宮崎県の弁護士の口コミ・評判の検索なら「弁護士ジャパン」

HISTORY閲覧履歴

宮崎県内の各自治体が地域資源を持続するために施行

【小林市の蛍を守ることを目的とする条例】
「小林市蛍保護条例」は、小林市内に生息している蛍の保護・増殖を図ると共に、市の自然景観を保護するために2006年3月に施行されました。蛍の乱獲、蛍の成育に必要な動植物の捕獲などを禁止している珍しい条例です。また、第3条においては市長によって出の山地区が蛍捕獲禁止区域に設定されています。

【地酒の魅力を広域に発信するための条例】
日南市は「日南市の地元本格焼酎による乾杯を推進する条例」を2013年に制定しました。同条例は日南市の本格焼酎で乾杯する習慣の定着と共に、焼酎文化と日本文化の活性化を目的としています。伝統的に焼酎の醸造が行われている日南市ならではの条例です。

【地域のPRへ繋げるための条例】
2014年3月、都農町は地元産の尾鈴ブドウを原料とする都農ワインで乾杯する習慣を広めるために「ワインで乾杯を促進する条例」を制定しました。都農ワインが誕生するまでの歴史を後世に伝える重要性が前文に記されています。条例を通じて都農ワインの普及と消費拡大は勿論のこと、町自体の注目度が高まることにも期待が寄せられています。尚、第5条において個人の嗜好と意志を尊重する旨をが明記されており、乾杯の強制は行っていません。郷土愛と地域振興の想いが込められている条例です。

  • 渋谷 寛 弁護士 インタビュー
  • 戸田 哲 弁護士 インタビュー
  • 田沢 剛 弁護士 インタビュー
  • 鈴木 秀二 弁護士 インタビュー
  • 佐久間 大輔  インタビュー
  • 岡村 久道 弁護士 インタビュー
  • 久保利 英明 弁護士 インタビュー
  • 島 昭宏 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す