行政事件(住民側)に得意な弁護士の口コミ・評判の検索なら「弁護士ジャパン」

HISTORY閲覧履歴

行政事件についての概要

【行政事件とは何か】
行政事件とは、民事事件でも刑事事件でもなく、私人が国や地方公共団体の行政によって被害が生じる事件を言います。訴訟の関連で言えば、私的な事柄で被害者が加害者に損害賠償を求めるのが民事事件で、私的なことで被害者になり代わり検察官が加害者に刑罰を求めるのが刑事事件ですから、公的権力行使のことで被害者が国や地方公共団体に取り消しなどの救済を求める行政事件とは、その性格が違うことになります。

【行政事件を事例で考える】
行政事件の訴訟では、その訴訟内容が主観訴訟と客観訴訟との2つに大別されます。主観訴訟の事例としては、差止訴訟があります。行政庁が行政上の何らかの決定を行い、それが個人に重大な損害を及ぼす可能性があり、他に適当な方法がない場合、それの差止を訴えることができます。客観訴訟の場合は、個人ではなく住民全体に被害が及ぶ場合で、事例としては、法秩序維持のための住民訴訟がこれに該当します。

【行政事件の基礎知識】
行政事件を考える上で基礎知識として最低限知っておくべきことは、国や公共団体の違法な行政によって国民が被害を受ける場合、その行政の違法性を争って裁判を起こすことが行政事件訴訟といわれるものであることです。そして、行政事件訴訟法に基づいて裁判が行われることも知っておかなければなりません。勝訴できれば、処分取り消しや無効確認などの判決がなされます。

  • 戸田 哲弁護士 インタビュー
  • 田沢 剛 弁護士 インタビュー
  • 鈴木 秀二 弁護士 インタビュー
  • 佐久間 大輔  インタビュー
  • 金川 征司 弁護士 インタビュー
  • 岡村 久道 弁護士 インタビュー
  • 久保利 英明 弁護士 インタビュー
  • 島 昭宏 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す