新潟県の弁護士の口コミ・評判の検索なら「弁護士ジャパン」

HISTORY閲覧履歴

COLUMN 法律に関するお役立ち情報

弁護士ジャパン・プレスの法律ニュース

新潟県ならではのおもしろ条例とは?

【朝食を指定される?】
新潟県南魚沼市が平成25年に施行した南魚沼市コシヒカリの普及促進に関する条例は、一風変わった条例です。例えば第4条では「特に朝食ではコシヒカリ又はその加工品を用いるよう努めるものとする」と定められています。米どころの新潟県ならではの条例といえるでしょう。

【地元に優秀な人材を確保したい!】
新潟県上越市では、戦国武将の上杉謙信にあやかり、謙信公アカデミー条例というものを制定しています。ただしこの条例は学びを指導するものではなく、地元で育った学業で優秀な人材に奨学金を貸し付けたり、地元出身の独創的で何かの先駆けとなる研究を行う研究者に研究支援費をあげたりするなど、財団のような役割を果たしています。

【雪国の決意を感じます。】
新潟県長岡市で昭和38年に制定された無雪都市宣言は、雪国なのに無雪?と思う方もいるかもしれません。これは長岡市が雪国だからといって雪害を受けることを甘んじず、いち早く地下水を溶かし雪を溶かす消雪パイプを導入し大きな成果を得たことが制定のきっかけとなっています。内容としては、長岡市全域にわたり、無雪のもたらす恵みを確保しようとするものです。

  • 稲谷 陽一郎 弁護士 インタビュー
  • 小島 宏之 弁護士 インタビュー
  • 吉野 隆二郎 弁護士 インタビュー
  • 光永 享央 弁護士 インタビュー
  • 浦崎 寛泰 弁護士 インタビュー
  • 沙藤 達哉 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す