神奈川県の弁護士の感想・感謝の言葉の検索なら「弁護士ジャパン」

弁護士ジャパン・コラム

神奈川県に関する法律ニュース

神奈川県の住民思いな条例

【話題になった全国初の受動喫煙防止条例】
「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」は、公共施設内における受動喫煙による健康への悪影響を防止する目的で制定された条例です。公共的施設には、病院、劇場、学校のほか、一部例外を除いて飲食店や旅館、カラオケ店などの店舗も含まれます。飲食店や旅館などに関しては、完全に分煙できれば喫煙所を設けることは可能。喫煙が禁止されているエリアで喫煙した場合には罰則が設けられており、喫煙者には2万円以下の罰金が課せられます。受動喫煙防止に関する条例としては、全国で初めて制定されました。

【地元団体と一体となった水辺環境保全活動】
「相模原市ホタル舞う水辺環境の保全等の促進に関する条例」は、ホタルの生息環境の保全などを通して、豊かな自然環境を次世代に繋ぐために制定された条例です。ホタルのいる水辺環境の保護を中心とした市民の活動を促進する内容で、この条例のもと市長から認定を受けた団体がそれぞれに割り当てられた地域で、川辺の清掃、パトロール、調査などの活動を行っています。