労災事故(労働問題(労働者側))の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の口コミ/評判をお探しなら弁護士ジャパン

HISTORY閲覧履歴

労災事故が起こってしまった時に知っておきたいこと

【労災事故の種類とは】
労災事故とひとくくりに言っても、実は様々な種類があります。仕事内容によって起こる可能性は変わりますが、墜落や転落、はさまれや巻き込まれ、アスベストや粉塵の吸入など多岐にわたります。基本的には傷病の原因となって物が何であったかによって分類します。例えば、業務中に人体にとって有害な薬物に触れてしまった場合は有害物との接触と分類されるのです。

【慰謝料はどれくらいが妥当か】
労災事故の際には慰謝料を勤務先に対して請求することができます。相場としては、軽いものであれば100万円前後であり、よりひどい後遺障害が残ってしまった場合や命を落とした場合には3000万円前後が妥当な金額です。慰謝料には入院や通院にかかった費用が含まれます。加えて、後遺症のために必要となって費用だけでなく、死亡した場合の残された家族に対する慰謝料が含まれています。

【合わせて知っておきたいこと】
労災事故によって、事業所への勤務を一時的にでも継続することができなくなってしまった場合には、休業補償を給付してもらうことができます。その際には、速やかに労働基準監督署へ対して給付の申請を行うことが必要です。これからの請求を行うことによって、事業所から労働者が不当な扱いを受けることはないため、安心して給付を受けることができるようになっています。

  • 田中 雅敏 弁護士 インタビュー
  • 坂田 真吾 弁護士 インタビュー
  • 日向 一仁 弁護士 インタビュー
  • 松田 和哲 弁護士 インタビュー
  • 佐々木 龍太 弁護士 インタビュー
  • 川崎 仁寛 弁護士 インタビュー
  • 久保利 英明 弁護士 インタビュー
  • 島 昭宏 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す