庭裁判所の調査官に興味を持っていたことを思い出して、調査官になるには法学部などに入っておいた方がいいだろうと思い、法学部に入学しました。

ただ、法学部に入り、勉強していくうちに家庭裁判所の調査官だけでなく、弁護士も少年事件や離婚事件で、子供の気持ちに深く関われる仕事だと知りました。弁護士が、依頼人や子どものために最善を尽くす立場で仕事が出来ることが分かり、大学2年のときに、弁護士になろうと決めました。

また、世の中には、子どもに限らず、自分の思っていることや考えていることを上手く表現出来ない人が多くいます。私も幼い頃、それほど自分の気持ちを上手く表現できる子どもではなかったので、そういった人達の気持ちを代弁していきたいという気持ちがありました。また、強く主張するだけの弁護士だけでなく、傷ついている子どもや女性の話しをじっくり聞いて代弁できるソフトなタイプの弁護士がいても良いのではないかと思ったことも弁護士になると決めた理由の1つです。

– 法律の勉強は難しくありませんでしたか。

高校時代、学生生活はとても楽しかったのですが、勉強面で言うと進学校に進学したものの、社会や英語、数学が苦手で、どこから手を付けていいのかわからず、勉強したい気持ちはあるのに手をつけられないというもやもやした気持ちがずっとありました。ですから大学に入ってからは気持ちをリセットして一から勉強することができ、学ぶ楽しさを思い出すことが出来ました。また、法律は、高校時代までの勉強と違っていろいろな解釈があり、答えが一つではない学問なので楽しかったですね。

– じつは社会科が苦手だったんですか、かつて。

そうなんです(笑)