税務(法人・企業の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

税務の分野を取り扱う弁護士が920名見つかりました。税務は、すべての企業に関わる義務であり、課税に関わるトラブルを抱えることは通常の企業活動においても多大なレピュテーションダメージ伴う事象である為に、それらのリスクを低減させることは企業経営者にとっては常識です。他方、税務は社会の情勢に合わせて変化が多い分野である為に、課税当局との見解の相違が発生しやすい分野でもあり、時として当局との税務争訟を遂行することが求められます。また、企業活動が国際化する昨今では、国際税務最適化や海外課税当局との対応なども企業経営において重要な問題となります。こちらのカテゴリーでは当該分野に知見のある弁護士の一覧を表示するようにしています。弁護士ジャパンでは、弁護士登録をされている弁護士に先生をほぼ全て網羅しており、更に各弁護士の注力分野、取扱分野、学歴、これまでの経歴、著作・執筆の履歴(現在鋭意作成中)や、取り扱った事例(作成中)、懲戒の履歴そして相談者の方の感謝の言葉などを掲載していますので、ほぼすべての弁護士の中から比較検討が可能です。なお、注力分野に税務が設定されているから大丈夫とは思わず、あるいは懲戒の履歴があるから絶対ダメとは思わず、気になる弁護士を数名ピックアップし、電話や、実際に面談し、あなたの悩みを相談してみてください。懲戒の履歴がある場合にはその理由などについても確認してください。一度相談したらその弁護士にお願いしなければならないと思わず、複数の弁護士に相談し、そしてその中から、自分の相談に親身に応じてくれそうだとか、税務にとても経験が豊富だとか、ご自身が信頼できると思った弁護士を見つけてください。弁護士ジャパンは税務に関する豊富な知見や経験を持つ弁護士を探したいという貴社のニーズのお手伝いをしたいと思っています。依頼した弁護士が貴社の相談内容に対し有益であった場合には、税務の分野で弁護士を探している次の相談者の為に、是非弁護士ジャパンに「感謝の言葉」をお寄せください。

弁護士ジャパン・コラム

税務に関する法律ニュース

税務結果等に不服がある場合に起きる税務訴訟の内容について

税務訴訟とはどういう訴訟なのか

税務訴訟とは、税金を支払った納税者が、税務署長や国税局長又は国土交通大臣等が定めたその税金額に対して不服がある場合に、地方裁判所等に提訴する事により発生する訴訟を指します。この税務訴訟においては、課税の対象とされている財産の可否を争う「課税訴訟」、税金の徴収を争点とする「徴収訴訟」、課税庁の保有する質問調査権という権力の行使を争点とする「国家賠償訴訟」の3つを争点とすることが可能です。

税務訴訟にすぐ移行するわけではありません

税務訴訟は、即座に訴訟に持ち込めるわけではなく、2段階の手続きを経てから訴訟に移行する事となります。その不服の要因となった処分に対して、異議申し立ての書類を提出する必要があります。この異議申し立てに対する国側の決定にも不服がある場合に、国税不服審判所長に対して審査請求を行う事となり、この審査の裁決になお不服がある場合に税務訴訟を行うことが可能となるのです。以上が、税務訴訟手続きの流れとなります。

税務訴訟にかかる各種費用

実際に税務訴訟を行うことが確定すると、異議申し立ての書類提出等と異なり各種の裁判費用が発生します。裁判の判決により、原告側か被告側どちらかが支払うのかが確定する「訴訟費用」の納付を裁判所に行う必要があり、原告である納税者を裁判で代理することとなる「弁護士」に対する費用も発生する事となるのです。納税者である原告側の税理士と弁護士とが連携する事も多く、そこから費用が発生する事もあります。