セクハラ・パワハラ(労働問題(労働者側))の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の口コミ/評判をお探しなら弁護士ジャパン

HISTORY閲覧履歴

セクハラ・パワハラについて

【セクハラ・パワハラの被害者層】
セクハラは、女性だけでなく男性も被害者になり得ます。例として、男性社員が女性の上司から卑猥な話をされることが挙げられます。また、職場以外にも学校など生徒がセクハラの被害者となる場合があります。パワハラは、部下が上司から受ける場合だけでなく、団結した部下たちが上司に対して行われ、上司が被害者となることもあります。また、同僚から受けるものも含まれます。

【セクハラ・パワハラの手口】
一般的なセクハラの手口で共通しているのは、性的な言葉や行いによって他人を不快にさせたり、性的な要求を拒否されたことに対して不利益を与えたりするという点です。パワハラの手口は、仕事場での優位性を乱用して他人に苦痛を与えるというものです。優位性には、上司といった役職によるものや知識や経験の差などによって生まれるものも含みます。また、苦痛を与える行為はセクハラとは異なり、性的なものではありません。

【セクハラ・パワハラの手法】
大きく分けて職場におけるセクハラには、性的な要求を拒まれたことに対して不利益を与える、対価型セクハラと、性的な言葉を発することで他人の仕事を妨害する、環境型セクハラの2つがあります。パワハラには、叩くといった身体的な攻撃や、大勢の前で叱ることで精神的な攻撃をする手法があります。極端に多い、または少ない仕事量を与える、仲間はずれにする、親族の悪口を言いプライベートを侵害するなどの手法もあり得ます。

  • 田中 雅敏 弁護士 インタビュー
  • 坂田 真吾 弁護士 インタビュー
  • 日向 一仁 弁護士 インタビュー
  • 松田 和哲 弁護士 インタビュー
  • 佐々木 龍太 弁護士 インタビュー
  • 川崎 仁寛 弁護士 インタビュー
  • 久保利 英明 弁護士 インタビュー
  • 島 昭宏 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す