司法が冷たくあしらう「環境裁判」に、熱い魂で挑む。 / 島 昭宏 弁護士


このエントリーをはてなブックマークに追加

東京メトロ・築地駅前のビルに、法律事務所らしくない、ひときわ目立つ看板を掲げる法律事務所がある。今回は、アーライツ法律事務所代表の島 昭宏 先生にお話を伺った。

40代で法律家に転身し、勝訴率が低くて収入にもならない環境問題訴訟に果敢にチャレンジしつつも、10代の頃から続けているロックミュージシャンとしての活動も精力的に行う、その旺盛なエネルギーを存分に感じるインタビューとなった。

東京にさえ出られれば、大学はどこでもよかった

– 環境問題に関心をお持ちになった原点は、どこにあったのでしょうか。

中学1年のころに、有吉佐和子の『複合汚染』という本を読んだのがきっかけです。当時はベストセラーになったのですが、でも、子どもの頃から自然環境には関心がありました。

– 名古屋のご出身ですね。自然いっぱいの場所で遊んだりするのがお好きだったのでしょうか。

いえ、ひどい工業地帯だったんですよ。1962年生まれなので、高度経済成長期のピークの頃です。

– どういう感じだったのですか。大気汚染などを実感する機会があったのでしょうか。

それが、あまり無かったんですよね。そこで生まれ育てば、それが当然になってしまって、たくさん立っている煙突から煙が出てきているのを見ても、それを悪いものだという意識がなかったんです。

うちの近くの住民で、ぜんそくの症状などが出ていたようなので、かなりの大気汚染が起きていたのは間違いないんですが、当時はどちらかというと、発展の証ですよね。

– それが、一冊の本を読んだことで意識が変わったわけですね。いつもの景色が違うふうに見えてきたのでしょうか。

そうですね。子どもなりに「このままではいけないのだろう。いつかは限界が来る」と思いました。そして、環境保護を一生の仕事、テーマにしていきたいと考えるようになったんです。

– 音楽に目覚められたのは、中学校に上がってからですか。

中学の頃は、友達とフォークギターを弾いていたぐらいですが、高校の頃にロックバンドを組んで、そこから本格的に音楽活動を始めました。

– 文化祭のときに体育館で発表するようなイメージがありますが。

それもやっていましたし、学校の外でも、地元の区役所のホールを借りてライブをしたりもしていました。

– 本気だったんですね。当時からプロになるおつもりだったんですか。

ええ、音楽で飯を食うつもりでいたので、東京に出てきて新しくバンドを組んで、ミュージシャンとして売れたら、すぐに大学を辞めるつもりだったんですよ。

– えっ、東京でミュージシャンになるために、早稲田の政経に入ったんですか。

そうそう、東京にさえ出られれば、大学は別にどこでもよかったんですよ(笑)
早稲田ラグビーのファンだったこともあり、早稲田に対する憧れみたいなものはあったんで、合格した時はうれしかったですけど。
でも、売れないまま大学を5年かかって卒業して、41歳まではひたすらバンド活動にのめり込んでいました。

「これから、まだ長い」 41歳の決意

– では、大学卒業後も、ずっと音楽活動を続けていらっしゃったんですね。

はい、1985年から今に至るまで活動を続けているパンク・バンドthe JUMPSのボーカリストとして、たくさんのCDをリリースして全国をツアーで回ったりしたほか、若いバンドのためにレーベルを作って、プロデュースをしたり、ロックファッションのブランドを立ち上げたり、また、“JUST A BEAT SHOW”という自主イベントは、1982年から2002年までの20年間で300回開催しました。1995年には、そのイベントの仲間と「BEAT SHOW CLUB BAND」名義で、ポニーキャニオンからCDを出したりもしました。

これは宣伝用のウチワなんだけど、戦後50年で「不戦決議」を出すか出さないかで、国会が揉めて、なかなか決まらなかったんで、「じゃあ、俺たちが出してやろう」ってことで、国会前で裸になったんです。

島 昭宏 弁護士

– (笑)すさまじい写真ですね。

それで、これはブルーハーツの甲本ヒロト、これはドリアン助川、これがぼくで、これがレピッシュのMAGUMI……。

– えっ、とんでもないメンバーですね。

とにかく、仲のいい連中が集まってバンドを作ったんです。ただ、ヒロトは事情があって「ダヴィンチ・ピロピロ」って名前で出てます(笑)

– なるほど。そういった日々の生活から、「弁護士になろう」と決意されたきっかけをお聞かせくださいますか。

41歳の誕生日の話なんだけど、朝、目が覚めて布団の中で、「今日で41歳か、バンドを始めて25年だな」と、そういうことを考えていたんです。

このまま、バンド生活を続けていってもよかったんだけど、25年って長いですよね。

– はい、四半世紀ですね。

ただ、考えてみれば「これから、まだ25年はあるんだろうな、元気でやっていける時間が、まだ25年ある」と考えたときに、「長いな」と思ったんですね。

– 長いなと思ったんですか。

そりゃ、相当楽しいなと思って(笑) こんな生活、もう一回りもできるのかと。

だけど、もともと音楽は自分にとって、社会変革のために始めたわけですよ。16歳のときに、ジョン・レノンやパンク・ロックのザ・クラッシュを聴いて影響を受けたのがきっかけなんです。

ただ、音楽は楽しいんだけど、自分ぐらいの力じゃ社会はビクともしない。だとしたら、社会を変えるために、音楽活動を一時的にストップしてでも、何か違うことをやるもう一つの人生を模索することを、本気で考えてみようと思ったんです。

– なるほど、それで弁護士なんですか。

政治も頭をよぎったんだけど、政治家って、何かをするためっていうより、政治家で居続けるために、8割ぐらいのエネルギーを使わなきゃいけないんじゃないかって思ったりとか。

– 確かにありえますね(笑)

その頃に、新聞で「司法試験の科目に環境法が加わる」という記事を見かけて、それまで、法律なんて全然興味が無かったし、それまで「無法はすれども、非道はせず」という精神でやってきたんだけど。

– ロックの精神ですね。

それでいろいろ調べていくと、環境を壊すような公共事業も、法律の力で止めることができると知って、「法律家って、意外といいかもな」と思い始めたんです。

デモ行進とか、みんなで集まって音楽をやるのもいいけど、法律家なら、ど真ん中へ切り込んでいけるわけですからね。かなり面白いなと。