小野薬品が米製薬メルク社と和解【特許法】【ヘルスケア】【大阪府】

小野薬品が米製薬メルク社と和解【特許法】【ヘルスケア】【大阪府】
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞によりますと、小野薬品工業(大阪府大阪市)は1月21日、同社が権利を保有するがん治療薬「オプジーボ」に絡む特許を侵害されたとして、国内外で提訴していた米製薬大手メルクと和解したと発表しました。

貴jいによりますと、和解内容は、小野薬品とメルク社はライセンス契約を締結し、メルク社は小野薬品に対し、頭金として6億2500万ドル(約715億円)を支払い、メルクが販売する新薬「キイトルーダ」の売上げに応じたロイヤルティーも支払うというものです。

詳細は、以下の記事にてご確認下さい。

朝日新聞「小野薬品、米メルクと和解 「オプジーボ」特許巡る訴訟」より

コメントはこちらから