東京都で行政関係、税金問題(個人の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

東京都で行政関係、税金問題を取り扱う弁護士が366名見つかりました。行政関係、税金問題における悩みは多岐に亘ります。例えば、「マンション建設に反対する為、許可を出した死にたいし樹民訴訟を起こしたい」「生活保護を申請したいが手伝って欲しい」「公的年金の受取り資格がないと行政担当から言われて困っている。相談に乗って欲しい」「固定資産の課税額についてどうても納得が行かないので、不服申立をしたいのて手伝って欲しい」というような悩みがあります。弁護士ジャパンでは、弁護士登録をされている弁護士に先生をほぼ全て網羅しており、更に各弁護士の注力分野、取扱分野、学歴、これまでの経歴、著作・執筆の履歴(現在鋭意作成中)や、取り扱った事例(作成中)、懲戒の履歴そして相談者の方の感謝の言葉などを掲載していますので、ほぼすべての弁護士の中から比較検討が可能です。なお、注力分野に行政関係、税金問題が設定されているから大丈夫とは思わず、あるいは懲戒の履歴があるから絶対ダメとは思わず、気になる弁護士を数名ピックアップし、電話や、実際に面談し、あなたの悩みを相談してみてください。懲戒の履歴がある場合にはその理由などについても確認してください。一度相談したらその弁護士にお願いしなければならないと思わず、複数の弁護士に相談し、そしてその中から、自分の相談に親身に応じてくれそうだとか、行政関係、税金問題にとても経験が豊富だとか、ご自身が信頼できると思った弁護士を見つけてください。弁護士ジャパンは貴方の行政事件や税金の問題などの悩みの解決に最適な弁護士を探すお手伝いをしたいと思っています。弁護士に依頼しトラブルが首尾よく解決できた際には、次にトラブルを抱えている相談者の為に、是非弁護士ジャパンに「感謝の言葉」をお寄せください。

弁護士ジャパン・コラム

行政関係、税金問題に関する法律ニュース

行政事件についての概要

行政事件とは何か

行政事件とは、民事事件でも刑事事件でもなく、私人が国や地方公共団体の行政によって被害が生じる事件を言います。訴訟の関連で言えば、私的な事柄で被害者が加害者に損害賠償を求めるのが民事事件で、私的なことで被害者になり代わり検察官が加害者に刑罰を求めるのが刑事事件ですから、公的権力行使のことで被害者が国や地方公共団体に取り消しなどの救済を求める行政事件とは、その性格が違うことになります。

行政事件を事例で考える

行政事件の訴訟では、その訴訟内容が主観訴訟と客観訴訟との2つに大別されます。主観訴訟の事例としては、差止訴訟があります。行政庁が行政上の何らかの決定を行い、それが個人に重大な損害を及ぼす可能性があり、他に適当な方法がない場合、それの差止を訴えることができます。客観訴訟の場合は、個人ではなく住民全体に被害が及ぶ場合で、事例としては、法秩序維持のための住民訴訟がこれに該当します。

行政事件の基礎知識

行政事件を考える上で基礎知識として最低限知っておくべきことは、国や公共団体の違法な行政によって国民が被害を受ける場合、その行政の違法性を争って裁判を起こすことが行政事件訴訟といわれるものであることです。そして、行政事件訴訟法に基づいて裁判が行われることも知っておかなければなりません。勝訴できれば、処分取り消しや無効確認などの判決がなされます。

公的年金と生活保護は生活を営む権利です

「年金=高齢者」とは限りません

公的年金制度には、国民年金法と厚生年金保険法に基づくものがあります。どちらも収入が得られなくなったときに、憲法で保障されている生存権を保護するための制度です。その種類は老齢、障害、遺族の3種類があり、高齢で働けなくなるだけでなく、障害が残る病気やケガ、家計を担う配偶者の死亡のリスクについてもきっちりと対応しています。障害年金は受給できることを知らない人も多く、啓発が必要となるでしょう。

老齢年金は払った金額によって給付が決まります

公的年金の給付内容は3種類ありますが、老齢年金については支払額によって給付が変わってきます。国民年金は、原則20歳から60歳までの480カ月の間に支払いを行った回数を480で割り、その数に満額での支給額をかけることで給付額が計算できます。障害年金については毎月の支払いを行っていることで若年者でも一定額の支給を受けることになります。保険という観点でも心強い内容と言って良いでしょう。

生活するためのお金が本当に出ないかを調べます

生活保護の受給には条件があります。働けないことが条件になりますが、これは世帯主だけではなく、家族全員が生活に必要な収入を得られないことが必要になります。さらに、資産がなく、経済的な扶助を受けられる親族もおらず、他の社会保険制度を活用することもできない場合に生活保護が給付されます。生活を再建する間の補助という考え方であり、担当者とは生活保護を終了させるプロセスについても話をすることになります。

個人の年金・保険問題と、その解決策や予防策をご紹介

深刻化する年金の未納問題

年金問題についての主な例として、年金の未納問題があります。日本の年金保険料は20歳を過ぎたら、必ず収めなければならない制度です。しかし、特に第1号被保険者の国民年金保険料は納付率が低く、無職やフリーター、学生さんなどの所得がない、あるいは低い人の未納が問題となっています。

健康保険の赤字問題

保険問題の一つの例として、健康保険の赤字問題があります。少子高齢化が進む日本社会では、保険料収入が伸び悩む一方で、国民医療費は毎年増加の一途をたどり、年1兆円ほど増大しています。保険料収入と医療費負担のアンバランスは、早期に解決すべき問題で、対策が急がれています。

年金未納問題の解決と予防策

年金問題の一つの例として、年金保険料の未納問題があります。その解決策として、保険料を支払う能力が十分あるにも関わらず、故意に納付しない人に対しては、強制徴収や財産の差し押さえといった方法があります。また、予防策として、保険料を納付しやすいサービスの導入や、年金の重要性、手続き方法についてわかりやすく説明することが必要です。

健康保険赤字問題の解決策と予防策

保険問題の一例として、健康保険の赤字問題があります。一つの解決策としては、高齢者も含めた国民全体の医療費の負担を引き上げるという方法があります。また、予防策として、国民の健康維持のため、病院にかかる前に健康的な習慣を身に付けるよう国や地方自治体、企業が促すことも重要です。

東京都の不思議な条例

[公衆浴場の設置場所の配置及び衛生措置等の基準に関する条例]

東京都が昭和39年8月1日に制定した条例なのですが、少し変わったものがあります。その内容は10歳以上の男女を混浴させてはならないというものです。東京都環境保健衛生課によると、混浴禁止の規定を設けた際に子どもの体つき、発育度、親御さんから独立しての入浴が可能なのかといった観点から禁止する年齢を決めたようです。

[安全で快適な千代田区の生活環境の整備に関する条例]

これは東京都千代田区で平成14年10月1日に制定された条例です。(罰則の適用は同年11月1日から)その内容はタバコのポイ捨てや区内での路上喫煙を禁止するというもので、違反の場合には2万円以下の過料を罰則として定めています。この条例ができた背景としては、当時、千代田区は夜間人口が4万人であるのに対して昼間人口が約100万人と昼夜で人口の差が大きく、昼に多くの人々が区に集中してしまうためポイ捨てや歩きタバコが多発しました。それゆえに苦情や改善を求める要望が多く、平成11年4月からポイ捨てを禁止する条例を開始させるも特にこれといった罰則がなかった為効果は今一つでした。さらに歩きタバコは衣服が焼け焦げたり火傷を負う可能性があるということもあり、再び議論を重ねた末にこの条例が成立しました。

東京都の裁判所一覧

[高等裁判所]

  • 東京高等裁判所 東京都千代田区霞ヶ関1の1の4

[地方裁判所]

  • 東京地方裁判所 東京県千代田区霞ヶ関1-1-4
  • 東京地方裁判所八王子支部 東京都八王子市明神町4-21-1

[家庭裁判所]

  • 東京家庭裁判所 東京都千代田区霞が関1-1-2
  • 東京家庭裁判所八丈島出張所 東京都八丈島八丈町大賀郷1485-1
  • 東京家庭裁判所伊豆大島出張所 東京都大島町元町字家の上445-10
  • 東京家庭裁判所立川支部 東京都立川市緑町10-4

[簡易裁判所]

  • 東京簡易裁判所墨田庁舎 東京都墨田区錦糸4-16-7
  • 八丈島簡易裁判所 東京都八丈島八丈町大賀郷1485-1
  • 伊豆大島簡易裁判所 東京都大島町元町字家の上445-10
  • 新島簡易裁判所 東京都新島村本村3-2-2
  • 八王子簡易裁判所 東京都八王子市明神町4-21-1
  • 立川簡易裁判所 東京都立川市緑町10-4
  • 武蔵野簡易裁判所 東京都武蔵野市中町2-4-12
  • 青梅簡易裁判所 東京都青梅市師岡町1-1300-1
  • 町田簡易裁判所 東京都町田市森野2-28-11

東京都の公証役場一覧

  • 霞ヶ関公証役場 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル地下1階
  • 日本橋公証役場 東京都中央区日本橋兜町1-10 日証館ビル1階
  • 渋谷公証役場 東京都渋谷区神南1-21-1 日本生命渋谷ビル8階
  • 神田公証役場 東京都千代田区鍛冶町1-9-4 KYYビル3階
  • 池袋公証役場 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60ビル8階
  • 大森公証役場 東京都大田区大森北1-17-2 大森センタービル2階
  • 新宿公証役場 東京都新宿区西新宿7-4-3 升本ビル5階
  • 文京公証役場 東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター8階
  • 上野公証役場 東京都台東区東上野1-7-2 冨田ビル4階
  • 浅草公証役場 東京都台東区雷門2-4-8 あいおいニッセイ同和損保浅草ビル2階
  • 丸の内公証役場 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル2階235区
  • 京橋公証役場 東京都中央区京橋1-1-10 西勘本店ビル6階
  • 銀座公証役場 東京都中央区銀座2-2-6 第2DKビル5階
  • 新橋公証役場 東京都港区新橋1-18-1 航空会館6階
  • 芝公証役場 東京都港区西新橋3-19-14 東京建硝ビル5階
  • 麻布公証役場 東京都港区麻布十番1-4-5 深尾ビル5階
  • 目黒公証役場 東京都品川区上大崎2-17-5 デルダンビル5階
  • 五反田公証役場 東京都品川区東五反田5-27-6 第一五反田ビル3階
  • 世田谷公証役場 東京都世田谷区三軒茶屋2-15-8 ファッションビル4階
  • 蒲田公証役場 東京都大田区西蒲田7-5-13 森ビル2階
  • 王子公証役場 東京都北区王子1-14-1 山本屋ビル3階
  • 赤羽公証役場 東京都北区赤羽南1-4-8 赤羽南商業ビル6階
  • 小岩公証役場 東京都江戸川区西小岩3-31-14 ジブラルタ生命小岩ビル5階
  • 葛飾公証役場 東京都葛飾区青戸6-1-1 朝日生命葛飾ビル2階
  • 錦糸町公証役場 東京都墨田区江東橋3-9-7 国宝ビル5階
  • 向島公証役場 東京都墨田区東向島6-1-3 小島ビル2階
  • 千住公証役場 東京都足立区千住旭町40-4 サンライズビル3階・4階
  • 練馬公証役場 東京都練馬区豊玉北5-17-12 練馬駅前ビル3階
  • 中野公証役場 東京都中野区中野5-65-3 A-01ビル7階
  • 杉並公証役場 東京都東京都杉並区天沼3-3-3 澁澤荻窪ビルディング4階
  • 板橋公証役場 東京都板橋区板橋2-67-8 板橋中央ビル9階
  • 麹町公証役場 東京都千代田区麹町4-4-7 アトム麹町タワー6階
  • 浜松町公証役場 東京都港区芝大門1-4-14 芝栄太楼ビル7階
  • 八重洲公証役場 東京都中央区八重洲1-7-20 八重洲口会館6階
  • 大塚公証役場 東京都豊島区南大塚2-45-9 ヤマナカヤビル4階
  • 赤坂公証役場 東京都港区赤坂3-9-1 八洲貿易ビル3階
  • 高田馬場公証役場 東京都新宿区高田馬場3-3-3 NIAビル5階
  • 昭和通り公証役場 東京都中央区銀座4-10-6 銀料ビル2階
  • 新宿御苑前公証役場 東京都新宿区新宿2-9-23 SVAX新宿B館3階
  • 武蔵野公証役場 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-11 松栄ビル4階
  • 立川公証役場 東京都立川市柴崎町3-9-21 エルフレア立川ビル2階
  • 八王子公証役場 東京都八王子市東町7-6 ダヴィンチ八王子2階
  • 町田公証役場 東京都町田市中町1-5-3
  • 府中公証役場 東京都府中市寿町1-1-3 三ツ木寿町ビル2階
  • 多摩公証役場 東京都多摩市落合1-7-12 ライティングビル1階