岐阜県の弁護士の感想・感謝の言葉の検索なら「弁護士ジャパン」

弁護士ジャパン・コラム

岐阜県に関する法律ニュース

岐阜県の珍しい条例2選

【ギフチョウ保護条例】
岐阜県の飛騨市において「ギフチョウ保護条例」が平成16年2月に施行されました。この条例はもともと合併前の河合村にあった条例で、それを飛騨市が引き継ぎました。この条例の最大の特徴であるギフチョウとは、岐阜県の昆虫研究者が発見したのでギフという県名が入っていて、日本にしか生息しない蝶のことです。また、この蝶はカンアオイという植物の葉だけを食べるため繁殖が難しく貴重な蝶とされています。そのため、この条例ではギフチョウ及びカンアオイの保護および増殖を目的にしています。この蝶は岐阜県内に生息しているので、飛騨市以外の市町村でも保護する条例があります。

【家庭の日を定める条例】
岐阜県で昭和42年4月に施行された「家庭の日を定める条例」というものがあります。毎月第3日曜日を家庭の日として、家族が話し合い、楽しみあい、協力し合うように努めることが定められています。家庭の日を定めている地方自治体もありますが、岐阜県のこの条例はとても古く歴史のある条例なので珍しいのです。明るく豊かな家庭づくりをすすめることを目的とされています。古い条例ですが、家庭の日の普及拡大、そして実践に努めています。