吉村亮子弁護士が懲戒処分【債務整理】【千葉県】

吉村亮子弁護士が懲戒処分【債務整理】【千葉県】
このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉日報によりますと、過払い金の返還請求事件で、弁護士が依頼人と面談せず事務員に応対させ、そして依頼者に相談することもなく貸金業者と和解を進めてしまったとして、千葉県弁護士会は、所属の吉村亮子弁護士を業務停止3月の懲戒処分にした模様です。

記事によりますと、問題となった事件は2011年10月頃に発生したものであるが、同時期に吉村弁護士が受任した債務整理事件を調査したところ、依頼件数23件のうち13件で依頼者と面談せず、9件で和解条件の相談や裁判結果の報告が無かったとなっています。

詳細は以下の記事をご覧ください。

なお、業務停止期間は、2016年12月11日~2017年3月10日までとなります。

千葉日報「依頼者に無断で和解 千葉県弁護士会、39歳女性を懲戒処分 過払い請求」より

2016年12月16日(追加)
本日の産経新聞にも記事が出ておりましたので、リンク張っておきます。
記事によると、不審に思った依頼者が弁護士会に相談し、別の弁護士が事件を引き継いで判明したみたいですね。
産経新聞「依頼者に無断で和解や提訴繰り返す 諸費用説明もなし… 弁護士に業務停止処分」より

コメントはこちらから