エンタメ業界人からも厚い信頼を集める、マジシャン町弁 / 小野 智彦 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽やアニメ、ゲームなど、エンターテインメント分野に詳しい法律家は決して少なくない。だが、自らエンターテイナーとして実演する法律家は、珍しい。

今回は、そんな実演派の「エンタメローヤー」として知られる小野 智彦先生(銀座ウィザード法律事務所)に、インタビュー取材へのご協力をいただくことができた。2007年に話題となった、前代未聞の「マジック裁判」は、どのような流れで生まれたのか。

息子に喜んでほしかった

– 弁護士活動とマジックを掛け合わせようと思われた、きっかけについて教えてください。

ある方からのアドバイスだったんですけどね。芸能事務所の社長です。ジャズピアニストの前田憲男さん、音楽業界ではめちゃくちゃ有名な人なんですが、その方をマネジメントしている事務所の社長から、「せっかく弁護士という肩書きをお持ちなんだから、法律の話をしながら手品をやったらどうですか」と。

それが、弁護士になって10年目ぐらいですね。

– 弁護士になる前から、手品をなさっていたんですね。

小野 智彦 弁護士

マジックのきっかけは、当時2歳だった息子に見せるために始めたんです。普段忙しくて、あまり会えなかったから、自分が好きな楽器を与えたんですが、息子はあまり興味を示さなかったんです。

息子とコミュニケーションを取るのに迷っていた頃、たまたま入ったおもちゃ屋さんに、マジックグッズのコーナーがありまして、おもしろそうだなと眺めていたら、店員さんが近づいてきて「練習、いりませんよ」って言うから、「えっ、いらないの?」と聞き返したんですね。

しかも、1,800円だというから(笑)、「そんなに安くて、こんなに凄いことができるんだ」と感動して、それから始めたわけです。

(小野先生、最初におぼえたというコインマジックを披露。100円玉が、容器の中で消えたり瞬間移動しているかのように見える)

– どうなってるのか、全然わからないです。素晴らしいですね。これを見せたら息子さんが喜んでくれたんですね。

そう、かみさんに見せても喜ぶもんだから、「へぇ~、こんなんでいいんだ」と思いまして(笑) そこから、マジックグッズの大人買いが始まったわけです。

ちょうどその後ぐらいに、プロマジシャンの前田知洋さんがテレビに出てブームになっていたんですよね。たった1組のトランプだけで、2時間番組をもたせるという。それを観て、マジックはこんなに人の心を掴めるんだと思い、それから本格的に練習するようになりました。

だから、前田さんは心の師ですね、マジシャンとしての。今ではおかげさまで、有名なマジシャンとも、ほとんど面識があります。

– マジックが、貴重な縁を繋いでいるんですね。以前、お勤めの事務所では、たとえば巣鴨のお婆ちゃま方にマジックを披露されたりしていたんですよね。

はい、豊島法律事務所ですね。15年勤めていました。

– 居心地がよかったんですね。

そうですね。下町っぽいところが、よかったんでしょうね。散歩していると「先生!」なんて声を掛けてくれますしね。

弁護士なんて「映画に出てくる職業」でしかなかった

– 浜松市のご出身ですね。子どもの頃は、何をして過ごすのが好きでしたか。

とにかく、田舎だったんですよね。うちは、田んぼの中の一軒家でした。

– 当時はそうなんですね。今でこそ政令指定都市ですが。

浜松といっても、天竜川に近い外れのほうでして、田んぼで野球をやったりとか、そういう場所で育ちました。のんびりと、外で遊んでいるか、楽器をいじっているか、どちらかでしたね。

– 当時から音楽がお好きだったのですね。たしかに浜松は楽器で有名なイメージがあります。どういう楽器ですか。

いろいろとやっていました。幼稚園の頃にマーチングドラムをやっていて、それでNHKの「みんなのうた」や、「ひらけポンキッキ」(フジテレビ系列)に出演したりしていました。

– すごいですね。テレビ局も注目する幼稚園ですね。

マーチングバンドは小学4年生まで続けて、小学生の頃はチューバを吹いて、さらに中学、高校ではトロンボーンを吹いていました。

自宅にピアノがあって、それは妹のピアノなんですが、勝手に練習したりもしてました(笑)

リコーダーは、学校でみんなが吹くでしょうが、学校代表でリコーダーコンテストに出たりしていました。

– おぉ、音楽エリートじゃないですか!

そんなことはないですが、今も音楽は続けていますね。いろんな場所に行って、フルートを吹いています。だから、週末は忙しいですよ(笑)

– (笑)週末が忙しい小野先生は、どうして弁護士を目指そうと思われたのですか。

そもそも、うちの家族で大学を出た人がいないんですよ。

それで、せっかく地元の進学校に入れたのだから、大学に進まないという選択肢はなかったんです。私自身は、大学ってピンとこなかったのですが、就職でつぶしの利きそうな法学部に行こうと決めました。

そして、司法試験というものに合格すれば、弁護士とか裁判官とか、映画で登場してくるような職業の人になれるらしいと(笑) それで、司法試験の合格者数が多い中央大学を受験して入ることにしたんです。


こんな記事も読まれています