群馬県の弁護士の感想・感謝の言葉の検索なら「弁護士ジャパン」

弁護士ジャパン・コラム

群馬県に関する法律ニュース

群馬県の変わり種条例2選

【水源村宣言】
群馬県の旧黒保根村が「水源村宣言」を平成8年3月に行いました。旧黒保根村は現在桐生市と合併し、この宣言は桐生市が引き継いでまだ有効な宣言となっています。宣言は規範までは定めていない条例のことを指し、少し違うので注意が必要です。水源村宣言は村の象徴としての水源を守ることや自然との共生を目的に全国で初めて行われました。水源村宣言広場や水源の森、さらには砂防ダムを活用したマイクロ水力発電所が建設され、宣言の推進に努めました。

【光環境条例】
群馬県高山村で平成10年10月に「光環境条例」を施行しました。この条例は、県立ぐんま天文台を建設したことに合わせて制定されたものです。条例の目的は、人工光の増加の抑制をし、星空を守ることです。また、夜間の暮らしの安全性を保つために必要な人工光を確保しながらという、暮らしにおける光環境の維持についても定められています。具体的には屋外の照明器具の設置方法を変えたり、天体観測に影響が少ない光源を使用したりというような活動が進められています。