知財、渉外、国際仲裁でクオリティの高いリーガルサービスを / 松下 外 弁護士

このエントリーをはてなブックマークに追加

松下 外 弁護士は、東京生まれで、幼少期をニューヨーク、中学高校時代をカナダのトロントで過した帰国子女。トロント現地の学校を卒業後、東京工業大学工学部情報工学科に進学し、人工知能(機械学習)の研究に従事。東京大学法科大学院(未修者コース)、司法修習を経た後に、2010年北浜法律事務所に入所。4年間の執務の後は、シンガポール最大級のAllen & Gledhill 法律事務所に出向し、国際仲裁チームで、訴訟や国際仲裁の経験を1年間積んだ。その後ニューヨーク大学ロースクールで国際争訟・国際仲裁専門のLLMを修了し、ニューヨークのHughes, Hubbard & Reed法律事務所での研修を経て、2017年1月より弁護士法人イノベンティアに参画。若いながらも多彩なバックグラウンドを活かし、知財および国際仲裁の最前線で活躍する松下外弁護士のお話しを伺った。

自身のアイデンティティを考えたカナダでの生活

– 海外での生活が長いのですね。

父の仕事の関係で、1歳から5歳までをニューヨークで過しました。その後、日本に戻りましたが、父の転勤に伴い、日本で言えば、中学2年生から高校卒業までをカナダのトロントで過しました。直近3年では、シンガポールに1年、ニューヨークにも約1年半住んでいましたので、人生の約3分の1を海外で過ごしていることになりますね。

– 海外で生活する上で、英語の問題はなかったのですか。

中学・高校時代は大分苦労しましたね。ニューヨーク時代の記憶はほとんどありませんでしたので、最初の1年間はただ、ひたすらに先生が黒板に書いたことを書き写すという状況でした。数年経って漸くコミュニケーションに問題がないレベルにはなりました。

– 外国では差別はありませんでしたか。

個人的には特に感じなかったですね。そもそも、カナダは移民の国でアジア系の生徒もたくさんいましたし。

– 日本の大学に進学されていますが、外国の大学は考えなかったのですか。

勿論考えました。ただ、思春期を5年過ごしたといえども、自分のアイデンティティは日本にあると思いましたので、一度戻ったほうがよいと考えていました。私の通っていた現地のセカンダリー・スクールには、日本人学生は私と私の家族しかいなかったのですが、そうすると、あたかも、日本代表のように取り扱われて、日本の歴史や文化について友人から質問を受けることも珍しくありませんでした。読書は好きでしたので、歴史小説等も読んでいたことから、ある程度は答えることができましたが、言葉に詰まる場面も皆無ではなく、自分は日本のことを良く知らないな、と思うことも少なくありませんでした。

当時、将来的な活動のフィールドは日本でも、それ以外の国のどちらでもよいとは思っていましたが、とりあえず、大学は日本に戻って勉強して、日本の社会というものはどういうものか、ということを身を以って体験したいと考えていました。

人工知能の研究に勤んだ東工大時代

松下 外 弁護士

– それで、東工大に進まれたのですね。なぜ理系の大学に?

今もおそらくだと思うのですが、当時は、高校レベルであれば、日本の理系教育の水準はカナダと比較してかなり高かったと思います。そうすると、英語ができなくても、数学や物理はかなりできるので、一目置かれるんですね。そのため、理系科目は好きでした(笑)また、理系に進むか文系に進むかを考えたときに、文系の勉強は最悪自分でもできなくはないが、理系の勉強は自分一人では難しいだろうとも考えていました。

– 情報工学科を選ばれたのは何故ですか。

トロントの現地校では、プログラミングの授業をとっていたこともあり、元々コンピュータには興味がありました。また、当時は、これからはコンピュータの時代が来る、と言われていましたので、コンピュータを専門的に学んでおけば、どのような道に進むとしても、つぶしが利くだろうなとも思っていました。

– 東工大では何を研究されていたのですか。

人工知能(機械学習)の研究をしていました。ざっくりというと、どうやって機械にモノを教えるか、ということです。現在は、Alpha Go等で用いられている深層学習(ディープラーニング)が人気ですが、私が学生をしていた当時は、そこまで着目されていた手法ではなく、私は、数理的統計的なアプローチを用いて、どのようにして、データの中から特徴的な要素を抽出することができるか、ということを研究していました。

情報工学部で最先端の研究から法科大学院へ

– 東工大卒業と同時に東大の法科大学院へ進学されたんですね。

人工知能の研究自体は、非常に面白かったですね。ただ、理系の研究室は、学生レベルでは、アルゴリズムを組んで、プログラミングをして、計算機を回して実験データをチェックして…の繰り返しで、研究室に篭りがちとなる傾向にありましたので、将来的には、もう少し、社会と接点を持つ方向で仕事をしていきたいと、漠然と思っていました。

そうしたところ、当時は、ちょうど法科大学院制度の黎明期でしたので、理系出身者を含む、法学以外のバックグランドを持った法曹の需要が盛んに説かれていましたし、また、職務発明に関する青色発光ダイオード訴訟が、メディアで大々的に報道されていました。こういう報道に接していると、法曹の仕事もやりがいがあって面白そうだな、と思い法科大学院に進学しようと考えました。今でこそ色々と問題が指摘されている法科大学院制度ですが、この制度がなければ弁護士になろうと決意しなかったと思いますので、そういう意味では感謝しています。

– 理系から文系への180度の方向転換ですね。勉強は大変ではなかったのですか。

東大の法科大学院に入学するまでは、法律書を一度も開いたことがない完全な未修者でしたので、非常に苦労しました。民法の最初の授業で、教授が債務不履行と不法行為の違いは何か、ということを説明されたのですが、そもそも、債務不履行と不法行為という概念があること自体、そこで初めて知った、というような状況でしたので、全く授業についていけず「これはえらいところに来てしまった」と思いました(笑)

とにかくがむしゃらだった駆け出し時代

– その後司法試験に合格されて北浜法律事務所に行かれたんですね。

自分のバックグラウンドである理系そして帰国子女という部分を活かせる分野ということで、将来的には、知的財産と渉外の分野で専門性を高めて行きたいと思っていました。もっとも、実務経験がない中での漠然とした希望でしたので、最初の数年は分野を限定することなく、企業法務、一般民事、刑事等幅広く経験したいとも考えていました。

そのような中で縁あって北浜法律事務所に入所することになりました。北浜法律事務所は、部門制度を採用していませんので、特許、著作権、商標、不正競争防止法等の各種知的財産関連の事件に加えて、M&A、倒産、リニエンシー、労働審判等の企業法務、更には、家事、相続、刑事事件等一通りの事件を取り扱いました。

– やっぱり忙しかったですか

そうですね。最初の数年間は、朝9時から夜中の1時、2時まで働くことも日常茶飯事でしたし、土日の両方も事務所にでなければならないことも少なくありませんでした。

– 思い出に残っている事件はありますか?

特に思い出に残っているのは、弁護士になって最初に取り扱った特許権侵害訴訟及び無効審判事件ですね。弁護修習中に準備書面を書いたことはありますが、訴状を一から書くのは初めてでしたし、しかも特許権侵害という非常に専門性の高い事件の訴状なので、どうやって書けばよいのかと、悩みながら書いた覚えがあります。無効審判に至っては、そもそも申立書を見たことすらなかったので、大変苦労しましたが、結果として、相手方の特許を無効にできましたので、非常に達成感がありました。

また、どの事件とお伝えすることはできないのですが、主任を務めた知財系の紛争事件が、新聞やテレビで報道されるのを見るのは、やはり嬉しいですね。

– 理系のバックグラウンドは、知財系の事件を取り扱う上で役に立っているのですか。

はい。役に立っています。システム開発等のコンピュータ系の紛争であれば、コードを直接読むことができますので、事件で何が問題となっているかをすぐに把握することができますし、それ以外の紛争でも、理系の一般教育を受けていますので、背景技術の理解は早いと思います。最近ですと、人工知能がホットですが、正に大学で研究していた分野ですので、色々とお手伝いできるところがあるのではないかと思います。

– 事件を担当される上で意識されていることはありますか。

抽象的な話ですが「問題の本質は何か」ということを常に意識しています。例えば、訴訟ですと、考えうる論点すべてについて、総花的に展開するという対応も勿論可能ですが、そうすると、本当に重要なことが埋もれてしまいますし、説得力もなくなります。勿論、保身に走りたくなる気持ちもないわけではないのですが、勇気を持って、主張すべきことはきちんと主張しつつも、できるだけ不必要な議論は行わないというメリハリのついた書面を作成するように心がけています。

弁護士が渉外案件に関与することの意味

松下 外 弁護士

– 松下先生は、渉外分野の案件も専門にされていると伺いましたが、どのような案件を取り扱われているのでしょうか。

基本的には日系企業や海外企業との間の合弁契約やライセンス取引の知的財産取引あるいは紛争対応が多いですね。シンガポールを含む東南アジアや北米の法律事務所との間には、ネットワークがありますので、共同して事件を担当する場合も少なくありません。特に東南アジアの国とは時差がほとんどありませんので、海外との電話会議が入らない週はありませんね。

– 渉外案件を取り扱う上で難しいことはありますか。

弁護士は資格の範囲内でしか活動できませんので、グローバルな案件ですと、最終的には現地の弁護士に頼まざるを得ない部分が出てきます。そうすると、日本の弁護士を起用することの意味が当然に問われてくるわけであって、関与の仕方には難しい部分があると思います。

例えば、クロスボーダーなM&Aや合弁など取引関係の案件であれば、それぞれの国に固有の法的問題はあるにせよ、グローバルなスタンダードが確立していますので、日本の弁護士がプレイヤーとして、主体的に活動することができると分野だと思います。

他方、国際紛争について考えると、訴訟行為は、シンガポールのSICC(シンガポール国際商事裁判所)等の一部の例外を除いて、各国の弁護士資格が必要となりますので、プレイヤーとしての日本人弁護士の関与は限定的とならざるを得ません。

もっとも、だからと言って、日本の弁護士が不要ということにならないと思います。紛争分野では、法的な問題もさることながら、事実の存否について争いがあることが多く、この観点からは、ある種のグローバルスタンダードが観念できるのではないかと考えています。日本から管理をする案件であれば、紛争の取扱経験豊富な日本の弁護士が各国弁護士の業務のクオリティチェックを行うことが可能であると思いますし、コスト管理の観点からも重要であると思います。

また、海外の現地法律事務所で勤務している際には、英語が非常に堪能な日系企業の方でも、現地法制度について、現地の弁護士とのやり取りに苦労されているケースは少なくありませんでした。このような場面でもやはり日本の弁護士を起用する意味はあると思います。

国際仲裁の専門性を高めたシンガポール、ニューヨーク時代

– 松下先生は、国際仲裁にも注力されていると伺いました。

はい。日本の弁護士によるクオリティコントロール等は勿論重要なのですが、個人的には、紛争分野であっても、国内の訴訟案件と同様に、もっと、プレイヤー寄りの仕事をしたいと思っていました。国際仲裁であれば、各国の弁護士資格に縛られることなく自身が紛争解決に関与できますし、日本人弁護士の専門家はまだまだ多くありませんので、この分野も積極的に取り扱っていきたいと思っています。

– それで、シンガポールのAllen & Gledhill 法律事務所の国際仲裁チームに出向されたのですね。何故、シンガポールだったのでしょうか。

シンガポールは東南アジアにおける国際仲裁のハブなんです。日本の仲裁機関であるJCAA(※日本商事仲裁協会)での国際仲裁の年間新件件数は20から30件程度ですが、SIAC(※シンガポール国際仲裁センター)での年間新件件数は少なくとも200件はあり、まだまだ取扱件数に大きな隔たりがあります。

そのため、シンガポールで一度、実務経験を積んでみたいと日本にいる時から考えていました。そうしたところ、縁あってAllen & Gledhill 法律事務所の国際仲裁チームへの出向の話がありましたので、これは渡りに船とばかり、2つ返事でシンガポールに飛んで行きました。

シンガポールでは、ICCやSIAC等を仲裁機関とする、複数の国際仲裁案件に実際に関与できましたし、それ以外にも、巨大建築プロジェクトの裁定手続であるAdjudicationでも実働する等、とても貴重な経験を積むことができました。出向先での経験や人脈は、今現在も、国際仲裁案件の代理人を務めるにあたり、非常に役に立っています。

– ニューヨークでも国際仲裁の専門プログラムを修了されていますね。

弁護士になった当時から留学をしようと思っていたのですが、今は弁護士も専門性で勝負という時代ですので、幅広くというよりも、専門性をもっと掘り下げたいと考えていました。国際仲裁の分野は、日本では専門的トレーニングを受けることが難しい分野の一つだと思いますので、国際法で有名なニューヨーク大学の専門プログラムで勉強しようと決めました。実務をする上で日ごろから疑問に思っていた点を含め、国際仲裁について体系的に学ぶことができ、想像していた以上に有意義な経験となりましたので、行って良かったと思います。

ただひたすらにクオリティを追求する

松下 外 弁護士

– 弁護士として成し遂げたいというようなことはありますか。

何か気の利いたことや、立派なことが言えると良いのですが「成し遂げたい」というような、大きな目標は実はないんです。プロフェショナルですので、目の前の仕事を一生懸命にやって、実力を上げ、高いクオリティの成果物を出すということが一番だと思います。それがクライアントの利益に繋って、更に社会に対して良い影響を与えるというのであれば、それはとても素晴らしいことだと思いますが、最初から、こういうことを成し遂げたい、という目標を掲げることには若干の違和感があるんです。

– クオリティが高いとはどういうことでしょうか。

提供するアドバイスが法的に正しいということは当然の前提ですが、その上でクライアントのビジネスへの影響も考えて選択肢を提示できるか、ということが大きな要素になってくると考えています。「法律的にはこうです」と弁護士が言ったところで、クライアントからすれば「そうしたら、どうすればいいの」となる訳です。法律を杓子定規に適用して終わりというのではなく、そこから一歩踏み込んで、具体的にどういうオプションがあるのか、クライアントのビジネスから考えたときにどういう解決策や打開策を提供することがベストなのか、というところまで踏み込んで考えられることが必要と考えています。また、結論のすわりのよさも重要ですね。

– 本日はお忙しい中ありがとうございました。

ありがとうございました。


「自分のやるべきことは、目の前のクライアントにクオリティの高いのサービスを提供すること」と淡々と回答する松下弁護士。そこには気負いも謙遜もなく、これまでの実績に裏打ちされた確かな自信を感じました。豊富な海外経験、そして、理系出身等、従来の弁護士に見られなかった多彩なバックグラウンドを有する松下弁護士の将来の活躍がますます楽しみです。

弁護士法人イノベンティア

松下 外 弁護士
弁護士法人イノベンティア

2002年 ニュートンブルック・セカンダリースクール 卒業
2006年 東京工業大学 工学部 情報工学科 卒業
2009年 東京大学 法科大学院 修了
2016年 ニューヨーク大学 ロースクール(LL.M. in Int. Business Regulation, Litigation and Arbitration) 修了

松下 外 弁護士の詳細はこちら