奈良県の弁護士の口コミ・評判の検索なら「弁護士ジャパン」

HISTORY閲覧履歴

奈良県のとても変わった条例

【カラスによる被害の防止及び良好な生活環境を守る条例】
これは奈良市が平成25年6月18日に制定した条例で、カラスによる市民等に対する被害を防止するために制定されました。鳴き声や糞尿や汚物及びそれらから発する臭気、飛散する羽毛、攻撃、威嚇、破壊行為といったカラス被害に対し、良好な生活環境を守るためにカラスにエサを与えることを禁止したり、被害を発生させないために自主的に取り組まなければならないという内容で規定に違反すると最悪の場合10万以下の罰金になります。

【子どもを犯罪の被害から守る条例】
これは奈良県が平成17年7月1日に制定した条例で、この条例の変わっているところは公共の場で子どもに声をかけただけで条例違反になってしまうというところです。また、甘い言葉で誘うことや嘘を付くことだけでなく、言い掛かりや卑猥な発言も子どもに告げてしまうと条例違反になってしまいます。そのため、いたずらをした子どもに対してその子どもの親以外の第三者か叱るのが難しくなっています。規定に違反すると最大で30万円以下の罰金または拘留、もしくは科料が課せられます。

  • 渋谷 寛 弁護士 インタビュー
  • 戸田 哲 弁護士 インタビュー
  • 田沢 剛 弁護士 インタビュー
  • 鈴木 秀二 弁護士 インタビュー
  • 佐久間 大輔  インタビュー
  • 岡村 久道 弁護士 インタビュー
  • 久保利 英明 弁護士 インタビュー
  • 島 昭宏 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す