事業再生・倒産(法人・企業の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

事業再生・倒産の分野を取り扱う弁護士が5205名見つかりました。事業再生・倒産のカテゴリーでは、会社の破産処理、民事再生、銀行などの金融債権を中心に減額し再生を目論む私的整理、会社更生などの実務を取り扱う弁護士がリストアップされています。弁護士は破産処理においては破産管財人、民事再生においては申請代理人、監督委員などの役割を担いますが、企業を破産処理したり、再生の為の債務減額やその後のフォローアップ等の役割を担いますので、十分な経験と知見が必要です。弁護士ジャパンでは、弁護士登録をされている弁護士に先生をほぼ全て網羅しており、更に各弁護士の注力分野、取扱分野、学歴、これまでの経歴、著作・執筆の履歴(現在鋭意作成中)や、取り扱った事例(作成中)、懲戒の履歴そして相談者の方の感謝の言葉などを掲載していますので、ほぼすべての弁護士の中から比較検討が可能です。なお、注力分野に事業再生・倒産が設定されているから大丈夫とは思わず、あるいは懲戒の履歴があるから絶対ダメとは思わず、気になる弁護士を数名ピックアップし、電話や、実際に面談し、あなたの悩みを相談してみてください。懲戒の履歴がある場合にはその理由などについても確認してください。一度相談したらその弁護士にお願いしなければならないと思わず、複数の弁護士に相談し、そしてその中から、自分の相談に親身に応じてくれそうだとか、事業再生・倒産にとても経験が豊富だとか、ご自身が信頼できると思った弁護士を見つけてください。弁護士ジャパンは事業再生・倒産に関する豊富な知見や経験を持つ弁護士を探したいという貴社のニーズのお手伝いをしたいと思っています。依頼した弁護士が貴社の相談内容に対し有益であった場合には、事業再生・倒産の分野で弁護士を探している次の相談者の為に、是非弁護士ジャパンに「感謝の言葉」をお寄せください。

弁護士ジャパン・コラム

事業再生・倒産に関する法律ニュース

企業倒産と民事再生の手続きの流れについて

企業倒産の手続き

企業倒産は買掛金や借入金が増えすぎたり、資金繰りが行き詰ったりして企業経営が立ち行かなくなることが原因で起こります。会社を解散して清算することで事業が完全に停止することが特徴です。会社を継続させたい場合には民事再生の手続きをとることになりますが、ある程度の財産がなければ認められないことを基礎知識として知っておかなくてはなりません。流れとしては弁護士が手続きを依頼、残務整理と従業員の解雇を行います。

民事再生の手続き

民事再生では支払いを一時停止して、新たな返済計画を立て、または債務の一部免除などが行われる流れになります。事業を継続することが目的ですので、経営状況や借り入れ状況を見極める必要が生じます。裁判所が再建不能と判断すれば民事再生ではなく破産手続きに移行することになることを基礎知識として知っておく必要があります。債権者や得意先への説明については弁護士に依頼することができるというメリットもあります。

民事再生法について

民事再生法は経済的に窮境(きゅうきょう)にある債務者の事業または経済生活の再生を目的とする日本の法律です。民事再生の申立書を裁判所に提出し、財産の保全処分の申し立てを行います。民事再生手続きを監督する弁護士が監督委員として選任されます。借入金等の返済を一時ストップして、返済計画を立てることができるので精神的、経済的なストレスから解放されるというメリットがあります。