京都府の弁護士の口コミ・評判の検索なら「弁護士ジャパン」

HISTORY閲覧履歴

京都府ならではの条例お教えします

【厳しい景観条例】
京都府には、全国で他に類を見ないような厳しい景観条例が存在します。この景観条例は、歴史都市・京都の町並みの美しさを保つことが目的で、違反すると罰則も課されます。特に厳しい京都市内では、店舗の外装を街のイメージに沿うように設定し、屋外や屋根上に派手な看板は設置することができないという徹底ぶりです。また、建物の高さについても、景観を損ねるような高い建物を作ることはできません。現在ある31メートル以上の建物は条例が施行される前に建設されたもので、老朽化などで一度崩すと、現在は同じ高さの建築物を作ることはできません。景観条例を意識しながら観光すると面白いかもしれません。

【面白いゴミ条例「しまつのこころ条例」】
関西圏有数の人口を誇る京都市ではゴミの増加が問題となっており、ゴミの半減を目指して「しまつのこころ条例」という条例が発布されています。京都市民だけではなく、事業主も積極的にこの活動に取り組み、観光客を含めみんながよりよく過ごしていける街を目指しています。

  • 戸田 哲弁護士 インタビュー
  • 田沢 剛 弁護士 インタビュー
  • 鈴木 秀二 弁護士 インタビュー
  • 佐久間 大輔  インタビュー
  • 金川 征司 弁護士 インタビュー
  • 岡村 久道 弁護士 インタビュー
  • 久保利 英明 弁護士 インタビュー
  • 島 昭宏 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す