結婚を夢見て1億円を貢ぐ 交際相手が妻帯者と知り損害賠償請求【離婚・男女問題】【大阪府】

このエントリーをはてなブックマークに追加

産経新聞に、高校のとき夢中になったビジュアルバンドのバンドマンと、大人になって深い交際に発展し、交際している間に貢いだお金が累計で1億円にも達するという女性が、交際相手のバンドマンが妻帯者であることを知って、損害賠償請求を求めた裁判を大阪地裁に起こし、最終的に8000万円の請求を認める判決を下した、という記事が載っています。

記事によりますと、このバンドマンは、風俗で働いている女性が稼ぎが良いのをいいことに、有る事無い事で女性からお金を無心していたということが分かっています。女性は交際相手に降りかかる苦難をお金で解決できれば結婚できるという夢を見て、せっせと風俗で稼いだお金を生活に必要咲いて現のお金以外は全てバンドマンに渡してしまい、結局1億円ものお金を貢いでいたということになったようです。

詳細は、以下の記事でご確認下さい。
産経新聞「1億円貢いだバンドマンは「人の親」だった 女性が怒りの提訴」より

コメントはこちらから