証券・先物取引被害に得意な弁護士の口コミ・評判の検索なら「弁護士ジャパン」

HISTORY閲覧履歴

証券・先物取引の様々な被害について!

【先物取引の被害者層はやや広い?】
証券・先物取引被害に遭っている年齢層は主に40代から70代以上と幅広く、様々な手口や手法によって被害に遭っている傾向にあります。高齢者だけでなく主婦や年金受給者など範囲が広く、最初に説明をしてくれるものの複雑な仕組みや重要なことを説明してくれることはありません。途中で取引を辞めたいと言ってもやめさせてくれないのが特徴として挙げられます。

【強引に取引を始めさせる手口が主流!】
主に商品先物取引は高齢者が被害に遭いやすく、気を付けなければならないことが多くあります。最初に絶対に儲かるという甘い言葉でこちらを煽り、あの手この手で取引をさせようと迫ってきます。取引が始まり次第預託金や手数料を稼ぐ為に様々な取引をさせようとしてきます。利益が出ようが出まいが相手にとっては関係なく、利益が出たところで全て業者が吸い上げてしまうという手法が一般的です。

【悪質な証券被害の手口と手法!】
証券被害に遭いやすい手口には株や通貨などの様々な手法があります。未公開の株が上場する予定といって必ず儲かるという勧誘や海外の通貨の話を持ち出して経済が急成長するといった話を信じ込ませ、高値で通貨を買わせるなど非常に悪質な手口ばかりです。問題なのはこれらを巧みに信じ込ませようとしてくることなので、これらの話を鵜呑みにしないことが重要です。

  • 戸田 哲弁護士 インタビュー
  • 田沢 剛 弁護士 インタビュー
  • 鈴木 秀二 弁護士 インタビュー
  • 佐久間 大輔  インタビュー
  • 金川 征司 弁護士 インタビュー
  • 岡村 久道 弁護士 インタビュー
  • 久保利 英明 弁護士 インタビュー
  • 島 昭宏 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す