逮捕されたら思い出したい、渋谷の「刑事専門」法律事務所 / 二宮 英人 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

若者の街、渋谷の宮益坂をのぼり、路地へ入ったところに、「刑事事件・少年事件専門」を掲げる事務所がある。

弁護士が刑事事件を専門にするのは経営的に難しいといわれているが、どのように実現させているのか。弁護士法人渋谷青山刑事法律事務所の代表 二宮 英人 先生にお話を伺った。

逮捕の段階で、どれだけ深い話を聞けるかが勝負

– 刑事弁護人にとって重要なこと、これは欠かせないという要素は何だと思われますか。

元気なことですね。

刑事事件は、事務所で書類を作るという仕事だけではなく、いろんな場所へ行かなければなりません。
弁護士が「今日は、風邪ひいたから無理です」というのは、民事でもマズいですが、刑事ではもっとあってはならないことです。いつ、何が起こるかわかりませんので、常に動ける状態にしておかなければなりません。

– 元気を維持するために、心がけていることはありますか。

そうですね、よく寝ることです。

– 睡眠は、確かに大事ですよね。

ときには忙しくなることはありますが、ある程度の計画を立てていれば、徹夜をしなければならない状況には追い込まれないはずです。
真夜中に、今すぐ警察署に駆けつけて対応しなきゃならない場面もあるので、寝られるときに寝ておくのは重要ですね。

– そのほかに、大切にしていらっしゃることはありますか。

罪を犯してしまった被告人や少年らが、立ち直っていくのに力添えをしたいという情熱です。

– これまでで、何か思い出に残っている刑事事件はありますか。

少年事件でいえば、成人事件での無罪判決に当たる「非行事実無し」を獲得できたことは思い出深いですね。

男子大学生だったんですが、サークル合宿での飲み会の後に、女の子の身体に触れるなどのわいせつな行為をしたということで、逮捕されたという事件です。ただ、逮捕の時点で飲み会から半年も経過していました。

少年から話を聞いてみると、女の子の身体に触れたのは事実だけども、その相手からの同意があったというんです。
よくある話なんですが、刑事事件では,「やったけれども、相手の同意があった」というのは、なかなか通らない話なんです。

だから、取調べで警察官や検察官から何を言われても、決して,同意がなかったという風に持って行かれないように,罪を認めないようにと彼に注意しました。

その一方で、弁護士としては,同意があったことを裏付ける証拠を探さなくてはいけません。サークル合宿だから目撃者がいるんじゃないかと思い、もう一度少年に確認したら、たしかに「自分たちを見ていた人がいる」というんですね。

それでサークルのメンバーに連絡を取って、調べてみたら、「ただ男女が仲良くしていただけ」という仲間からの証言が続々と取れていったんです。

これで、同意があったことを証明できたので、少年審判にかける必要はないはずなんですが、相手が女性検事で「こんなものは信じられない。被害者がそう言ってるんだから」の一点張りで、結局は事件が家庭裁判所へ送られたんです。

幸い、裁判官には理解があって、女の子の同意があったという認定ではないのですが、少年の立場からすれば、同意があったと思ってもおかしくない状況だったという認定をしてもらいました。

とはいえ、反省点もありました。最初の段階で「触ったけれども、同意があった」という話だけを聞いて、「無理そうだな」という先入観をもってしまったからです。そこで、さらに少年に対して深い話を聞くことができれば、もっと早い段階で、目撃証言の収集に動くことができたと思っています。

– 期間としては、どれくらいかかったんですか。

その少年は、結果として2カ月近く、警察署と鑑別所で身柄拘束されていました。

早く釈放されたくて、冤罪を認めてしまった事例

二宮 英人 弁護士

– でも、二宮先生の働きのおかげで助かってよかったですね。今までで「これは難しかったな」と思う裁判はありますか。

似たようなケースですけれども、成人の刑事事件で、強姦の容疑がかかっていて、しかも、本人は認めていたというものです。

ただ、起訴直後に,家族だけには「じつは、やっていない」と話していたらしいんですね。
当時、その女性と揉め事があって、たぶん恨みを買って、強姦のぬれぎぬを着せられたらしいということがわかったんです。

しかも、彼は、過去に痴漢冤罪に遭ったことがあり、やっていなくても罪を早く認めた結果、早期に釈放されたことがあるらしいんです。それで今回も、同じことをやったんですね。

– 冤罪でも罪を認めれば、早く釈放されるのは事実かもしれませんけどね……。

ただ、事件が事件ですからね。強姦という重罪ですから、一度認めたものを「本当はやっていません」と、発言をひるがえすのは、裁判官に対する心証が悪くなります。

結果、彼には実刑判決が出て、刑務所へ行くことになってしまいました。

この件も、私に反省点があります。今にして思えば、強姦のような重罪で逮捕されたのに、まるで私たちにアピールするかのように「やりました、すみません」と認めているんです。その段階で「おかしいな」と気づくべきだったんです。

性犯罪で捕まった人は、居たたまれないような態度をとっていたり、「そんなにひどいことはやっていない」「相手もOKしていた」と、多少は反論したくなるものですが、彼にはそれがなかったので、その異常に早く気づいて対策を取っていれば、刑務所に入らずに済んだのではないかと悔やまれます。

– 刑事弁護人として活動をなさっていて、犯罪被害者の方に対しては、どのように対応していらっしゃいますか。

そうですね。被告人と被害者とが直接対立して関係性がこじれないよう、その間に弁護人が入ることによって、被害者の方にとっても、精神的なストレスが緩和されるよう、配慮しながら働きかけをしていきます。