茨城県でインターネットトラブル(個人の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

茨城県でインターネットトラブルを取り扱う弁護士が9名見つかりました。インターネットトラブルにおける悩みは多岐に亘ります。例えば、「インターネットに勝手に個人情報が掲載されたので、削除請求をサイトにして欲しい」「インターネットに誹謗中傷の書き込みが為された。記事の削除と慰謝料そして損害賠償請求をしたい」「身に覚えがないのにメールでアダルトサイト閲覧による請求メールが送られてきた」「アダルトサイトを見てはいたものの、購入に合意した覚えがない。視聴費用を支払えと言われているがどうしたら良いか?」「事実無根の記事を週刊誌に記載された。慰謝料と損賠償請求をしたい」「インターネットマーケットプレースで、ある個人からブランドの財布を購入したがどう見ても偽物だった。購入代金を返すよう交渉して欲しい。返さないなら詐欺で刑事告訴をして欲しい」というような悩みがあります。弁護士ジャパンでは、弁護士登録をされている弁護士に先生をほぼ全て網羅しており、更に各弁護士の注力分野、取扱分野、学歴、これまでの経歴、著作・執筆の履歴(現在鋭意作成中)や、取り扱った事例(作成中)、懲戒の履歴そして相談者の方の感謝の言葉などを掲載していますので、ほぼすべての弁護士の中から比較検討が可能です。なお、注力分野にインターネットトラブルが設定されているから大丈夫とは思わず、あるいは懲戒の履歴があるから絶対ダメとは思わず、気になる弁護士を数名ピックアップし、電話や、実際に面談し、あなたの悩みを相談してみてください。懲戒の履歴がある場合にはその理由などについても確認してください。一度相談したらその弁護士にお願いしなければならないと思わず、複数の弁護士に相談し、そしてその中から、自分の相談に親身に応じてくれそうだとか、インターネットトラブルにとても経験が豊富だとか、ご自身が信頼できると思った弁護士を見つけてください。弁護士ジャパンは貴方のインターネットトラブル(インターネットにかかわらず、名誉毀損、誹謗中傷、プライバシー問題など)悩みの解決に最適な弁護士を探すお手伝いをしたいと思っています。弁護士に依頼しトラブルが首尾よく解決できた際には、次にトラブルを抱えている相談者の為に、是非弁護士ジャパンに「感謝の言葉」をお寄せください。

弁護士ジャパン・コラム

インターネットトラブルに関する法律ニュース

誹謗中傷、炎上など情報被害の手法とその対策

【誹謗中傷が起きたときの対策方法】

インターネットには不特定多数の人が自由に書き込めるサイトがあり、その中にはあなたの名誉を傷つけたり、根拠のない情報を流して辱めたりするなど誹謗中傷をするための内容が欠かれることがあります。そうした誹謗中傷の対策としてはサイト管理者やサーバー管理者に対して削除請求をすることが有効です。

【炎上したときに行うべきこと】

インターネット上でブログなどを運営しているときに、特定の人達から大量の書き込みをされて運営に支障が出ることを炎上と言います。その書き込みの中に、あなたの名誉毀損や誹謗中傷をするものがあった場合、名誉毀損として訴えることができますので、書き込みをした内容はできるだけ保存しておいて下さい。

【情報被害にあう主な被害者層は?】

個人情報の流出など情報被害には様々な年代の人が遭遇しますが、その中でも高齢者の被害者層で最も多いのが特徴です。彼らは年金だけで生活していることが多くその不安を詐欺集団に付け込まれてしまい、結果として自身の個人情報を自分から流出してしまう事例が多く発生しています。

【情報被害を発生させるための手法とは】

情報被害の手法としては、国民年金機構に付属する架空の団体や消費生活相談センターの職員などの身分を名乗り、個人情報が流出したとして緊急アンケートや調査に返答させて、被害者の個人情報や家族構成などを不正に入手する手口があります。その引き出した情報を元に不振な電話をかけてさらに情報を引き出すなどの手口も行われます。

IT上での取引被害、課金被害の手口等を紹介します

【インターネット取引被害とは】

IT(インターネット)取引被害とは、アダルトサイト等でワンクリックしたら高額の請求書が来た、オークション専用サイトで目当ての商品を落札して送金を行ったが、一向にその商品が届かない又は不良品が届いた等の事例を指します。これらは全て「詐欺」であり、法的措置を取ることも可能な案件となります。

【インターネット課金被害とは】

IT(インターネット)課金被害とは、IDを必要とする各種ソーシャルメディアや、ゲームアプリ内においてIDやパスワードを盗み出されて勝手に課金決済を行われたり、ゲームアプリ用に登録されていたクレジットカード番号を盗み出され、各種の決済行為に利用されてしまう等の事例を指します。

【インターネット取引における詐欺の手口を紹介します】

IT取引被害の発生源となる犯罪者の手口や手法は、オークション等の事例においては、高価な商品を敢えて安い値段で出品し、最初は購入者を安心させた後に、詐欺を行ったり、代引き等の決済方法を嫌がる傾向があります。ワンクリック詐欺は、アダルトサイト等をクリックしたらその時点であたかも料金が発生したかのような不安を煽る案内を行いますが、実際にはその時点で料金は発生する事はないのです。

【IT課金被害の手口を紹介します】

各種ソーシャルネットーワークで発生する課金被害の手口や手法は、そのユーザーのIDやパスワードの奪取から始まります。一秒間に数百もの試行が可能な解析ツール等を使用し、パスワード等を盗み出します。一度パスワード等を盗み出すことが可能になると、大くのユーザーはクレジットカード等も似たような数字の配列をパスとする傾向がある為、芋づる式にクレジットカードの乱用も行われてしまうのです。

茨城県のおもしろい条例

[大子町「ふるさと農園に関する条例」]

大子町の「ふるさと農園に関する条例」は、町への定住促進及び町有遊休地の利活用を図り地域の活性化を推進するために、平成19年9月18日に施行された条例です。この条例のすごいところは、第9条に示す「農園の貸付料は、無料とする。」と、第10条の「農園の貸付期間は、契約締結の日から20年以内とする。」ということです。定住が前提で20年間は無料というのが斬新です。平成19年の応募は179組ありました。

[笠間市地酒を笠間焼で乾杯する条例]

笠間市の「笠間市地酒を笠間焼で乾杯する条例」は、平成25年12月19日に施行された条例です。条例の目的は、笠間市産の清酒等を笠間焼の器で乾杯する習慣を広め、地元の生産品の消費を促し、郷土を愛する社会的機運を高めていくことです。施行以来、開催されているイベント「SAKE GARDEN」は市民参加の場として定着しています。また、第4条では、市民にこの取り組みに協力するよう求めていますが、次の第5条では「個人の嗜好及び意思を尊重する」となっており、お酒の苦手な方にもやさしい地域思いの条例です。

茨城県の裁判所一覧

[地方裁判所]

  • 水戸地方裁判所 茨城県水戸市大町1-1-38
  • 水戸地方裁判所日立支部 茨城県日立市幸町2-10-12
  • 水戸地方裁判所土浦支部 茨城県土浦市中央1-13-12
  • 水戸地方裁判所龍ヶ崎支部 茨城県龍ヶ崎市4918番地
  • 水戸地方裁判所麻生支部 茨城県行方郡麻生町大字麻生143番地
  • 水戸地方裁判所下妻支部 茨城県下妻市大字下妻乙99番地

[家庭裁判所]

  • 水戸家庭裁判所 茨城県水戸市大町1-1-38
  • 水戸家庭裁判所日立支部 茨城県日立市幸町2-10-12
  • 水戸家庭裁判所土浦支部 茨城県土浦市中央1-13-12
  • 水戸家庭裁判所龍ヶ崎支部 茨城県龍ヶ崎市4918
  • 水戸家庭裁判所麻生支部 茨城県行方市麻生143
  • 水戸家庭裁判所下妻支部 茨城県下妻市下妻乙99

[簡易裁判所]

  • 水戸簡易裁判所 茨城県水戸市大町1-1-38
  • 笠間簡易裁判所 茨城県笠間市笠間1753
  • 常陸太田簡易裁判所 茨城県常陸太田市木崎二町2019
  • 日立簡易裁判所 茨城県日立市幸町2-10-12
  • 土浦簡易裁判所 茨城県土浦市中央1-13-12
  • 石岡簡易裁判所 茨城県石岡市府中1-6-3
  • 龍ヶ崎簡易裁判所 茨城県龍ヶ崎市4918
  • 取手簡易裁判所 茨城県取手市取手3-2-20
  • 麻生簡易裁判所 茨城県行方市麻生143
  • 下妻簡易裁判所 茨城県下妻市下妻乙99
  • 下館簡易裁判所 茨城県筑西市乙237-6
  • 古河簡易裁判所 茨城県古河市東3-4-20

茨城県の公証役場一覧

  • 水戸合同公証役場 茨城県水戸市桜川1-5-15 都市ビル6階
  • 土浦公証役場 茨城県土浦市富士崎1-7-21 和光ビル4階
  • 日立公証役場 茨城県日立市幸町1-4-1 日立駅前ビル4階
  • 取手公証役場 茨城県取手市取手2-14-24 竹内ビル2階
  • 下館公証役場 茨城県筑西市丙360 スピカ6階 下館商工会議所内
  • 鹿嶋公証役場 茨城県鹿嶋市宮中8-12-6