介護・福祉問題に特化する、高齢化社会に優しい法律家 / 外岡 潤 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

東新宿のマンションの一室を拠点として、介護福祉ジャンルの法律問題を中心に弁護士活動を行っていらっしゃる、外岡 潤 先生(法律事務所おかげさま)にお話を伺った。

ただ、事務所に立ち寄ることはあまりないとのことで、この日は外岡先生の出張先である杉並区内の老人福祉施設や、その最寄り駅前のパン屋がインタビュー取材場所となった。

かつては引っ込み思案だった

– 老人ホームなどで、手品や日本舞踊のパフォーマンスをなさるそうですが、どこで身につけたものですか。

大学時代に、奇術愛好会という半世紀以上の歴史があるサークルに入っていまして、そこで日本古来の手品を修得しているうちに、他の様々な日本文化に興味が出てきたんですね。卒業後は日舞を始めて、今は日舞とお茶とお花をやっています。

– 子どもの頃から、みんなの前で何かをやるのが好きだったんですか。

いえ、むしろ引っ込み思案で、読書が好きでしたね。みんなで集まるよりは、わりと、ひとりでコツコツ取り組むのが好きでした。

– では、大学のころに、価値観が大きく変わったのではありませんか。

そうですね。多くの人々の前でコミュニケーションを取ることの、面白さを発見する機会ではありました。

– 殻を破ってみたら、意外と居心地がよかったということもありそうですね。弁護士を目指そうと思われたきっかけは、何だったのですか。

最初は本当に消極的なきっかけだったんですよね。どうしても就職活動をできる気がせず、躊躇しているうちに出遅れてしまいました。それで、就職活動をしない言い訳のようにして、司法試験の勉強を始めたんです。

– 実際に弁護士として業務を行われて、この資格に対する印象はいかがですか。

弁護士って、すごく矛盾している資格業だと思っていまして、士業の中では格上みたいに言われつつも、仕事が流れてくるフローとしては最も下流に位置していると思うんです。

– なるほど、トラブルが深刻化したときに仕事が回ってくる感覚はあるかもしれませんね。普段は他の士業へ先に相談が入りそうです。

予防法務は、税理士や司法書士、行政書士など、他の士業の方々が多くの範囲をカバーしていて、弁護士は「何かあったら来てください」という受け身の立場ですので、顧客からの受注に関しては掌握しきれないポジションなんですよ。

そこは、弁護士という職業の限界なのかもしれませんし、「食えない弁護士」が出てくる原因の一端は、そのあたりにあるのだろうと思います。

なので、弁護士もコンサルタントとしての性格を強める必要性を感じています。

開業直後は、アルバイト収入で切り抜けた

外岡 潤 弁護士

– 弁護士として、介護福祉のジャンルに絞り込んだ理由は、どんな点にあるのですか。

初めは弁護士として、社会のどういうニーズに自分が応えられるか、わからなかったんです。

最初に就職したのが企業法務系の事務所でして、どうしても自分に合わないと感じていました。独占禁止法や知的財産法なども、一生のテーマにしたいほどの興味を持てなかったんです。

そんなときに『ヘルプマン!』という介護漫画に出会いまして、面白い、これは自分のテーマにできるかもしれないと感じたのが、福祉や介護の問題に関心を抱いた最初のきっかけでした。

– どんなところに面白さを感じたのでしょうか。

認知症の人と、現場のスタッフが、うまくコミュニケーションを取ったり、理解し合ったりしていて、認知症の人と対峙してのコミュニケーションって、非常に高度だなと感じたんです。

– 実際に現場に入られてみていかがでしたか。

実際に現場を覗いてみると、職員の皆さんは本当にコミュニケーションの達人なんですよ。
例えば高齢の方がデイサービスに行きたがらないとき、どんな言葉をかけるか。単に「行けば楽しいですよ」といった誘い文句では心に響かない。そういうときは「○○さんに来て頂かないと盛り上がらないんです。助けてください」と、お願いするというんですね。
その人の存在を認め、尊重し、社会的役割を担って頂く。そういった思いが根底にある
からこそ出てくる言葉だと思うし、だからこそ相手にも伝わるのだなと思いました。

– 企業法務系の事務所を辞めて、最初に独立開業したときに、大変だったのではありませんか。

本当に小さな事務所を借りて、ひとりで始めたもので、最初は全然仕事がありませんでした。それで、債務整理が盛んな他の法律事務所でアルバイトをしていましたね。

– 企業法務系の事務所を辞めて、最初に独立開業したときに、大変だったのではありませんか。

本当に小さな事務所を借りて、ひとりで始めたもので、最初は全然仕事がありませんでした。それで、債務整理が盛んな他の法律事務所でアルバイトをしていましたね。

– 弁護士資格を持っている方がバイトですか。そういうこともあるんですね。

あれは本当に助かりました。多いときには週4日ぐらい入っていました。

– 2009年の4月に独立なさって、8月にホームヘルパー2級を取得されたのも、あまり仕事がなかった頃なんですね。

そうなんですよ。バイトをしながら取得しました。やはり介護の現場を知らなければならないと思ったんです。

とにかく手探りでした。今も手探りな部分はありますけれども。

今はホームページのリニューアルを進めていまして、法人である介護施設側と、個人の施設利用者やそのご家族側、2つの窓口を作って、双方の立場から相談をしていただきやすい態勢を整えています。

– 資格を取得されて、それがどのように活かされていますか。

現場の仕事の流れを知っているということは、記録を分析するとき特に役立っています。
経験が無ければただの数字や文字の羅列ですが、具体的にその時の様子がイメージできるとより深く理解できると感じますね。


こんな記事も読まれています