欠陥商品・製造物責任(消費者被害)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の口コミ/評判をお探しなら弁護士ジャパン

HISTORY閲覧履歴

COLUMN 法律に関するお役立ち情報

欠陥商品・製造物責任に関する法律ニュース

欠陥商品に関わる製造物責任について

【欠陥商品の被害者層とは?】
欠陥商品とは、その商品は本来有する機能又は性能が発揮されていないもの又は安全性に問題のある商品です。欠陥がある、なしの判定は、メーカーが当該商品の引き渡しを行った時期等の要因をもって判定される事となります。よって、欠陥商品の被害者層は、その当該商品の引き渡しを受けた購買者(消費者)が該当する事となります。

【欠陥商品の販売手口や手法】
欠陥商品の販売手口や手法は、その販売される商品やサービスにより細かく分類されていきますが、健康食品等の場合は、科学的根拠を有さず「患部の治療に効果がある」等の宣伝を行い、消費者にその商品を購入させる手口が存在しています。賃貸サービス等においては、賃貸契約後にその当該住居が欠陥だらけであった等の手口もこれに該当します。

【欠陥商品絡みの裁判の事例】
ペットの犬に散歩中に装着する伸縮リードのブレーキがかからず、散歩中の犬の走行を止めることが出来なかったとしてそのリードが欠陥商品か否かを争点とする裁判の事例が存在しています。裁判所の判決は、伸縮リードのブレーキは、本来その製品に備えられておかなければならない機能であるとして、製造物責任法3条における欠陥を認定し、損害賠償請求を一部認めています。

【製造物責任とは?】
「製造物責任」とは、その欠陥商品を引き渡した販売者等が自らの意思により引き渡した当該商品により、その購買者及びその購買者周辺の人や財産等に、損害を与えたと認められる場合に、その販売者等が、被害を被った方に対して行う義務を有する損害賠償責任の事を指します。

  • 稲谷 陽一郎 弁護士 インタビュー
  • 小島 宏之 弁護士 インタビュー
  • 吉野 隆二郎 弁護士 インタビュー
  • 光永 享央 弁護士 インタビュー
  • 浦崎 寛泰 弁護士 インタビュー
  • 沙藤 達哉 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す