企業倒産・民事再生(企業法務)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の口コミ/評判をお探しなら弁護士ジャパン

HISTORY閲覧履歴

COLUMN 法律に関するお役立ち情報

企業再生・倒産に関する法律ニュース

企業倒産と民事再生の手続きの流れについて

【企業倒産の手続き】
企業倒産は買掛金や借入金が増えすぎたり、資金繰りが行き詰ったりして企業経営が立ち行かなくなることが原因で起こります。会社を解散して清算することで事業が完全に停止することが特徴です。会社を継続させたい場合には民事再生の手続きをとることになりますが、ある程度の財産がなければ認められないことを基礎知識として知っておかなくてはなりません。流れとしては弁護士が手続きを依頼、残務整理と従業員の解雇を行います。

【民事再生の手続き】
民事再生では支払いを一時停止して、新たな返済計画を立て、または債務の一部免除などが行われる流れになります。事業を継続することが目的ですので、経営状況や借り入れ状況を見極める必要が生じます。裁判所が再建不能と判断すれば民事再生ではなく破産手続きに移行することになることを基礎知識として知っておく必要があります。債権者や得意先への説明については弁護士に依頼することができるというメリットもあります。

【民事再生法について】
民事再生法は経済的に窮境(きゅうきょう)にある債務者の事業または経済生活の再生を目的とする日本の法律です。民事再生の申立書を裁判所に提出し、財産の保全処分の申し立てを行います。民事再生手続きを監督する弁護士が監督委員として選任されます。借入金等の返済を一時ストップして、返済計画を立てることができるので精神的、経済的なストレスから解放されるというメリットがあります。

  • 稲谷 陽一郎 弁護士 インタビュー
  • 小島 宏之 弁護士 インタビュー
  • 吉野 隆二郎 弁護士 インタビュー
  • 光永 享央 弁護士 インタビュー
  • 浦崎 寛泰 弁護士 インタビュー
  • 沙藤 達哉 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す