情報管理・サイバーセキュリティ(企業法務)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

弁護士ジャパン・コラム

情報管理に関する法律ニュース

個人情報保護の説明及び罰則など

【個人情報保護法とは何か】
個人情報保護法とは、基礎知識として平成15年5月に公布、平成17年4月に全面施行されたもので、急速な情報化の発展に伴い個人の権利や利益を守るために作られた法律です。平成27年9月には、グローバル化された事業活動の広がりやパーソナルデータを活用することが浸透したことによって「改正個人情報保護法」が公布されています。特定の個人と判断できる名前や生年月日などの情報を保護する法律です。

【違反をした時の罰則の内容】
管理不十分によって個人情報が漏洩した場合、個人情報保護法違反となり大臣からの勧告・命令に違反すると罰則として「6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金」が課せられることになります。刑事罰であり、漏洩による被害の有無に関わらず損害賠償民事訴訟が発生し多額の賠償金を支払うこともあります。また信頼を失うというリスクもあり、事業者としての存続が危ぶまれる場合もあり信頼回復も簡単ではありません。

【違反の防止策とは】
適切な保護装置をとることは個人情報保護法違反の防止策になります。宛先の間違いや記録媒体の持ち出し及び不適切な管理、シュレッダーの不使用など初歩的なミスの他にも、パソコンの安易なパスワードや安全ではないwebサイトへの接続、セキュリティソフトの導入や更新ができていないなど情報漏洩は人為的なミスが多いものです。人への対策と共に徹底した安全管理が必要になります。