香川県の弁護士の感想・感謝の言葉の検索なら「弁護士ジャパン」

弁護士ジャパン・コラム

香川県に関する法律ニュース

「おせっかい」を推進する香川県!?子どもを守る高松市

【「おせっかい」で少子化対策!?】
日本では未婚率が上がり、少子化が進んでいます。原因は出会いの減少と結婚への意欲低下にあると香川県は考えました。そこで、結婚したい若者のために、県民全体で「おせっかい運動」をしよう、と定めているのが子育て県かがわ少子化対策推進条例です。香川県では「おせっかい運動」で出会いの場をつくり、結婚しやすい環境づくりに取り組んでいるのです。この条例で特徴的なのは、県や市町村だけでなく、県民や事業所が一体となる必要性を明示した点にあります。なお「おせっかい」でも、あくまで個人の意思を尊重するとも示されています。

【高松市では「子どもの権利」を重視!?】
少子化対策のためには、子育て支援も欠かせません。高松市では子ども・子育て条例が制定され、子育てを市全体で行おうと努めています。この条例で目に留まるのが子どもの「権利」と「責任」について言及されている点。なんと、子どもを守り育てるために、子ども自身がお互いの権利を認め自分を大切にしよう、と示されているのです。これはいじめ問題などを配慮し、健やかな成長を促す環境づくりを目指すための条文です。これからの香川県は、大人の「おせっかい」と子どもたち自身の努力で少子化に立ち向かっていくことでしょう。