消費者被害(個人の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

弁護士ジャパン・コラム

詐欺・マルチ・消費者契約法違反に関する法律ニュース

もう詐欺・マルチ・過量販売に騙されない

【油断大敵!みんな騙される可能性がある】
詐欺、マルチ、過量販売での被害額は年々増加傾向にあります。被害者層は主に高齢者の女性に多く年齢は60代、70代以降が半数以上、男性は70代以降に増えています。しかし詐欺にも色んな種類があり、まだ世間を知らない20〜30代の純粋な若者も被害にあうなど手口が巧妙になってきています。どの年齢でも被害者になる可能性はあるのです。

【詐欺の手口について】
詐欺の手口、手法は様々ですが電話でのオレオレ詐欺は有名です。緊急性を装いパニックにさせて周りに相談する時間を与えません。電話を第三者に変わって警察や会社の上司などを名乗るケースもあり複数犯が行う事もあります。最近はインターネットの普及により商品の売買を行うケースも増えていますが、商品を発送したのにお金が振り込まれないなども詐欺にあたります。

【マルチ商法の手口について】
マルチ商法とは、商品を販売しながら会員を勧誘するとリベートが得られると言って消費者を一緒に販売員にする方法です。会員を増やしながら販売していきます。健康食品、化粧品、健康器具、セミナー、布団など手口、手法は様々です。勧誘している本人が騙されていると思っていなくて、本当に良い物を紹介しているとマインドコントロールされている場合もあります。収入や色々な悩みにつけ込んでくるのが特徴です。

【適量販売の詐欺手口について】
適量販売の手口、手法としては、電気水道ガスなど適量が曖昧なものを、今より安くなります、これを飲むとすべての栄養が取れます、もっと痩せますなどの言葉に騙されて多額の商品を売りつけてきます。シュミレーションなどをして今より◯円安くできます、など嘘か本当かよく分からないまま販売員を信用してしてしまい契約してしまうのです。