知財、環境を中心とした企業への法的サポートの提供を目指す / 町野 静 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

慶應大学法学部、慶応大学法科大学院を経て、2007年に北浜法律事務所(東京事務所)へ入所。7年のアソシエイトを経て、デューク大学ロースクールに留学。ロースクールでは環境法やADRなどの紛争解決関連の科目を履修し、LL.M.を取得した。ロースクール卒業後は日本の自動車会社などが多く集まるシカゴで、日本企業の米国進出支援や在米日系企業のリーガルアドバイザーなど中心に手掛ける、増田・舟井・アイファート&ミッチェル法律事務所にて研修を行い、その後2016年11月に弁護士法人イノベンティアに参画した町野 静 弁護士にお話しを伺った。

憧れの弁護士を目指して

町野 静 弁護士

– 弁護士に進もうと思った経緯について教えて頂けますか。

よく両親から、長く仕事を続けるなら手に職(資格)はつけた方がいいよと言われていました。特に母は結婚前までは働いていましたが、家庭との両立で仕事を諦めざるを得なかったという経験をしていましたので、手に職をつけることを考えようと漠然と思っていました。また、親戚中に会社勤めをしている人がほとんどおらず、自分が会社員として働くことのイメージが持てなかったのも理由かもしれません。手に職というといってもいくつも選択肢があり、高校時代は栄養士になることも考えましたが、完全な文系人間であったことと、弁護士というと憧れの職業でもあったので、弁護士を目指そうと思って、大学は法学部に進学することにしました

– ということで、弁護士を目指して慶應の法学部へ。

そうは言いながらも、大学に入学して最初から司法試験の勉強を注力してやっていたわけではなくて、サークル活動をしたり、バイトをしたりとごく普通の楽しい大学生活を送っていました。そして在学中に旧司法試験を受けてみたんです。受けてみたら、とても難しくて、これはとても自分には無理だなと思いました。この試験に合格するにはあと10年位必要だな!と思いました(笑)

– ちょうどその頃に法科大学院制度がスタートしましたよね。

実は、法科大学院1期生なんです。旧司法試験の難しさにびっくりして、この先どうしようかなと、就職活動でもしようかと考えていたら、法科大学院制度がスタートするということになったんです。これまでの旧司法試験と比べて合格率も上がるということで、たまたま法科大学院を受けましたら運よく受かりまして。新司法試験の合格率って、実は1期生が一番高いんですよ。確か50%程度あったと思います。そういうラッキーも重なって、私は今ここにいます(笑)

本当は別の法律事務所へ行くはずだった

– 偶然が重なって北浜法律事務所へ行かれたと伺いました。

実は小さな知的財産系の法律事務所に内定が出ていて、そちらにお世話になる予定だったんですが、急遽先生が体調を崩されて、他の事務所を探さなければいけなくなり、偶々その時募集をしていた法律事務所の一つが北浜法律事務所だったんです。とても忙しくて弁護士が足りないということで募集をしていたんです。それでお話しをうかがったり、自分で調べたりしてみると、北浜法律事務所は大手の法律事務所で、色んな分野を取り扱っているので、入所すれば、いろんな分野の経験ができて、若いうちに経験を積ませて頂けるということでお世話になることにしました。

– どのような新人時代でしたか。

北浜法律事務所の方針が、ジュニアアソシエイトには色々な事件を経験させるという方針だったので、私も多様な案件を取り扱いました。事務所として取り扱いの多かった訴訟や示談交渉、M&A、倒産事件はもちろんですが、離婚や相続といった一般民事の王道のような事件も経験しました。また、1年目の弁護士であっても自分が主任として方針を決めて進めることを求められましたので、自分で考えて筋道を立てるという部分はかなり鍛えられたと思います。
また北浜法律事務所は責任パートナー制ではないので、特定のパートナーにつくのではなくて、色々なパートナーについて仕事を一緒にしました。それによって、色々なパートナーの仕事の進め方や戦略の立て方などを間近で見ることができたので、とても得るものが多かったです。あの先生のここはすごいから私もこうしようとかという経験をいっぱいさせて頂きましたね。