茨城県の弁護士の口コミ・評判の検索なら「弁護士ジャパン」

HISTORY閲覧履歴

茨城県のおもしろい条例

【大子町「ふるさと農園に関する条例」】
大子町の「ふるさと農園に関する条例」は、町への定住促進及び町有遊休地の利活用を図り地域の活性化を推進するために、平成19年9月18日に施行された条例です。この条例のすごいところは、第9条に示す「農園の貸付料は、無料とする。」と、第10条の「農園の貸付期間は、契約締結の日から20年以内とする。」ということです。定住が前提で20年間は無料というのが斬新です。平成19年の応募は179組ありました。

【笠間市地酒を笠間焼で乾杯する条例】
笠間市の「笠間市地酒を笠間焼で乾杯する条例」は、平成25年12月19日に施行された条例です。条例の目的は、笠間市産の清酒等を笠間焼の器で乾杯する習慣を広め、地元の生産品の消費を促し、郷土を愛する社会的機運を高めていくことです。施行以来、開催されているイベント「SAKE GARDEN」は市民参加の場として定着しています。また、第4条では、市民にこの取り組みに協力するよう求めていますが、次の第5条では「個人の嗜好及び意思を尊重する」となっており、お酒の苦手な方にもやさしい地域思いの条例です。

  • 戸田 哲弁護士 インタビュー
  • 田沢 剛 弁護士 インタビュー
  • 鈴木 秀二 弁護士 インタビュー
  • 佐久間 大輔  インタビュー
  • 金川 征司 弁護士 インタビュー
  • 岡村 久道 弁護士 インタビュー
  • 久保利 英明 弁護士 インタビュー
  • 島 昭宏 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す