原野商法が転売話で復活中【詐欺】

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞の記事によりますと、1970年代に、「新幹線が通る」などとだまして山林などを不当な高値で買わせる、いわゆる原野商法が社会問題化したらしいが、その時に買わされて被害に遭った被害者がが、今度は「山林を高値で買い取る」などと持ちかけられ、またお金をだまし取られる「二次被害」が広がっているらしいです。
2016年には、1000件を超える相談が国民生活センターにあったらしいです。。。

詐欺師は色々な手法を使って騙しに来ますね。特に一度騙されてしまうと、その被害者達をリスト化して、再度商売のネタにするようです。安易な儲け話に乗る前に、契約書のチェックや、資金のやり取りなどについて弁護士に相談しましょう!被害に遭う額を考えれば、相当易いコストだと思います。これは弁護士ジャパンを運営しているから申し上げるのではなく、このような被害者を少なくしたいというのも、このサイトを始める大きな理由なので、是非、安易な儲け話が来たら是非、弁護士に相談して見て下さい。できれば複数の。

コメントはこちらから