夫婦カウンセラー資格も取得し、円満な離婚を実現 / 中間 隼人 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜を代表する人気エリアである「みなとみらい」、JR・市営地下鉄の桜木町駅から至近にある、なかま法律事務所の代表、中間 隼人 先生にお話を伺った。

独立志向は、脱サラ開業した父親の影響

– 子どもの頃は、どういったお子さんでしたか。

本をよく読んでいましたね。父親は、本なら何でも買ってくれる人だったんです。漫画も含めて買ってくれました。だから、どんな本でも読んでいましたね。

でも、運動も好きでした。小学校と中学校はサッカーをやって、高校はテニスだったんですが、もちろん将来スポーツで食べていこうとか、そういうわけでもなかったんです。

– 子どもの頃から、弁護士になろうと考えていたわけですか。

そうではなかったのですが、資格を取って働きたいとは、かなり早い時期から考えていました。

中学生の頃に、父が脱サラをして飲食店を始めたんですね。父は、会社を辞めた後のほうが生き生きとして楽しそうだったので(笑) それで、サラリーマンとして就職するという将来に対して、かなり消極的だったと思います。

自分の中でも、他人から指示されたことを聞きながら働くのは、どうやら向いていないんじゃなかろうかと思っていたので、資格を取って、自由業で独立できて、という方向で考えていました。

– だとすると、何が何でも弁護士だ、という感じではなかったわけですね。

そうですね。法学部に入った後に、「どうせだったら、一番難しい資格を取ってみよう」と考えたのが、この道に入った始まりだったと思います。

弁護士登録3年目での独立


– 弁護士の資格を取ったときに、「こういう弁護士になろう」と意識したことはありますか。

やはり、何かとサービス意識の低い業界だとは聞いていたので(笑) わかりやすさと親しみやすさのある弁護士になろうと思っていました。

– 昔から、周囲の人々に話しかけられやすいタイプのお子さんだったんでしょうか。

「落ち着いてるね」とは言われていました。そんなに自己主張するタイプでもありませんでしたし。

– 最初から、地元の横浜で開業しようとは決めてらっしゃったんですか。

そうですね。地元が近くにあるのに、東京で開業することもないだろうと思っていました。東京の法律事務所には1年間勤めていて、ほとんど何でも任せてもらえる事務所だったので、ほとんど手探り状態で、最初は苦労しました。

その後に大和市(神奈川県)の事務所に勤務して、3年目には独立しました。

– だいぶ早い段階での独立ではありませんか。

せっかく弁護士なんだし、独立しようと。他の弁護士が経営する事務所に勤務し続けることには、魅力を感じませんでした。

– 独立を始めて、経営が軌道に乗るまで、怖さや難しさなどを感じたことはなかったですか。

独立前の半年間は、個人受任である程度の売り上げがありました。これをベースに独立した後の諸経費のシミュレーションをしたところ、生活ができなくなることはないだろうくらいの見通しは立ちましたので、大きな不安はありませんでした。

– 異業種交流会などに参加したり、営業は行いましたか。

いえ、そういった対面での営業はせずに進めていきました。
離婚や男女問題は人に知られたくない心理もあって、まずインターネットで弁護士を検索する人が多く、Webからのお問い合わせを非常に多くいただいております。

ホームページやポータルサイト、地域紙や郵便局の広告など、広告に関してはアナログやデジタルを問わず、一通り試しました。その中から、費用対効果をちゃんと検証できるものに絞って継続しています。

– 依頼者とのコミュニケーションを重視なさっているそうですが、法律相談などの場で、話しやすい雰囲気を作るために、何か心がけていらっしゃることはありますか。

まずは、こちらがしゃべりすぎないように気をつけようとは心がけています。

– ついつい、しゃべりすぎちゃうことがあるわけですか(笑)

そんなことはないんですが(笑) 法律相談では、弁護士の側から法律知識とか手続きのことなどを説明しなければならないという意識が先行しがちなので、「まずは聞く」という態度を心がけています。

– 相談者も、それまでいろんな弁護士さんに相談を持ちかけて、最終的に中間先生に依頼されることもあるわけですね。

そうですね。おかげさまで「わかりやすい」とか「頼りになりそう」とおっしゃってくださる方もいます。一体どこを見て、そうおっしゃってくださるか、自分ではよくわかんないんですけど(笑)

– 弁護士さんですからね。話しやすいだけでは物足りないですよね。

弁護士らしくない弁護士でいようとは思います。いい意味で(笑)

– たしかに、こちらとしてもインタビューしやすい雰囲気が漂ってきて、有り難いです。

法律相談って、怖いイメージがあるようなんですね。「変なこと言ったら、怒られるんじゃないか」とか。そういうことはないので、安心して来ていただきたいです。