知的財産・エンタメ(法人・企業の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

知的財産・エンタメの分野を取り扱う弁護士が2417名見つかりました。知的財産・エンタメのカテゴリーでは特許法、実用新案法、意匠法、商標法、不正競争防止法、著作権法、エンタテインメント法等の法律でカバーされる分野を意図し、違法行為に起因する争訟だけに留まらず、ライセンス契約や共同研究開発等の権利関係の伴う取引等も意図しています。企業活動において知財の重要性は益々増すばかりであり、競合他社との差別化や参入障壁作りなどを考えたときに、戦略的な意思決定が求められる分野です。こちらのカテゴリーでは、当該分野に知見を持つ弁護士がリストアップされています。弁護士ジャパンでは、弁護士登録をされている弁護士に先生をほぼ全て網羅しており、更に各弁護士の注力分野、取扱分野、学歴、これまでの経歴、著作・執筆の履歴(現在鋭意作成中)や、取り扱った事例(作成中)、懲戒の履歴そして相談者の方の感謝の言葉などを掲載していますので、ほぼすべての弁護士の中から比較検討が可能です。なお、注力分野に知的財産・エンタメが設定されているから大丈夫とは思わず、あるいは懲戒の履歴があるから絶対ダメとは思わず、気になる弁護士を数名ピックアップし、電話や、実際に面談し、あなたの悩みを相談してみてください。懲戒の履歴がある場合にはその理由などについても確認してください。一度相談したらその弁護士にお願いしなければならないと思わず、複数の弁護士に相談し、そしてその中から、自分の相談に親身に応じてくれそうだとか、知的財産・エンタメにとても経験が豊富だとか、ご自身が信頼できると思った弁護士を見つけてください。弁護士ジャパンは知的財産・エンタメに関する豊富な知見や経験を持つ弁護士を探したいという貴社のニーズのお手伝いをしたいと思っています。依頼した弁護士が貴社の相談内容に対し有益であった場合には、知的財産・エンタメの分野で弁護士を探している次の相談者の為に、是非弁護士ジャパンに「感謝の言葉」をお寄せください。

弁護士ジャパン・コラム

知的財産・エンターテインメントに関する法律ニュース