会社法・ガバナンス・コンプライアンス(企業法務)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

顧問弁護士に関するお役立ち情報

  • なぜ中小企業・ベンチャー企業にも顧問弁護士が必要なのか

    うちは中小企業だから顧問弁護士なんて大袈裟なものは必要ないよ、と思っておられる社長様は、少し冷静に考えてみて下さい。今は企業の規模にかかわらず法令を遵守することについて大変厳しい時代になっています。 また、取引先や労使間…

  • 顧問弁護士と契約するメリット

    顧問弁護士をつけるというと、何だか敷居の高いことのように感じられるかも知れません。しかし、企業が抱える法的なリスクは年々高まっているといえます。顧問の法律家を持つことは特別のことではなく、様々な業種の企業にとってもはや必…

  • 顧問弁護士と弁護士の違い

    一般的に「顧問弁護士」と呼ばれるのは、企業や個人との間で顧問契約を締結してクライアントの法律的な相談ごとや、取引先との契約書作成、内容のチェックなどの法律全般を行う弁護士です。また、売掛金の滞納などがあれば回収の方法を指…

  • 顧問弁護士と渉外弁護士の違い

    顧問弁護士とは、企業(場合によっては個人)との間に顧問契約を交わし、月額顧問料をもらって活動する弁護士のことです。日常的な法律問題に関する相談、各種の契約書など法律関係書類の作成や会社側の作った書類のリーガルチェック、会…

  • 顧問弁護士とは

    顧問弁護士というのは、なんとなくイメージはあっても、実際に何をやっているのかがよくわからない?と感じるのではないでしょうか。そもそも顧問弁護士とは、主に企業との間で専属の顧問契約を締結し、月額顧問料を支払って次のようなこ…

会社法・ガバナンス・コンプライアンスに関する法律ニュース

法律の保険である顧問弁護士について

【常に味方の顧問弁護士とは】
会社の経営者であれば常に法律問題と直面します。ある程度の知識はあってもやはり専門家に相談して問題に向き合いたいものですが、顧問弁護士はそうした企業や経営者に寄り添ってその都度アドバイスをしてくれます。もちろん顧問弁護料は必要になりますが法律トラブルや書類関係の相談まで幅広くカバーしてくれます。また、企業だけでなく一般家庭でも顧問弁護士をつけることができます。

【気になる顧問弁護士の相場】
実際に顧問弁護士をつけようと思ったら気になるのが相場ではないでしょうか。特に一般家庭では料金次第でどうするか決めるということもあるでしょう。5万円前後が大まかな相場とされていますが、これは平成16年まで顧問弁護料は5万円以上という規定がありその流れのまま運営している弁護士が多いからです。しかし、昨今では1万円以下で契約することもできますので一種の保険のような感覚で利用できます。

【顧問弁護士をつけるメリット】
顧問弁護士と契約する場合、そのメリットを十分に理解していなければ意味がありません。例えば法律トラブルに遭遇したとき顧問弁護士がいなければインターネットなどを使い弁護士を探して相談の予約をして後日相談というプロセスが必要ですが、顧問弁護士がいれば契約内なら自由に相談できますし電話での相談も可能です。困ったときにすぐに相談できるというスピードは契約する上で非常に大きなメリットです。