弁護士・法律事務所の口コミ・評判の検索サイト「弁護士ジャパン」

弁護士紹介

佐藤公亮(さとうこうすけ)弁護士は全晃総合法律事務所に所属にしております。
現在は第二東京弁護士会に所属しております。
住所は 東京都千代田区麹町3-5-17 となります。

ご覧頂いている、佐藤公亮 弁護士のページは、弁護士ジャパンが公開されている情報を元に独自に編集したもので、佐藤公亮 弁護士によって登録されたページではございません。できるだけ正確な情報を追求しておりますが、時として情報が古かったり、間違っていたりする場合がございます。その場合は大変お手数ではございますが、その旨弊社までご通知頂けますと大変幸甚です。
直ぐに修正致します。大変申し訳ありませんが何卒宜しくお願い致します。chevron_right通知する

相談した弁護士への
感謝の言葉感想
私たちに教えてください!

あなたの口コミが、他の相談者の方にとってとても有益な情報になります。
私たちは、ご投稿頂いたすべての情報を共有させて頂き、
日本の頼れる、相談すべき弁護士を探せるメディアを目指しています。
弁護士ジャパンにぜひ、あなたの口コミを!

edit口コミを投稿する

プロフィール

名前 佐藤公亮 (さとうこうすけ)
性別 男性
所属事務所 全晃総合法律事務所
所属事務所の地図

所属事務所の住所 〒102-0083
東京都千代田区麹町3-5-17 晴花ビル6階 Googlemapで開く
所属弁護士会 第二東京弁護士会
学歴
    慶應義塾大学法学部 卒業
その他の特徴
  • 事業会社
  • (社外)役員
保有資格
  • 税理士
  • CFP・AFP・FP技能士

経歴

- 森・濱田松本法律事務所
- 投資ファンド勤務
- アマラントス法律会計事務所開設⇒2016年に全晃総合法律事務所へ名称変更

懲戒処分情報

懲戒年度 2016年 11月
懲戒種別 業務停止6月
(1) 被懲戒者は、2012年初夏頃、懲戒請求者Aから、同人が専務理事を務める医療法人Bの持分の譲渡について相談を受け、譲渡益に対する課税を免れるため、被懲戒者が香港に設立し代表者を務める会社Cへ医療法人Bの持分を譲渡し、その後第三者へ転売するというスキームを考案し、実行していたところ、その過程において、2013年11月、C社が懲戒請求者Aらから預かっていた2億円を、同じく被懲戒者が代表者を務めるものの、現実には被懲戒者のビジネスパートナーであったDが資金の管理、運用をしていた会社Eに対し、懲戒請求者Aの了承を得て運用目的、無担保で貸し付けたが、その後E社がC社に対し貸付金を返済しないためC社は懲戒請求者Aらに対し2億円を返還せず、E社の代表者である被懲戒者が責任を持ってくれるとの懲戒請求者Aの信頼を裏切り、懲戒請求者Aらに多大な経済的損失を与えた。

(2) 被懲戒者は、上品スキームを実行していた2014年2月頃、懲戒請求者Aが代表取締役を務めるF株式会社がマンションを購人するに当たり、F社の代理人として上記マンションの取得、代金減額交渉を行ったが、F社から受任する際に委任契約書を作成せず、また、上記マンション価格の減額分の40%相当額の1500万円の報酬を、受任時における十分な説明なく、上記スキームによる持分譲渡の譲渡代金と相殺して受領した。

(3) 被懲戒者の上記(1)の行為は弁護士職務基本規程第16条に、上記(2)の行為は同規程第24条及び第30条に違反し、いずれも弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。


弁護士ジャパンのコメント


弁護士職務基本規程第16条:弁護士は、自ら営利を目的とする業務を営むとき、又は営利を目的とする業務を営む者の取締役、執行役その他業務を執行する役員若しくは使用人となったときは、営利を求めることにとらわれて、品位を損なう行為をしてはならない。
弁護士職務基本規程第24条:弁護士は、経済的利益、事案の難易、時間及び労力その他の事情に照らして適正かつ妥当な弁護士報酬を提示しなければならない。
弁護士職務基本規程第30条:弁護士は、事件を受任するに当たり、弁護士報酬に関する事項を含む委任契約書を作成しなければならない。ただし、委任契約書を作成することに困難な事由があるときは、その事由が止んだ後、これを作成する。2.前項の規定にかかわらず、受任する事件が、法律相談、簡易な書面の作成又は顧問契約その他継続的な契約に基づくものであるときその他合理的な理由があるときは、委任契約書の作成を要しない。

ご留意事項:当サイトでは、委任する弁護士を選択する際に、過去の懲戒処分情報は重要な判断材料の一つになると思料しています。従って、個々の弁護士の過去の懲戒処分の履歴をできるだけ掲載するようにしています。
但し、弁護士に懲戒処分履歴がある場合でも、その弁護士が必ずしもすべてが悪徳とは限らない、ということもご承知置きください。懲戒請求者の方が無茶を言って、懲戒処分になる場合もあります。例えば、 依頼者のために懸命に仕事をし、懲戒になってしまった場合、争いの相手方にとっては悪徳弁護士かも知れませんが、味方として考えれば心強い弁護士と考えることができるかもしれません。従って、懲戒処分の理由をよく確かめてからご自身で判断なされるようお願い致します。
なお、当サイトでは、弁護士に課される懲戒処分のうち、「戒告」と「業務停止命令」の履歴のみを掲載しています。
また、処分決定後(サイト掲載後)、時として懲戒処分が取り消されたり、処分内容が変更になったりする場合があります。その場合はできるだけ速やかに更新するように致しますが、どうしてもタイムラグが発生する場合があります。その場合はお手数ですが、弁護士ジャパンまでご連絡頂きますと、早急に対応致しますので、何卒宜しくお願い致します。 chevron_right通知する

弁護士ジャパンにご登録頂くと、先生の情報を編集頂くことができるようになります。無料で写真や、アピール・ポイントなどをご掲載することが可能になります。無料登録しユーザーに直接メッセージを伝えてみませんか? chevron_right詳しくはこちら
  • 渋谷 寛 弁護士 インタビュー
  • 戸田 哲 弁護士 インタビュー
  • 田沢 剛 弁護士 インタビュー
  • 鈴木 秀二 弁護士 インタビュー
  • 佐久間 大輔  インタビュー
  • 岡村 久道 弁護士 インタビュー
  • 久保利 英明 弁護士 インタビュー
  • 島 昭宏 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す