立ち退きを請求する相手にも敬意を。不動産法務のスペシャリスト / 出口 裕規 弁護士

立ち退きを請求する相手にも敬意を。不動産法務のスペシャリスト / 出口 裕規 弁護士

都内や千葉県を中心的なフィールドとして、不動産や遺産相続の案件に力を入れているユウキ法律事務所は、東京大学本郷キャンパスのすぐ近くに軒を構えている。 「別に、東大出身ってわけじゃないんですよ」と豪快に笑う代表弁護士は、プ…

続きを読む

トラブルの解決策を適切にデザインすれば、必ず和解できます。 / 倉持 麟太郎 弁護士

トラブルの解決策を適切にデザインすれば、必ず和解できます。 / 倉持 麟太郎 弁護士

渋谷の喧噪を離れた静かな住宅街の中に、まるで溶け込んでいるような自然さで、弁護士法人Nextの事務所が在る。 この渋谷で生まれ育ち、憲法の魅力に目覚めた法律実務家のひとりとして、ベンチャー企業の支援から、テレビ出演、国会…

続きを読む

弁護士資格の限界を超えたい。工業の街で創造性に貢献する法律家 / 春田 康秀 弁護士

弁護士資格の限界を超えたい。工業の街で創造性に貢献する法律家 / 春田 康秀 弁護士

新幹線の停車する街としても知られる九州の玄関口。小倉は、北九州工業地帯の中心都市でもある。その街で、IT企業をはじめとした中小企業などのスタートアップを法律面だけでなく、経営面からもサポートする弁護士がいる。 他人と違う…

続きを読む

「愛・良心・正義・正直・勇気」を大切にする会社が成長する。 / 湊 信明 弁護士

「愛・良心・正義・正直・勇気」を大切にする会社が成長する。 / 湊 信明 弁護士

裁判所からも程近いオフィス街である東京・有楽町に、200社近い顧問先企業から信頼を集める法律事務所がある。 今回は、湊総合法律事務所の湊 信明先生に、インタビュー形式でお話を伺った。企業の経営者にとってコンプライアンスと…

続きを読む

「少年だけでなく、自分も変わった」 家庭裁判所調査官からの転身 / 稲谷 陽一郎 弁護士

「少年だけでなく、自分も変わった」 家庭裁判所調査官からの転身 / 稲谷 陽一郎 弁護士

JR博多駅、筑紫口から徒歩圏内に、いなたに法律事務所がある。代表の稲谷 陽一郎先生は、家庭裁判所調査官としての職務経験がある弁護士で、そのような経歴を持つ者は大変少ないという。 取材中にも、たびたび「これでいいんでしょう…

続きを読む

「諫早湾干拓訴訟」の重要人物。愛する九州のため、法の力で尽くす。 / 吉野 隆二郎 弁護士

「諫早湾干拓訴訟」の重要人物。愛する九州のため、法の力で尽くす。 / 吉野 隆二郎 弁護士

福岡市、博多区役所のすぐ近くに、全国的な知名度も高い裁判も含めて、環境に関する法律問題に積極的に取り組む法律事務所がある。 先輩弁護士から「吉野君は、お金にならないほうへ行ってしまったね」と言われ、苦笑された過去もあるら…

続きを読む

法律家の枠を超越した経営センスで、企業の将来までサポート / 菰田 泰隆 弁護士

法律家の枠を超越した経営センスで、企業の将来までサポート / 菰田 泰隆 弁護士

「法律事務所はサービス業。弁護士は法律に詳しいだけで、特に誇れる立場でもない」と言い切り、弁護士登録をして以来、1日も休んでおらず「仕事が趣味なのかもしれません」と笑う。 今回は、博多駅から徒歩圏内に事務所を構え、弁護士…

続きを読む

IT法務や労働法に精通し渋谷の企業を支える法律事務所 / 日向 一仁 弁護士

IT法務や労働法に精通し渋谷の企業を支える法律事務所 / 日向 一仁 弁護士

労働法に違反する経営を平気で行う「ブラック企業」と呼ばれる会社は、なかなか無くならない。特に長時間勤務による過労が改めて社会問題となっている昨今である。 東京渋谷法律事務所代表の日向一仁先生は、顧客企業を「ブラック企業」…

続きを読む

「金融法務」と「中国法務」に特化する、実力派法律事務所 / 本杉 明義 弁護士

「金融法務」と「中国法務」に特化する、実力派法律事務所 / 本杉 明義 弁護士

日本の法曹人口が集中する東京都内では、多様な専門性を持っている弁護士も増えてきた。「金融法務」を独自に生業にする法律事務所が、東京メトロ 有楽町線の麹町駅から至近にある。 現在の経済情勢は、ハイリスク・ハイリターンの金融…

続きを読む

「法律事務所は入りづらい」という壁を作っているのは、依頼者自身です。 / 久保利 英明 弁護士

「法律事務所は入りづらい」という壁を作っているのは、依頼者自身です。 / 久保利 英明 弁護士

「ブルジョア弁護士」「尋常でない日焼け」「人気弁護士ランキングの常連」「目立つスーツに派手なネクタイ」など、この方を形容する言葉はさまざま飛び交っている。だが、その生き方やポリシーまで、はたして私たちはどれほど知っている…

続きを読む
1 2